カテゴリー「情報共有、ナレッジマネジメント」の記事

2018年2月18日 (日)

受験スキルの転用による生産性向上

Productivity1995786_640

テック青木です。

2018/2/15に、公正取引委員会は、フリー人材に関する報告書
『「人材と競争政策に関する検討会」報告書』を発表しました。

芸能人やスポーツ選手だけではなく、IT人材やコンサルタントなども
独禁法による保護の対象として考えられているようです。

http://www.jftc.go.jp/cprc/conference/index.files/180215jinzai01.pdf

働き方改革と合わせて、人材の流動性と働き方の多様化にどのような影響が
出てくるか、それがビジネスパーソンの資格取得の動機や取得の支援に
どのように関係してくるか、大変興味を持っている次第です。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 生産性向上における受験スキルの転用

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

● 「生産性 マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの」

現在私は、表記の書籍を読んでいるところです。
何回か紹介している「神・時間術」http://amzn.to/2BBhEoj や、
「残業しないチームと残業だらけチームの習慣」 http://amzn.to/2BCtn6b

と比較すると、すぐ実践できるノウハウを得るというよりは、
生産性とはそもそも何かということを理解するのに役立つ本だと言えそうです。
(とはいえ、「産休など長期休暇を取る人が出てきたときは、業務効率化の
チャンス」など、実践的なノウハウも幾つか入っています。)

「生産性 マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの」
http://amzn.to/2BxR8fv


● ノウハウ・スキルの「再利用」による生産性向上

私が生産性向上について心がけていることの一つに、

自分が身に付けた知見やスキルの再利用があります。

これは、元々はコンテンツビジネスで一つのコンテンツを複数のメディア
(例>漫画、アニメ、キャラクターグッズ、アトラクションなど)で使い回し、
更にこれらのメディアを連動させてシナジーを狙っている方法や、

マッキンゼーが、コンサルティングの知見やノウハウを社内で共有してレベルと
生産性を高めているという話を読んだ頃から意識していたものですが、

試験勉強の中で、苦労して身に付け、更に実践でその効果を(場合によっては
課題を)検証してきたスキルや手法は、是非仕事やプライベートにも応用したい
ものですね。

例えば、

色々な受験関連の情報で得られる資格試験の計画の立て方は、試験以外の
「プロジェクト」の計画立てにも転用できる部分がありそうです。

上記で「プロジェクト」と挙げた様に、資格試験の計画立ての特徴として、
「目的が明確」で、「期日が決まっており」、「やるべきこと(範囲)が
決めやすい」

というのがありますが、同様の特徴をもつ事柄のスケジューリングには、
資格試験の計画立てのチェックポイントが利用できると思います。

また、最近は新規ビジネスやサービスを考えることを求められる機会も
増えてきているのではないかと思います。
直接には提案する立場になくとも、そのようなビジネスモデル全体を考えて
仕事をしなくてはならなくなっていると感じている方も多いのではないでしょうか?

このような場合に、事業計画書の構成を意識した資料づくりや自分の仕事への反映は効果があるかと思います。

事業計画書の通常の構成は、

1.エグゼクティブ・ サマリー
2.事業ビジョン
3.市場分析・参入機会
4.ビジネスモデル
5.マーケティング
事業戦略
オペレーション
事業収支・財務計画
組織・経営チーム
リスクマネジメント
となりますが、自分で(例え勉強としてでも)何かの事業について、事業計画書全体を書いてみると、ビジネスに必要な要素とそのつながりに関する理解が深まりますね。

例えば、中小企業診断士2次試験の事例問題も、組織、マーケティング、生産管理
(オペレーション)、財務・会計と4つの切り口で事業(あるいは事業変革)の
計画書を作ると捉えることが出来るでしょう。

このような観点で、診断士試験を見ると、それぞれの切り口に必要な知識、
スキル(CF計算など)を身につけるだけでなく、事業全体を考える訓練にも
なっていることがわかります。

せっかく身に付けたスキルやフレームワークです。是非、職場やプライベートでも
使えないかと普段している作業を見直してみることは、良い復習の機会にもなるかと考える次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月14日 (日)

「複雑な問題が一瞬でシンプルになる2軸思考」を読んで

テック青木です。

松の内も明日(関東では1月7日)で終わり、既にフルパワーで活動
されていることかと存じます。

逆に年度末に向けてスパートを掛ける仕事も出てくるなど慌ただしくなって
来ますが、寒さ厳しい折、お身体大切にご自愛ください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 「複雑な問題が一瞬でシンプルになる2軸思考」を読んで

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

● フレームワークを実践で使いこなす

この土日に、 「複雑な問題が一瞬でシンプルになる2軸思考」
(Kindle版 木部 智之 (著) ) http://amzn.to/2DcmWHV
を、ジムで自転車を漕ぎつつ、iPadで読みました。

2


日本IBMのプロジェクトマネージャーとして15年以上実践を続けてきた筆者
の体験に基づく、極めてシンプルで使いやすいフレームワークを提唱しています。

筆者は
3Cや4P、PDCAといった既存のフレームワークを使い分けるまでに習得することは難しいとして、
これらのフレームワークも2軸のフレームワークに統合して利用する方法も提示していて、
大変参考になりました。

● コミュニケーションの促進にフレームワークを利用

木部氏は、個人、あるいはグループで問題を考えるだけでなく、組織内外との
コミュニケーションにもこの2軸思考のフレームワークを利用しています。

相手が理解し、行動できるように内容を論理的に伝える方法を紹介してくれて
いるので、コミュニケーションや報連相の参考としても役立つかと思います。

● フレームワークという「型」の効用

フレームワークを使う、さらに同じフレームワークに統一することには大きく3つの効用があるかと思います。

一つは、この木部氏も述べている、「今考えるべき内容に集中できる」というものです。

私の「マイホーム・ビジネスパーソンの資格取得・活用術」 http://amzn.to/2CYM1CN でも記載していますが、

この「型」を使うことでどんな項目をどのように記載しようかといったことには頭を悩ませずに、記載するべき内容に集中できるというのは、資格勉強でいえば、サブノートの形式を科目ごとに変えずに統一するといったことに相当します。

また、2つ目の効用として、「内容を共有するのが容易」という効果も、前述のコミュニケーション上の効用として見逃せませんね。

これは、現時点での共有だけでなく、例えば特許公報のように同じフォーマットを利用することで国内外、更には過去の技術情報も共有し、定量的な分析も可能にするといった効果があります。

3つ目のフレームワークを使う効用は、一つ目の裏返しになりますが、
今、自分たちは「何を考えていないか」も明確になり、自覚できるということですね。

これによって、現在のフレームワークの中で検討していても上手く行かなければ、違う枠組みに乗り換えることが容易になります。

フレームワークを使う効用はこのように大きなものがありますが、木部氏の2軸思考は、そのフレームワークを組織、個人のレベルで使いこなすための実践書として
大変役に立つものだと思いますので、一読をお勧めする次第です。

「複雑な問題が一瞬でシンプルになる2軸思考」
(Kindle版 木部 智之 (著) ) http://amzn.to/2DcmWHV

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 7日 (日)

年末年始の特集の利用について

Newyear3039802_640

テック青木です。

新年明けましておめでとうございます。

本日、我が家でも朝食に七草粥を食べました(*^^*)。

すでに先週から仕事始めの方もいれば、明日の成人の日まで続けて冬休みを取っていらっしゃる方もいるかと思います。

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

技術士二次試験の口頭試験を受けられる方、
体調管理に気をつけて、最後まで走り抜けて下さい!

皆様の合格を心より祈念しておりますq(^o^)p!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 年末年始の特集の活用

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

● 雑誌、会報などの年末、年始特集

年末年始は1年を振り返って、その年の動向を総括し、
今後を予測する特集記事が多く掲載されますね。

学会誌、士業の会報、もちろんビジネス誌など、多くのメディアで
見ることが出来ますが、自分の関連する業界はもちろんのこと、
資格試験において、関連する分野の動向を俯瞰する上でも
目を通す価値はあるかと思います。

なお、中小企業診断協会では、
「2017年を振り返る(平成29年12月)」
と題して、以下のような特集をサイトに載せています。

    1.序章 2017年を振り返る(PDF 0.9MB)
    2.第1章 働き方改革の推進と中小企業への影響を見る(PDF 1.0MB)
    3.第2章 地方創生スタートから3年,熊本地震から1年(PDF 1.3MB)
    4.第3章 大廃業時代を乗り越えろ(PDF 1.4MB)
    5.第4章 若者の活躍が示唆する,これからの中小企業の教育(PDF 1.1MB)
    6.第5章 インバウンドビジネスの現状と関連政策の変化(PDF 1.4MB)

https://www.j-smeca.jp/contents/article/2017_12_article.html

中小企業診断士を受験される方にとっては、協会が総括しているものですから
貴重な情報源ですね。目次を見ても、中小企業全体に共通の課題採り上げられ、コンパクトにまとめられていますので、一読をお勧めする次第です。

今年もアンテナを張って、情報発信していきますので、よろしくお願い申し上げます(*^^*)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月23日 (日)

AI、IoT、ビッグデータに関する経産省のレポート

テック青木です。

私が所属している、東京都中小企業診断協会の企業内診断士活性化懇話会が、
今年度から東京企業内診断士実践研究会として新たなスタートを切りました。

先日の第1回定例会では、新規加入を考える方も二人見学に来ていただき、
年間活動計画を話し合った後は、懇親会で楽しく盛り上がりました(*^^)v。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ AI、IoTと知的財産

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

● 第4次産業革命に関する経産省の研究会

最近、AI、IoTやビッグデータの文字をニュースやネットで
目にしない日はないというくらいですが、

 経産省では、「第4次産業革命」というキーワードで、
複数の検討会を立上げ、報告書を出しています。

その一つとして、第11回産業構造審議会 知的財産分科会 営業秘密の保護・活用に関する小委員会が開催され、そこでは、
「第四次産業革命を視野に入れた不正競争防止法に関する検討 中間とりまとめ(案)」
が提示されました。

http://www.meti.go.jp/committee/sankoushin/chitekizaisan/eigyohimitsu/011_haifu.html



また、「第四次産業革命に対応した企業の戦略とそれを支える知財制度・運用の在り方」について、「データの利活用」、「産業財産権システム」、「国際標準化」の3つの観点から総合的に検討し、報告書を取りまとめて公表しています。

http://www.meti.go.jp/press/2017/04/20170419002/20170419002.html

これらの報告書の詳細は割愛しますが、

いずれも新しい動きが始まっていること、法制度などが実態に追いついて
いないという課題認識では一致しており、
今後不正競争防止法の改正やガイドラインの策定などの施策が検討されています。

● 時事問題と法制度

 技術士や中小企業診断士の試験において、時事問題も取り組むべき項目
の一つですが、AIやビッグデータはその中でも、要注目の分野であることは間違いないかと思います。

 上記の報告書や、そのもととなっている調査結果のレポートなどが、
経産省や総務省には掲載されていますので、概要編だけでも一度は目を
通しておいて損はないと思います。

 その他のキーワードとしては、「働き方改革」や「健康経営」なども要注目かと考える次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月17日 (月)

ネット検索のちょっとしたポイント

テック青木です。

先日、樺澤塾の撮影会に参加してきました。

今回のテーマは、短時間で調査を行う方法というもので、
ネット⇒本⇒専門家に直接聴く
の3ステップについて、非常に実践的なお話を伺うことが出来ました(*^^*)。

Internetsearchengine1519471_640


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 調査のためのネット検索について

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

● 先日の樺澤塾でネット検索のテクニックについてお話を伺う機会を
得ましたが、私自身、仕事や資格試験の中でネットを活用していたので、
大変参考になりました(*^^)v。

樺澤塾は残念ながら非公開なので、ここであまりお話出来ないのですが、
ネット検索に関連して私が幾つか利用しているTipsをご紹介したいと思います。

●官公庁の情報について

まとまりのある、かつ信用のおけるネット情報として、官公庁の情報がありますね。

グーグルなどで直接検索する、目当ての官公庁のサイト内で検索するなどの方法がありますが、
その際に私がおすすめするのが、
調べたいキーワードに「白書」を加えて検索することです。

かなりの分野で現在・・・白書が出ていますが、
白書の長所として、
・その分野の情報がコンパクトにまとまっている
・ある程度の期間に渡って毎年出ているので、時系列の変化も追いやすい
・データーや引用文献が豊富(ものによっては、エクセルデータなどをダウンロードすることも可能)

などがあります。また、これは白書に限りませんが、
官公庁情報は引用しやすいというのも見逃せない長所です。

白書の他には、「産構審」(産業構造審議会)も、現在進行系や過去の見当内容を調べる上では有効な方法だと思います。
さらに、今後の予定を見る場合は「開催案内」も押さえておくと良いですね。

●ビジネス書の要約サービス

 樺澤さんも、ネット情報の裏とりとして書籍を使うことを推奨していますが、
私は、ビジネス書や教養本のサマリーを提供しているメルマガや、雑誌も活用出来ると考えています。

 普段から自分の専門以外の分野のサマリーに触れる機会を得られるだけでなく、分野やテーマごとに読むべき本をまとめて紹介してくれていたりするので、
自分にとって新しい分野について取り敢えず代表的な本が何かを知る上でも役立っています。

 私が使っているのは、
メルマガは「ビジネス選書&サマリーリーダーズ」
http://www.mag2.com/m/P0000498.html
藤井孝一

雑誌及びサイトでは、
「TopPoint」トップポイント
https://www.toppoint.jp/top

Toppoint


です。

メルマガは無料版もありますので、まずそちらから始めてはいかがでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月27日 (月)

スケジューラとToDoリストの一体化で勉強時間を捻出

テック青木です(^0_0^)。
先週水曜日は、新しいブログを立ち上げるべく、
WordPressの初心者向けセミナー(1日コース)に参加いたしました。
講師は、ブログだけでなく、自分の事業にインターネットを活用されている方で、
Fintechなどにも造詣が深く、大変勉強になりました(*^^)v。
ただ、自分がマニュアルを読むのが苦手でICT音痴であることを再認識
した1日でもありました(^_^;)。

Dsc00181

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ スケジューラとToDoリスト

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

● 打ち合わせや会議と作業時間の一体管理

前回、前々回と、スキマ時間の活用方法を採り上げましたが、


会社での仕事も含めて、

打ち合わせなどのイベント系と、資料作成などの作業系の

2種類の用事を、同時に管理する必要がありますね。


仕事の内容によっても、最適なやり方は異なるかと思いますが、

前者をスケジューラ、後者をToDoリスト(あるいはリマインダー)

で管理するとして、大まかには


1.スケジューラは手帳または、ToDoリストは別に印刷など別々に

のツール(スマホのアプリなら別々のアプリ)で管理する

2.ポストイットにToDoを書き、手帳に貼って管理する

3.スケジューラとToDoリストを一体で管理する

のいずれかで運用されているのではないでしょうか?


私は、3のスケジューラとToDoリストを、両方ともグーグルカレンダーに

書き込んで、打ち合わせなどのイベントは頭に★マーク、

重要な作業には頭に●を付けるなどして一体で管理しています。


スマホではその当日1日分、iPadやパソコンでは週間のベージを使い、

会社ではノートPCにサブでモニターを付けているのでサブモニターに表示、

自宅では、ノートPCの横にiPadを置いて、そこにスケジューラを映しています。


現在、師事している精神科医の樺澤先生から、「ToDoリストは、集中力が途切れないよう

1秒以内に確認出来るようすること」と教えて頂いてから、トップページにいつも

表示するようにしているものです。



●勉強時間の捻出方法

打ち合わせ・会議以外に、作業に充てる時間も予め確保出来ることから、

ここ数年スケジューラにイベントだけでなく、作業予定も書き込んでいましたが、


更に、集中力を要する作業は午前中に、機械的にこなせる仕事は疲れてくる午後にといった、体調に応じた作業管理が出来ることも大きな利点かと思います。


また、「仕事とプライベートは同じ手帳(ツール)で管理すべき」という点からは、

仕事上の作業予定だけでなく、勉強やメルマガを書く作業の時間など、


プライベートの作業もスケジューラ上に予め入れておくことで、捻出しやすくなりますね。


さらにその作業が終わると、私はチェックマークを入れるようにしていて、

それによって達成感を味わえ、モチベーション維持にも役立っています。


私の仕事も、それなりに飛び込みの依頼などが多いのですが、

一つ一つの作業はある程度時間が読めるため、上記のやり方が合っているようです。

勉強時間の捻出や、打ち合わせなどに追われて資料作成などの作業時間を取るの苦労されている時のご参考になれば幸いです(*^^*)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月27日 (日)

試験勉強とロールプレイングゲーム

テック青木です(^0_0^)。

 先週は、東京都中小企業診断協会の講演会で、モノづくりの分野でマーケティング
や組織改革に取り組んでいる企業の方からお話を伺う機会を得ました。

 最近読んでいる「成功している人はなぜ神社に行くのか?」という本の影響で
近所のお稲荷様に参拝してきました(*^_^*)。

これからは近所や勤め先(通勤途上)、いずれは生まれ故郷(九州)の神社にも
行きたいと考えているところです。

Img_0263


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 試験勉強とロールプレイングゲームの共通点

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●RPGは楽しい、試験勉強は?

突然ですが、あなたはロールプレイングゲーム(RPG)を
やったことがある、あるいは今もやっていらっしゃるでしょうか?

私は学生時代にアップルのウイザードリーやアルティマなどの
コンピューターRPGにかなりはまった口ですが、
その後あまりにも時間をとられるので、遠ざかっておりました。

ボードゲームのRPGもいくつかやってみましたが、こちらは
一緒にやってくれる仲間が中々集まらず、趣味となるには至りませんでした(^^;)。

ですが、RPGに限らず、ゲームが好きな人にとっては、
大変楽しいですね。

それに対して、試験勉強は、やはり「必要悪」的な意識を
持つことが多いのではないかと思います。

私も、「合格するまでの辛抱」という気持ちが勝ることの方が、
勉強自体を楽しむよりも多いのですが、

実はRPGと試験勉強は似たところが多いのではないかと思っております。

一つは、PRGではキャラクターを育てていくところと、試験勉強での知識の取得過程ですね。

試験勉強でも演習や単語帳、模擬試験などを通じて自分の学習進度を確認していくわけですが、
その過程はPRGでキャラクターを育てる過程に通じるものがあると思います。

逆に、RPGのようにこの過程を楽しむためには、
・細かくマイルストーンを設定する
・進度を点数などで見える化する
・なにがしかのご褒美を用意する

の3点が効果的かと思います。

●チームを組む

 私は独学が多かったのですが、
それでも模擬試験や行政書士試験で同じ教材を購入した仲間との情報交換やお互いの励ましを、
フェースブック等を使って行えたことは、試験勉強を続けるうえでモチベーション維持に大変役に立ちました。

 RPGでチームを組むように、特にお互い得意科目が違う人と交流しながら試験勉強を進めることは、効率化とモチベーション維持の双方で有効だと考えています。

 試験勉強だけでなく、中小企業診断士のコンサルなど、合格後にその資格を使う場合でも、チームを組む必要性に直面することは数多くあります。

 RPGと同じようにチームを組んで、共通の目的に取り組む機会を作ることも意識してはいかがかと思う次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月29日 (日)

オンラインコミュニケーションの使い分け(割り切り)と組み合わせ

テック青木です(^0_0^)。

 東京は30度を超える日も出てきましたが、皆様体調はいかがでしょうか?
テックの職場でもご自身やお子さんの体調不良でお休みされる方が出ています。

 風邪や胃腸など、ご自愛ください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ チームのコミュニケーションについて

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●ラインとメーリングリスト

 テックがお手伝いしている講座では、今までメーリングリスト(以前はヤフー、
今はグーグル)をオンラインのコミュニケーションに使っていましたが、

最近の学生さんはLINEを中心に使っているので、
今年度はLINEもメーリングリストと併用して使い始めました。

 テックは今までLINEを使っていなかったのですが、即応性という点では
確かにメールよりも相手の反応が早いことを実感しつつも、

 チームビルディングや共同作業のプラットフォームとしての使い方には、
かなり工夫がいる(というよりも、他の対面など他の手段なしでは難しい)
と改めて感じた次第です。

●使い分けと組み合わせ

 自分の子供たち(大学生2人)もスマホですべてのコミュニケーションを済ませようとする
傾向があり、メールや対面との使い分けができているのか心配になることがありましたが、

 学生相手に限らず、B2Cを中心にLINEやSNSと従来のメール、HP
などの使い分け(割り切り)は避けて通れませんね。

 一方で社内の業務上のコミュニケーションについては、まだLINEよりメールが
中心かと思いますが、セキュリティや即応性、記録の管理などの面も考慮しつつ、

 とくに人材の面で、IT投資が十分にできない場合に、既にプライベートで使い込んでいる
コミュニケーション手段をいかに取り込んでいくかも、
効率的なIT活用という点での課題かと思う今日この頃です。

皆さんは、どのように組織内のコミュニケーション手段の改善を進められているでしょうか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年2月13日 (土)

一般知識・社会情勢関連情報の取得-メルマガの利用

ついに同じグループの同僚もインフルエンザにかかってしまいました(^_^;)。

私もうがい、手洗いを励行して、家族に迷惑をかけないよう気をつけたいと思います。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎一般知識・社会情勢関連情報の取得-メルマガの利用

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●ニュース系、ビジネス系のメルマガ購読

今年度テックが合格した行政書士試験もそうですが、
いわゆるその分野の専門知識に加えて、政治・経済等の一般的な知識も必要とされる試験は数多くあるかと思います。
(中小企業診断士や技術士もそうですね)

また、これらの知識は普段の仕事の中でも(特に何かを企画する時などには)重要なものかと思います。

そういった知識・情報を入手するうえで、日経新聞やビジネス系の雑誌だけでなく、メルマガを利用されている方も多いのではないでしょうか。

テックも、以下のようなメルマガを利用してビジネス、政治・経済の情報収集に役立てています。

ビジネス知識源プレミアム(有料、無料版もあり)
http://www.mag2.com/m/P0000018.html

ビジネス選書&サマリーリーダーズ(有料、無料版もあり)
http://www.mag2.com/m/P0000498.html

ロシア政治経済ジャーナル
http://www.mag2.com/m/0000012950.html(無料)

10秒で読む日経!視点が変ると仕事や投資の種になる(無料)
http://www.mag2.com/m/0000102800.html

田中 宇の国際ニュース解説(無料、有料版もあり)
https://tanakanews.com/

これらの他にも色々なメルマガを取って読んでいます。


●通勤時間、隙間時間そしてもう「一つの時間」の活用

ご自分の購読しているメルマガ(この「我ら社内士!」もそうですが)を読んでいる方は、
おそらくスマホを使って隙間時間などに読まれている方が多いのではないでしょうか?

ニュース系のメルマガですと、一度読んでそれで終わりでも良いかと思うのですが、

ビジネス系(いわゆる解説型)のメルマガの場合、
何回か読み返さないと頭に残らない(活用できない)事も多いかと思います。

そのような場合、前回のメルマガでも紹介した読み上げアプリを使って、
耳で聞き直すことで、内容を頭に入れやすくなることを、資格試験勉強でも、普段の情報収集でも実践してきました。
(一番良いのは、一度目で読んでから、音声教材化することですね)

なお、耳で聞くことは、通勤などの時間を活用しやすいということはもちろんですが、
もうひとつの時間も使えるメリットがあります。

それは、「疲れて休息したい!」という時間です。

こういうと「そんな時まで頭を使いたくないよ!」という声が聞こえてきそうですが(^_^;)、

「頭」と「気(遣い)」に並んで、私たちが普段一番使っているのは「目」ではないでしょうか?

休息するときに目をつぶったり、遠くの景色を見たりすることは良くありますね。
また、そのようなときに好きな音楽を聞くことも多いかと思います。

勿論、「短時間睡眠をとろう」という場合や「瞑想したい」場合は別ですが、

スマホすら見たくないときでも、目をつぶって耳から何かしらの(自分に興味のある)情報を聞くことは、時間の使い方の一つとしてテックも活用しているところです。

皆さんは、情報収集のために、どんなメルマガをどのようにお使いでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月20日 (日)

外部の力を借りるとき

テック青木です(^0_0^)。

2か月以上、ご無沙汰してしまい、大変申し訳ありません<(_ _)>。

先月国際会議に参加して、その準備とフォローやらと、仕事の締め切りがいくつか重なったところに、家族全員の新型インフルエンザなどでバタバタしておりました(~_~;)。

中小企業診断士2次試験に合格された方、本当におめでとうございます。皆様の努力に心より敬意を表します。

24日は技術士一次試験の合格発表ですね。テックも試験監督として参加いたしましたが、皆様が合格されますように祈念しております。

来年2月までは、子供の中学受験など、せわしない日々が続きますが、何とかこのブログも間を空けずに続けていきたいと思います。

にほんブログ村 資格ブログへ←応援のワンクリックよろしくお願いいたします(^O^)/。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 外部の力を借りる

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

会社内の業務にせよ、個人営業にせよ、自分でできることには限り

があるので、社内外の協力を得ることは多くの場合必須となりますね。

テックも最近特に社外の方にお世話いただく機会が多いのですが、

その中では上手くいくこともあれば、スムーズに行かず色々問題が

起きてしまうこともあり、改めて人に力を借りることの難しさを感じております。

上手くいかなかったときを振り返ると、共通することとして

・お願いすることの内容、理由などを明確にしていなかった

 (明確な場合でも相手にきちんと伝えていなかった)

・お願いするまで、情報のやり取り(お付き合い)があまりなかった。

・進捗管理不足

など、仕様とコミュニケーションの面で不手際があったときに、問題がおきるようです。

特に妙な遠慮をして相手に依頼内容を具体的に伝えず、その後も

締切間際まで連絡を取らなかったときに決まってトラブルを起こして

いるので、注意せねばと反省する最近でした(^_^;)。

<情報をギブする>

進捗管理も含めて、依頼先との綿密なコミュニケーションが重要な

ことは確かなのですが、あまり督促することはためらわれますし、

相手と上手くいかなくなることも多いですね。

このような際に、関連する情報提供することで間接的に相手の関心を

依頼事項に引きつけることが有効なことがあります。

テックの周りを見ても、普段からマメに情報提供している人は、

相手からのレスポンスも良くなる傾向があり、テックも見習わなくてはと感じております。

<試験勉強と仕様の明確化>

資格試験の勉強で学校やテキストを選ぶ際にも、「自分が何を

求めているか」を具体的な仕様として明確にしておくことが、

失敗しない選択のために重要ですね。

通信添削や、資格の学校で質問をする場合でいえば、

質問の目的と明らかにしたいことを、相手にまずは情報提供する

ことから始まるという面では、仕事の依頼と共通するものがあると思います。

皆さんは外部の力を借りる時に、どのようなことに注意されているでしょうか?

人気blogランキングへ←この記事がお役に立てば、ワンクリックお願いいたします!(*^_^*)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
忙しいビジネスパーソンが短期間で資格取得を取得するための
メルマガはこちら

メルマガ登録・解除
我ら社内士!資格でキャリアライフを100倍楽しむ
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ★☆最後までお読みいただき、大変有難うございます(*^^*)☆★

━★お友達にこのブログをご紹介ください(^o^)/!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

| | コメント (0) | トラックバック (0)