カテゴリー「知的生産の技術」の記事

2018年1月14日 (日)

「複雑な問題が一瞬でシンプルになる2軸思考」を読んで

テック青木です。

松の内も明日(関東では1月7日)で終わり、既にフルパワーで活動
されていることかと存じます。

逆に年度末に向けてスパートを掛ける仕事も出てくるなど慌ただしくなって
来ますが、寒さ厳しい折、お身体大切にご自愛ください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 「複雑な問題が一瞬でシンプルになる2軸思考」を読んで

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

● フレームワークを実践で使いこなす

この土日に、 「複雑な問題が一瞬でシンプルになる2軸思考」
(Kindle版 木部 智之 (著) ) http://amzn.to/2DcmWHV
を、ジムで自転車を漕ぎつつ、iPadで読みました。

2


日本IBMのプロジェクトマネージャーとして15年以上実践を続けてきた筆者
の体験に基づく、極めてシンプルで使いやすいフレームワークを提唱しています。

筆者は
3Cや4P、PDCAといった既存のフレームワークを使い分けるまでに習得することは難しいとして、
これらのフレームワークも2軸のフレームワークに統合して利用する方法も提示していて、
大変参考になりました。

● コミュニケーションの促進にフレームワークを利用

木部氏は、個人、あるいはグループで問題を考えるだけでなく、組織内外との
コミュニケーションにもこの2軸思考のフレームワークを利用しています。

相手が理解し、行動できるように内容を論理的に伝える方法を紹介してくれて
いるので、コミュニケーションや報連相の参考としても役立つかと思います。

● フレームワークという「型」の効用

フレームワークを使う、さらに同じフレームワークに統一することには大きく3つの効用があるかと思います。

一つは、この木部氏も述べている、「今考えるべき内容に集中できる」というものです。

私の「マイホーム・ビジネスパーソンの資格取得・活用術」 http://amzn.to/2CYM1CN でも記載していますが、

この「型」を使うことでどんな項目をどのように記載しようかといったことには頭を悩ませずに、記載するべき内容に集中できるというのは、資格勉強でいえば、サブノートの形式を科目ごとに変えずに統一するといったことに相当します。

また、2つ目の効用として、「内容を共有するのが容易」という効果も、前述のコミュニケーション上の効用として見逃せませんね。

これは、現時点での共有だけでなく、例えば特許公報のように同じフォーマットを利用することで国内外、更には過去の技術情報も共有し、定量的な分析も可能にするといった効果があります。

3つ目のフレームワークを使う効用は、一つ目の裏返しになりますが、
今、自分たちは「何を考えていないか」も明確になり、自覚できるということですね。

これによって、現在のフレームワークの中で検討していても上手く行かなければ、違う枠組みに乗り換えることが容易になります。

フレームワークを使う効用はこのように大きなものがありますが、木部氏の2軸思考は、そのフレームワークを組織、個人のレベルで使いこなすための実践書として
大変役に立つものだと思いますので、一読をお勧めする次第です。

「複雑な問題が一瞬でシンプルになる2軸思考」
(Kindle版 木部 智之 (著) ) http://amzn.to/2DcmWHV

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 7日 (日)

年末年始の特集の利用について

Newyear3039802_640

テック青木です。

新年明けましておめでとうございます。

本日、我が家でも朝食に七草粥を食べました(*^^*)。

すでに先週から仕事始めの方もいれば、明日の成人の日まで続けて冬休みを取っていらっしゃる方もいるかと思います。

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

技術士二次試験の口頭試験を受けられる方、
体調管理に気をつけて、最後まで走り抜けて下さい!

皆様の合格を心より祈念しておりますq(^o^)p!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 年末年始の特集の活用

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

● 雑誌、会報などの年末、年始特集

年末年始は1年を振り返って、その年の動向を総括し、
今後を予測する特集記事が多く掲載されますね。

学会誌、士業の会報、もちろんビジネス誌など、多くのメディアで
見ることが出来ますが、自分の関連する業界はもちろんのこと、
資格試験において、関連する分野の動向を俯瞰する上でも
目を通す価値はあるかと思います。

なお、中小企業診断協会では、
「2017年を振り返る(平成29年12月)」
と題して、以下のような特集をサイトに載せています。

    1.序章 2017年を振り返る(PDF 0.9MB)
    2.第1章 働き方改革の推進と中小企業への影響を見る(PDF 1.0MB)
    3.第2章 地方創生スタートから3年,熊本地震から1年(PDF 1.3MB)
    4.第3章 大廃業時代を乗り越えろ(PDF 1.4MB)
    5.第4章 若者の活躍が示唆する,これからの中小企業の教育(PDF 1.1MB)
    6.第5章 インバウンドビジネスの現状と関連政策の変化(PDF 1.4MB)

https://www.j-smeca.jp/contents/article/2017_12_article.html

中小企業診断士を受験される方にとっては、協会が総括しているものですから
貴重な情報源ですね。目次を見ても、中小企業全体に共通の課題採り上げられ、コンパクトにまとめられていますので、一読をお勧めする次第です。

今年もアンテナを張って、情報発信していきますので、よろしくお願い申し上げます(*^^*)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月31日 (日)

2017年の振返りと2018年の年間目標について

Year2875995_640

テック青木です。

本年も今年が最終日となりました。

1年間ご愛読いただき、誠に有難うございますm(_ _)m。

来年も是非、よろしくお願い申し上げます(*^^*)。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 1年の振返りと計画立てについて

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

● 2017年を振り返る

本日は大晦日。この1年いかがだったでしょうか?

私は、新しくブログとメルマガを始めました(^^)v。

勤め先では、知財関連の仕事から、色々社内や業界の動きが伺えた1年でした。

私が入っている樺澤塾では、
年内にこの2017年の目標の達成度評価と、2018年の年間計画を立てることを強く推奨しています。

私も、冬休みに入ってから、マンダラートとグーグルカレンダーを使って、
2017年の年間目標の評価と2018年の計画(目標)を立てたところです。

なお、今年の振返りの際に、目標の評価だけでなく、
良かったことの10大ニュースと
できなかったことの10大ニュースの双方を作ってみると、

自分の価値観やビジョンの変化に気づく絶好の機会となりますので、
計画立てと合わせてトライしてみてはいかがでしょうか?

● 2018年の計画

既に、資格試験などの関係で、1年をまたがって計画を立てられている方や、年度単位で計画を立てていられるかとも多いかと思いますが、

まとまった時間が取りやすい冬休みは、
計画の見直しと修正にもってこいの機会ですね。

ぜひ、ここまでの計画の進捗を評価して、
必要な見直し(目標の数値の変更と時間配分)を行うことをお勧めする次第です。

なお、その際に、年間目標はなるべく具体的かつ数値を入れることと、
プライベートの楽しい目標も入れておくことで、モチベーションが高まります(*^^)v。

なお、年間計画は今年の内に(要は今日中に)立てることで、新年からスタートダッシュが切れるので、おとそ気分にならない内に、是非来年の計画を立ててはいかがでしょうか?(樺澤塾では「今年中に作成せよ!」と強く言われております(^_^;)

振返りと新たな計画づくりで、充実した新年を迎えられることを祈念しております(*^^*)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 3日 (日)

忘年会シーズンの過ごし方

Drinkingsession1905351_640

テック青木です。

このブログと並行して配信している「我ら社内士!」メルマガが、
お陰様で300号を迎えることが出来ました(*^^*)。

かなり、ゆるゆると続けて来ましたが、引き続き今後ともよろしくお願い申し上げますm(_ _)m。

メルマガ購読・解除
我ら社内士!マイホームパパの資格取得・活用術
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

東京都中小企業診断協会のメルマガに以下の事例が掲載されていました。

■創業2年目のイタリアンバル支援の事例

飲食業、サービス業、小売業は「立地産業」ともいわれるように、業種・
業態に応じた店舗立地が重要で、経営に与える影響は大きい。
したがって、新規開業において売上を構築、収益を確保するためには、
まずはいかに望ましい立地、店舗を選択するかという立地選定および店舗開発に
かかわる経営課題がある。

  詳しくはこちら↓をご覧ください。
  http://www.t-smeca.com/column/cat107/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 忘年会シーズンの過ごし方について

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●  そろそろ忘年会の時期

今週当たりから、忘年会のシーズンが始まりますね。

私も会社、士業など5,6件既に予定が入っています。

忘年会に限らず、基本お酒も飲み会も大好きなのですが、

体調を崩したり、時間を取られたりするという面もあり、
仕事と勉強から見ると、悩ましいところですね。


● 体調管理を第一に

まず重要なのは、体調管理ですね。

特に飲み会が続く方は、一つ一つは大したことがなくとも、
段々ダメージが積み重なってきて、昼間のパフォーマンスにも影響を及ぼします。

忘年会シーズンの体調管理のポイントは、

1.睡眠時間を確保する(お昼休みの仮眠も含めて)
  そのために二次会はなるべく行かない。
  幹事で時間を選べるなら、早く始めて早く終わらせる

2.お酒と一緒に水をたくさん飲む
  お酒の分解には水が必要
  ワインやビールでも、チェイサーを頼む
  ウーロン茶はカフェインが入っており、睡眠に悪影響が出やすく、
  ジュース類は糖分のとり過ぎにつながるので量は控えめに

と、この2点を心がけるだけでも、だいぶ効果があるかと思います。


● 学習の予定を入れておく

 とはいえ、二次会などに誘われたら断りづらいもの。
あるいは、お酒で気が大きくなって、自分から二次会に誘ったりすることもありますね(^_^;)。

 少しでも誘惑を遠ざけるには、飲み会の後にも勉強の予定を入れておくことも有効な手段の一つです。
ただし、問題を解くようなアウトプット型よりは、インプット型。
それも読むのは眠くなるし、頭に入りづらいので、動画などがおすすめです。


● 学習計画を前倒しで進める

ただでさえ仕事も忙しくなる年末ですが、なるべくスキマ時間などを活用して、前倒しで計画を進めておくことで、飲み会のお誘いや、翌日の集中力低下などによる計画の遅れを最小限に抑えることが出来るかと思います。

楽しくも悩ましい忘年会シーズン、あなたはいかがお過ごしでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月26日 (日)

冬休みの計画の建て方について

Agenda2296195_640

テック青木です。

先週に引き続き、コンサルティング先への調査アンケートを作り込みました。

SWOT分析、クロスSWOT分析も進めていますが、データによる
裏付けのためにも、この調査アンケートを重視している次第です。

技術士口頭試験が開始されましたね。
受験される方、後もう一息です!
皆様の合格を心より祈念しておりますq(^o^)p!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 冬休み(正月休み)の計画について

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●  年末年始のお休みの予定

今年も年末が迫ってきました。
月並みですが、毎年時間が経つのが早くなってきますね(^_^;)。

皆様は年末年始の予定は既に立てていらっしゃるでしょうか?

帰省される方などは既にチケットなど手配済みかと思いますが、
私は実家が近いので、恒例の行事(実家との食事会など)を除けば、
特にイベントの予定は入れていない状況です。

● イベント以外に「作業」の予定を入れる

年末年始は、ゴールデンウィークと並んで、まとまった時間が取りやすいお休みです。
また、一斉に夏休みを取る会社は別として、夏のお休みと比較しても、
皆が一斉に休むので休んでいる間に仕事が溜まってしまうと言った心配もなく、
使えるお休みかと思います。

この貴重な休みを活用するには、
「イベント」だけでなく、「作業(学習)」の予定もスケジュールに入れておくことが重要です。

まずは、スケジューラ(手帳、グーグルカレンダーなど)に、休み中の学習に充てられる時間を、イベントと一緒に入れておきます。

次に、まとまった時間が必要なもの(予想問題集を使った本番形式の練習など)
と、スキマ時間に出来ること
に分けたToDoリスト(学習項目)を書き出し、そこに必要な時間を書き込んでおきます(私はエクセルを利用していました)

そして、先程のスケジューラの学習時間に、ToDoリストの項目をはめ込んでいきます。

こうすると「もっとまとまった時間が必要」とか、「スキマ時間でできるをもっと作ろう」など、
学習時間とやるべき事のマッチングを進めることが出来るため、
無理のない計画が立てられるかと思います。

もちろん、家族のいる方は、家族の協力も必要ですね(*^^*)。
家族サービスの時間は最初の方に優先的に取っておくというのも良いですし、
年末年始ではなく、もう少し前の土日など(クリスマスも含め)に
家族サービスの時間を取っておくというのも一つの方法かと思います。

これら、時間管理の方法については、以下の2冊がお勧めですので、
是非書店などでご覧になってはいかがでしょうか?

「神・時間術」樺澤 紫苑(著)  http://amzn.to/2iRJthM


仕事を高速化する「時間割」の作り方 Kindle版 平野 友朗 (著)
http://amzn.to/2AwQY8C
[平野 友朗]の仕事を高速化する「時間割」の作り方

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月17日 (日)

動画学習に「集中する」コツ

Phone1052023_640

テック青木です。

台風18号の行方が気になりますね。

被害に会われた方に心より御見舞を申し上げます。

この3連休は私もおとなしく自宅で読書などをしていようと考えています。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 動画学習に集中するコツ   

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

● スマホ、PCでの動画視聴

先週は、主にスマホによる通勤時間での動画学習のポイントをお伝えしましたが、

スマホ、PCに限らず、動画学習の成果を上げるには、他の教材と同様に【集中力】が大事ですね。

動画学習における集中力とは何でしょうか?

● 「他のネットコンテンツを見ない」環境を作る

動画学習が「印刷物の教材」と最も異なるのは、当然ながら「ネットにつながっていること」です。

これは、学習中に分からない言葉を調べたりするには大変便利なのですが、その一方で、思わずネットサーフィンしたり、フェースブックのお知らせを見てそちらのアプリを開いたりして、集中力を妨げられることも大変多くなりますね。

したがって、少しでも「他のコンテンツを見ない、お知らせが飛んでこない」環境づくりが必要です。

パソコンの場合は、現在学習する以外のウインドウを開いておかないこと、
スマホでは通知機能を必要最小限に絞っておくことが肝要です。

● 取り敢えず「メモ」に入れて先にすすめる

これは、学習に関係ない外野から入ってきたことだけでなく、学習中に調べたいことも含めてメモ帳アプリやPCの付箋アプリを使って、取り敢えずメモだけして先に勧めるという方法です。

スマホで動画学習する場合、マイク付きのイヤホンを使っていると思いますので、取り敢えずメモアプリに音声入力で後で対応するようにキーワード等を入力して勉強を進めていくという方法が、集中力を継続する上で有効だと思います。

あなたはスマホやPCで勉強する際の集中力維持にどのような工夫をされているでしょうか?
また、どんな悩みをお持ちでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月10日 (日)

動画を学習に使うときのコツについて

Leaves1363766_640

テック青木です。

今年度上半期もあと3週間ほどとなりましたね。

先週もお伝えしたとおり、技術士一次試験まで約1ヶ月、
中小企業診断士二次筆記試験は10月22日と1ヶ月と10日となって
きました。

行政書士試験までは約2ヶ月。

どんな試験を受けるにしても、夏の間に溜まった疲れが出てきやすいこの時期、
体調に気をつけて、栄冠を勝ち取られることを心より祈念しております(*^_^*)。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 動画学習の使い方

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

● YouTube、通信講座など動画コンテンツンの充実

通信教育やYouTubeなど、最近の学習コンテンツはますます動画が充実してきましたね。

私も、行政書士試験については、DVDとネットからのダウンロードの
両方が使える通信教育と、通常の問題集を併用していました。

動画の良いところは、目と耳の両方を使えるため、特にインプットに適している
(覚えやすい)ということかと思います。

● 通勤時間の動画の使い方

通勤時間など移動している時間は、問題を解くとしたら単語帳のような一問一答
形式の問題以外は中々難しいので、インプット中心になるかと思います。

今はスマホで見れる動画が多いので、イヤホンとスマホで移動中に動画で
インプットすることは有効な時間の使い方かと思います。

とはいえ、歩きスマホは危ないですし、スマホの小さな画面では目も疲れますね
(私のように老眼が始まっているとなおさらです(^_^;)。

なので、移動時間の学習では、動画といえども音声学習に近い使い方となるのが
現実的ではないかと思います。

ただ、動画は音声専用の教材と異なり、当然ながら画像を見ることが前提となって
いますので(というよりも画像が主で音声は従の方が多いかと思います)、音声だけでは内容を完全に理解することは難しいですね。

そこで、移動時間に動画を使う際には、自宅のPCなどで一度見た動画の復習に
使うか、テキストがついている場合は、まずざっとテキストに目を通してから
動画を使うと音声学習的な使い方でも理解しやすくなりますので、お試し
いただければ、大変幸いに存じます。

 なお、動画はテキストと異なり、いわゆる「パラパラ読み」が難しいので、
全体の概要を捉えにくい面があります。

そこで、付属のテキストを先にパラパラ読みするか、動画の場合は早送りしながら、
まずは全体を通してみてから、必要な所をじっくり視聴するというやり方も、特に自分のあまり知らない分野について勉強する場合にはお勧めの方法です。

あなたはどのように動画を活用されているでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月20日 (日)

読書やニュースからのインプットのまとめ方

Bedroom2591255_640

テック青木です。

私の勤め先は特に会社一斉の夏休みがないため、
週に1日ほど、ポツポツとお休みをいただいています。

とはいえ、先週は取引先の企業や大学の方たちに夏休みの方が多かったので、
だいぶ余裕がありましたが、今週から通常モードとなり、打合せの予定なども
それなりに入ってきました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 読書やニュースからのインプットのまとめ方

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

夏休みはまとまった時間も取りやすいので、試験勉強はもちろんのこと、
普段よりも読書をする機会が増えたように思います。

普段から時事問題、あるいは仕事そのものに関連して、ニュースや読書の内容をメモしておこうと考えた時に、さて、どのような方法でまとめておくと良いでしょうか?

わたしは、「アウトプットの方法を具体的に決めてまとめる」ということを意識しています(というか、意識しようと努めています)。

例えば、行政書士試験を受ける方なら、記述式に合わせて40字でまとめる、
技術士二次試験を受ける方なら、メモを取っておいて、時間のある時に自分の
意見も加えてある程度まとまった文章にしておくなどの方法があるかと思います。

私の場合は、
本業に関連するニュースは、4つほどの分野に分けてエクセルに時系列でネタ元のURLを入れて記録するという方法をとり、

このメルマガやブログのネタになりそうなものについては、スマホのメモ帳またはツイッターを使って忘れない程度にキーワードを書き込んでおいて、週末にブログやメルマガの形にして利用する、使わなかったものは、そのままスマホのメモ(icloudのメモ帳)にツイッターの文章もまとめて入れておく。

と言った方法をとっています。

せっかく貴重な時間を使ってインプットするのですから、その事(読書など)自体を楽しむのはもちろんのこと、最大限活用したいですね(*^^*)。

あたなは、読書やニュースの感想などをどのような形でまとめていらっしゃるでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月11日 (日)

幹事の効用

Photo_2

 

テック青木です。

先日の企業経営研究会で紹介いただいた、「ライフシフト」を読んでいるところですが、健康、投資、キャリア、人付き合いの全てに渡って、計画を立て、かつそれを随時見直すことが必要だと改めて感じました。

「複線キャリア」「二毛作」を考えると、「社内士」というのも一つの解でになり得ると、意を強くした次第です(*^^)v。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 「幹事」の効用

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

● 研究会や同窓会の幹事

今まで、士業関連の研究会には会員として参加するだけで、
幹事はやっていなかったのですが、今回とある研究会では
幹事の一人に加わらせて頂きました。

大学時代の部活の幹事はもう20年以上やっているので、
幹事を引き受けるメリットは心得ていたつもりでしたが、

今回、士業の集まりの幹事(実際の仕事はまだ2回しか
してませんが)をやってみて、幹事を引き受けると、
その会の性格が分かり、また会員や主催者とも親しく
なれるという当たり前のことを実感いたしました。

何事もギブアンドテイクですね(*^^*)。

● 勉強会の幹事を引き受けましょう

資格試験を独学、あるいは資格の学校に通うなどして進めている
方の中には、別途勉強会に参加される方もいらっしゃいます。

そのような機会があれば、幹事やお手伝いを引き受けると、
勉強の内容に主体的に関わるので、学習効率も上がりますし、
大抵の場合、幹事が先生役や説明役を引き受ける機会が多くなるので、
「人に教えるのが最高の勉強法」との通り、勉強会のメリットを
最大限活用出来る立場に立てるかと思います。

今ならフェースブックやSkypeなどで、バーチャルな勉強会も
開催出来ますので、SNSも適宜活用しながら勉強会を企画しては
いかがかでしょうか?

● 過去問参考書のご紹介

技術士、中小企業診断士、行政書士の
過去問題集を以下にご紹介いたします。
問題集選びのご参考になれば幸いに存じます。

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説(第7版)
http://amzn.to/2p8JlQ8

技術士教科書 技術士 第一次試験問題集 基礎・適性科目パーフェクト 2017年版 (EXAMPRESS)
http://amzn.to/2p8SxEr

中小企業診断士 最短合格のための 第1次試験過去問題集 (1) 企業経営理論 2017年度
http://amzn.to/2pSyIQO
⇒このシリーズで他の一次試験の分野の過去問も揃えてはいかがでしょうか?

2017年版 中小企業診断士試験 2次試験過去問題集
http://amzn.to/2pie8VT

2017年版出る順行政書士 ウォーク問過去問題集 1 法令編
http://amzn.to/2qclTBY

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月14日 (日)

10年前の経営報告書の効用とは?

テック青木です。

GWから1週間が経ち、リズムも普段通りに戻ったころですね。
私もこの土日は、文章術のSkypeセミナを受けるなど、
インプットを増やして、ブログやメルマガによるアウトプットに
備えております(*^^)v。

Companyreport1076799_640

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 10年前の経営報告書を読み返す

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

● 経産省の知的資産経営マニュアル

土日に、経産省の知的資産経営マニュアルをざっと読み返して
見ました。
http://www.meti.go.jp/policy/intellectual_assets/pdf/00all.pdf

平成19年とちょうど10年前に公表されたので、
掲載されている事例も当然ながらかなり古いのですが、
知的資産経営報告書の最初のマニュアルだけあって力が入っており、
掲載されている知的資産経営報告書も、かなりの力作となっています。

最近は、簡易化の方向にある知的資産経営報告書ですが、
上記マニュアルの事例を見ると、10年前に対象となった企業が
どのように業界動向と自社の強みを捉えていたのかが分かり、大変
興味深いものがありました。

● 数年前の報告書と現状を比較する

通常、企業の中期計画などは、3年位で見直して刷新するものですが、
自社と業界の将来予測について、数年単位でPDCAを回している
企業はさほど多くないのではないでしょうか?

変化の激しい時代なので、数年前の予測が現在通用するはずは無い
のですが、
当時どのような前提を置いて、現在を予測したのかなど、
使っている前提や情報源など、「予測」自身ではなく、
「予測のやり方」の見直しと改善を行うことは、重要ではないかと思います。

資格試験で言えば、模擬試験や過去問を解いた「正答率」以上に
「解き方」、「勉強のやり方」の見直しが、特に受験期間の当初の
フェーズでは重要と考える次第です。

● 過去問参考書のご紹介

技術士、中小企業診断士、行政書士の
過去問題集を以下にご紹介いたします。
問題集選びのご参考になれば幸いに存じます。

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説(第7版)
http://amzn.to/2p8JlQ8

技術士教科書 技術士 第一次試験問題集 基礎・適性科目パーフェクト 2017年版 (EXAMPRESS)
http://amzn.to/2p8SxEr

中小企業診断士 最短合格のための 第1次試験過去問題集 (1) 企業経営理論 2017年度
http://amzn.to/2pSyIQO
⇒このシリーズで他の一次試験の分野の過去問も揃えてはいかがでしょうか?

2017年版 中小企業診断士試験 2次試験過去問題集
http://amzn.to/2pie8VT

2017年版出る順行政書士 ウォーク問過去問題集 1 法令編
http://amzn.to/2qclTBY

★最後までお読みいただき、誠に有難うございます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧