カテゴリー「技術士関連」の記事

2018年5月 6日 (日)

技術士一次試験の申し込みについて

Cottage1550083_640

テック青木です。

GWも本日で終わりですね。

私は、行政書士会での発表資料の手直し、知的資産経営に関する
資料作成など士業関係の作業のかたわら、

美術展2つと親戚に会うなどしてきました。

ただ、家庭サービスは今ひとつの出来だったのが反省点です(^_^;)。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 技術士一次試験の申し込みについて

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


● 6月21日から技術士一次試験の申し込み開始

平成30年度 技術士第一次試験は10月7日に実施されますが、

その受験申込書等配布期間は、

平成30年6月15日(金)~7月2日(月)

受験申込受付期間は

平成30年6月21日(木)~7月2日(月)(土曜日・日曜日を除く。)

となっています。

また、受験申込書類は、公益社団法人日本技術士会宛てに、
原則郵送(書留郵便(7月2日(月)までの消印のあるものは有効。))で提出すること。

となっているので、そろそろ準備を考えても良い頃かと思います。
(電子申請は現在ないのでご注意下さい)

なお、平成14年度以前に技術士二次試験に合格された方への一次試験の一部科目免除はありますが、

学歴又は国家資格の取得による、試験科目の一部免除については、ご存知のとおり、
平成24年度まで所定の学歴又は国家資格を取得している方は、「共通科目」を免除できましたが、
平成25年度の試験から「共通科目」は、「基礎科目」に統合される形で廃止されました。


● 申し込み前から準備は始まる

既に、10月に向けて試験勉強を始めている方も多いかと思いますが、
現時点でどの分野で受けるかについて迷われている方もいるのではないでしょうか?

二次試験の受験分野は一次試験の分野に限定されませんので、
基本的には「自分にとって合格しやすい分野」で受験することが肝要かと思います。


では合格しやすいとはどういうことかといえば、
「貯金=今までの知見がある」
「仕事や今勉強していることと関連している」
の2つは、働きながら資格を取るということから考慮すべき点かと思います。


なお、職場によっても事情は変わりますが、
9月、10月は上半期、下半期の変わり目のため、社内での業績の取りまとめや
報告などで仕事の方に時間が取られる可能性もあるため、今後の計画の中で
ラストスパートに多くの時間を割くスケジューリングよりは、夏休みなどを
上手く利用して、試験直前期に余裕をもたせておくことをお勧めする次第です。


ぜひ、これからの5ヶ月間で栄光を勝ち取るよう、応援しております\(^o^)/!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月29日 (日)

補助金制度の目的から、資格試験の時事問題のポイントを押さえる

Buffet2953875_640

テック青木です。

GWに突入しましたが、いかがお過ごしでしょうか?

私は、本日は家族とビュッフェランチ。
明日の午前は玄関の剪定など若干の家族サービス(本当に僅かですが(^_^;)。

5/1からは、この社内士以外のブログや、行政書士会で発表する資料作成などを予定しています。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ IT関連の補助金と士業の関連から時事問題のポイントを押さえる

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

● IT導入補助金の活用で、『アシスト店長』などの年間コストを最大50万円削減!!

2018/4/16のECのミカタで、表記の記事が掲載されていました。

https://ecnomikata.com/original_news/18187/

(引用は『』でくくります。 改行は筆者挿入、以下同様)

『経済産業省が管轄する「サービス等生産性向上IT導入支援事業」が2018年も
実施される。いわゆる「IT導入補助金」である。昨年は、この補助金制度を
活用して、多くのEC事業者が業務効率改善、生産性向上を成し遂げている。

『アシスト店長』や『楽楽リピート』、『楽楽CART』など、EC事業者向けの
ITツールを展開する株式会社ネットショップ支援室では、今年もIT導入補助金を
活用したいと考えるEC事業者を強力にバックアップしてくれる。該社の取締役
山本 皓一朗氏にお話を伺った。』

と、ITツールの展開事業者である株式会社ネットショプ支援室による、
IT関連補助金のサポートをする立場からの補助金活用のポイントを解説したものです。

その中で、
『 申請にあたっては、必要な申請書類の作成はもちろんのこと、経営力向上計画といった書類を作成することもあるという。提出された申請書類に基づいて審査がなされ、採択の可否が決定するのだが、すべての申請が通るわけではないという。

「昨年の場合、全体の採択率は約27.1%で、3割程度しか採択されていないようです。
しかし、当社が取り扱った申請は全件採択されています。当社が申請代理する
場合には、提携している中小企業診断士や行政書士などの専門家に書類を作成して
いただくので、内容もきちんとしていますし、結果的に100%の採択が実現できました。」
と山本氏は充実した申請サポートにも自信を覗かせる。』

と、経営力向上計画などの資料作成にあたって、中小企業診断士や行政書士の
協力を得ていることもアピールしています。

● 士業がサポートできる補助金の目的から時事問題のポイントを考える

上記のように士業がサポート出来る補助制度については、その目的は対象とする
業界だけでなく、サポートする士業にとっても関連が深いことを行政自身が
認めているということになりますね。

そのような補助金の施策というのは、
当然ながらその士業に関する試験の時事問題にも関連が深い可能性は高いものと思われます。

この様に、補助金制度などの趣旨から、当該施策の目的を知っておくことは、
それらの補助金制度のサポートというコンサルティング本来の目的だけでなく、
これからその士業の資格試験を受けようという方にとっても、現在その士業を
統括している行政が注目しているポイントとして押さえる価値があるものと考える次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 1日 (日)

技術士二次試験の申し込みについて

Courier2957629_640

テック青木です。

きょうから2018年度が始まりましたね。

新しい職場や業務に取り組まれることになる方も多いかと思います。

だいぶ暖かくなってきましたが、年度末からの疲れも残っていらっしゃるかと
思いますので、お体大切にご自愛ください(*^^*)。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 技術士二次試験申し込みについて

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

● 4月2日(月)から技術士二次試験受験申込開始

平成30年度の技術士二次試験の実施案内が、
技術士試験センターに掲載されています。

https://www.engineer.or.jp/c_topics/005/005657.html

(引用は『』でくくります。 改行は筆者挿入、以下同様)

『日程表 受験申込書配布期間     平成30年4月2日(月)~4月25日(水)
受験申込受付期間     平成30年4月9日(月)~4月25日(水)

筆記試験日
・総合技術監理部門の必須科目     平成30年7月15日(日)

筆記試験日
・総合技術監理部門を除く技術部門
・総合技術監理部門の選択科目     平成30年7月16日(月・祝)

筆記試験合格発表     平成30年10月30日(火)[予定]

口頭試験(筆記試験合格者のみ)     平成30年11月下旬(11月30日(金)予定)~平成31年1月中旬(1月20日(日)予定)のうちのあらかじめ受験者に通知する日

口頭試験合格発表     平成31年3月8日(金)[予定] 』


残念ながら、現在は電子申請システムは休止しており、書面の郵送のみの申し込みとなります。

何はともあれ、申し込まなければ始まりませんので(^_^;)、

受験申込み案内及び受験申込書様式(PDF版)が明日の4月2日(月)から
日本技術士会のホームページよりダウンロードすることができますので、
早速入手されることをお勧めいたします。


● 業務経歴票の記載は慎重に

業務経歴票の内容は、時間をかけて準備できるものであり、かつ技術士試験で
試験官が参考資料としても使うものなので、その内容については十分吟味し
て記載する必要があります。

自分の技術者としての経験や知見、それも技術士を受けるに値するものであること
を、この業務経歴票に記載することになりますので、内容と実際の業務の整合性や
などに留意しながら、技術者としての経験を記載されることをお勧めします。

なお、具体的な書き方は、「技術士二次試験 業務経歴票」で検索すると、
色々と見つかりますので、独学の方はそういったネット情報を活用されることと、
身近に受験された方がいれば、先達にも相談されるのが良いかと思います。


1点、私からは、よく「解答が回答になっているか」とお話しているように、
試験の解答と同じく、相手が要求している内容と形式で記載することを
意識していただければ、大変幸いに存じます。


いよいよ試験が始まります!

皆様が口頭試験まで走り抜け、栄冠を掴むことを心より祈念しておりますq(^o^)p!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月11日 (日)

技術士二次試験合否発表を迎えて

Silhouette3105515_640

テック青木です。

今日で東日本大震災から8年目を迎えました。
被災された方々に、心より哀悼の意とお見舞い申し上げます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 3/9の技術士二次試験合否発表を迎えて

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

● 2018年3月9日の技術士二次試験合否発表

一作金曜日、技術士二次試験の合否発表でした。

合格された方々、本当におめでとうございます!

お仕事や学業などと並行しての難関突破に敬意を表します。

今回惜しくも目標達成出来なかった方々、

私も中小企業診断士と行政書士は一度目の試験で涙をのみましたが、

ここまで蓄積してきた知識や知見、何より努力してきたという
経験自身が貴重な財産です。

是非、来年度は栄冠を勝ち取るべく、走り出していただければと祈念しております。


● 資格の活用:新しいフレームワークを得ること=世界観が広がる(切り口が増える)

めでたく資格試験に合格した後、あるいは残念ながら再チャレンジの場合でも
試験勉強を通じて得た知識は、普段の仕事の捉え方など、「会社の景色」を
変えるのに役立つかと思います。

 特に中小企業診断士試験や技術士試験で学ぶマーケティング、
経営分析・業務革新、リスク管理など新しいフレームワークを学ぶことは
世界観(世界の切り取り方、切り口)を広げることにつながりますので、
色々な場面での活用を意識してみることが、資格試験を通じて得た成果の
最大化を図っていただければと思います。


● 知識の体系化、知識抜けの確認(しばらく参考書・サブノートを取っておく意味)

多くの資格試験経験者が受験の効用として挙げる点ですが、資格試験の問題は、
その資格が想定する業務に必要な知識を体系的に問うことを目指しているので、
既に資格を取った人にとっても自分の知識のチェック機能として使うことが出来ます。

また、その分野で必要な知識がコンパクトにまとまっているので、業務で新しく
取り組む分野について一通りの知識を身につけたい場合なども、資格試験の参考書
などを利用することは効果が高いと思います。

もちろん、資格を活用するためには、更に新たな知識を得ることが必須となりますが、
新しい分野への取り組み、あるいは今まで学習した分野の深掘りの双方において、
ベーシックで体系化されたテキストやサブノートは、何かと役に立つかと思います
ので、電子ファイルはもちろんのこと、印刷物も資格を活用し始めてしばらくの
間は捨てずに取っておかれてはと考える次第です。

もちろん、同じ資格試験を受ける方が身近にいれば、その方にお譲りするのも
大変結構かと思います(*^^*)。

続きを読む "技術士二次試験合否発表を迎えて"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 4日 (日)

技術士二次試験合格後にやるべきこと

Jointproject2161493_640

テック青木です。

昨日は、大学時代の恩師の古希お祝い会に参加しました。

本当に久しぶり(おそらく大学卒業以来)にお会いする先輩や
後輩の皆さんと、楽しく盛り上がりました(*^^)v。

幹事の皆さんには感謝・感謝です(*^^*)。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 3/9の技術士二次試験合格後にやるべきこと


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

● 2018年3月9日の技術士二次試験合否発表


 今週金曜日はいよいよ、技術士二次試験の合否発表ですね。

口頭試験を終えてから、発表までの間いかがお過ごしでしたでしょうか?


「合格後はこれをやろう」
「技術士の資格をこんな風に使おう」
と計画を立てていらっしゃる方も多いかと思います。

一方で、「合格してると思うけど、もしかしたら。。?」など、
合格が分かるまでは、その先のことは考えにくいという方もいらっしゃるのでは
ないでしょうか?

そういう方も、「合格してたら、こんなことしよう」と考えていただくヒントに
なれば幸いに存じます。


● 技術士会に入ろう!


会社勤めと士業の双方を手がける社内士として、勤め先では手に入らない
ネットワークを築けることは、大きなメリットですね。

 そのためにも、技術士に合格された方は、
日本技術士会 http://www.engineer.or.jp/
に入会されることをお勧めします。

 勤め先での社外人脈は現在の仕事の分野に限定されることが多く、
異動などで仕事が変わるとそれまでの縁も切れることが多いようです。

独占業務でない技術士は、士会に入られない方も多いのですが、
先輩方にうかがっても異口同音に現在の仕事や独立の際における人脈の大切さを説いていらっしゃいます。

もしもご自身の勤め先に技術士会があれば、積極的に参加することで、
社内の知り合いも増やすことが出来ますね(^_^)v。


万が一、二次試験に合格できなかったとしても、
一次試験合格者は準会員として技術士会に入ることは可能ですし、
試験および試験後に関する情報収集やモチベーションアップの効果が期待できます。
次回のチャレンジのためにも、是非入会をお勧めする次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月25日 (日)

取った資格の使い方

Oilpainting74060_640

テック青木です。

先週、東京都美術館のブリューゲル展を見に行ってきました。

音声ガイドを聞きつつ、ブリューゲル一族の軌跡を辿りましたが、
幸い人も少なく、寓話、風景画、静物など色々な種類の絵画を
堪能しました(*^^*)。

それにしても、最近は絵画の拡大画像のデジタルサイネージなど、
お客を楽しませる工夫が凝らしてあって、楽しい限りです(^^)v。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 取った資格の使い方

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

● 「何かの拍子に役に立てば儲けもの」と考える

 せっかく苦労して資格をとったら、是非有効活用したいもの。

勤め先の業務に必要で取った場合は特に悩む必要はありませんが、
自己啓発や人生設計の一環として取った場合は、現在の仕事にどう
活かせるかと考えることも必要になりますね。


 苦労して取った資格を、勤め先でも活用したい、持っていることをPRしたいと
考えるのが自然だとは思いますが、

元々会社の業務を行ううえで必要な資格である場合を除いて、早急に資格を
役立てよう、自己PRにも利用しようとするのではなく、

「資格を社外で使っているうちに、何か会社でも役に立つことがあればそれでOK」
とゆったりと構えている方が、社内の人間関係も含めて良い結果を生むようです。

これについては、私自身の経験だけでなく、同じ資格を持つ社内外の先輩方からも同様のアドバイスを受けることが多かったので、皆さんもまずは後述のネットワーク作りのように、社外での資格利用から始めてはいかがでしょうか?


● まずは「情報提供」から

 その上で、社内に提供できるものとしては、講演会など社外で得た情報の
提供から始めるのが良いと思います。

このときも自己PRと取られないように注意しながら、他の情報と一緒にさりげなく
提供すること、職場の業務に関連した情報に絞って提供することなどに注意すると、
余計な摩擦を回避しやすいですね。


● 社外の「目」を得て視野を広げる

以前、慶応大学の樋口先生から、

「日本では人事面での状況変化はIT産業に先進的に現れるので注目している。
IT産業では、自分がこの会社でどれだけ成長の機会、場を得られるか、
勉強する機会があるかを金銭的報酬以上に重視して就職先を決める傾向があり、
この傾向は他の産業にも今後広がっていくのではないか」

とうかがったかことがありますが、現在ならAI・IoT分野の人材動向が、先行事例の一つとなるのかと思います。

やはり、成長の機会を得られるというのは重要なモチベーションとなりますね。

この点において、資格の勤め先での使い方として、
「社内の仕事の進め方、検討や判断の切り口を士業の立場から見てみる」という
「視点の複数化」があるかと思います。

特に現在では、生産性向上が大きなテーマになっていますので、働き方改革などを
テーマにしている士業の先輩などの視点、判断の軸などをうかがってみると、
今やっている仕事もまた別の見方が出来て、色々なアイデアが湧いてくるかと思います。

ただ、「●●士ではこんなフレームワークを使っているから、当社(当部)でも取り入れるべき!」
というように性急に改革を求めて大上段に振りかざすのではなく、
自分のものの見方を広げて「こんな考え方もあるよね」というように、
柔軟に考えられることを目指す方が、得るものも大きいかと思う次第です。

あなたは、お勤め先でどのように資格を活用されているでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月21日 (日)

時事問題ネタとしてのAI・IoT

Robot507811_640

テック青木です。

昨日は、私が所属する中小企業診断協会の支部の賀詞交歓会に参加。

チームを組んで、中小企業診断士を主人公にしたTVドラマのネタ出しを
するというワークショップで盛り上がりました(^^)v。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 時事問題のネタとしてのAI・IoT

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

● 多様な社会課題、ビジネスに適用されるAI・IoT

ご案内のとおり、現在、人工知能(AI)やIoTによる
ビッグデータがネットのニュースに出てこない日はないくらい、
幅広い分野で話題になっていますね。

技術士や中小企業診断士、行政書士などの時事的な問題としても
取り上げやすいテーマですし、資格試験以外に仕事の中でも
関わる事が今後増えてくる可能性が高いと思います。

● 政策面からみたAI・IoT

国レベルの政策面からAI・IoTがどのように取り扱われてきたかを
見ることは、全体を俯瞰する上で効率的かと思います。

内閣府では、知的財産戦略本部でAI・IoTについて、2016年度から以下のような流れで検討が進められてきました。

1.2016年度「知的財産推進計画2016」策定に向けて「第四次産業革命を視野に入れた知財システムの在り方に関する検討会」でAI・ビッグデータが知財システムに与える影響とその対応を検討

2. 「知的財産推進計画2017」策定(2017年5月19日)

3.「IoT推進コンソーシアムデータ流通促進ワーキンググループ」による「データの利用権限に関する契約ガイドラインver1.0」公表(2017年5月30日)

1と2のあいだには、
「新たな情報財検討委員会」が設置されて、
・データの利活用促進のための知財制度の在り方について
・AIの作成・利活用促進のための知財制度の在り方について
の2つの視点から、検討すべき課題を整理しています。

その中で、「現時点では、法規制による保護では不足で、契約での対応が必要」との認識から3のガイドラインが策定されたというのが大まかな流れと言えるかと思います。

「知的財産推進計画2017」概要はこちらから
https://www.jpo.go.jp/shiryou/toushin/shingikai/pdf/newtokkyo_shiryou21/01.pdf

「データの利用権限に関する契約ガイドラインver1.0」はこちらから
http://www.meti.go.jp/press/2017/05/20170530003/20170530003.html


● AIが作るデータは誰のもの?

ここでAIの中の深層学習(ディープラーニング)を見ると、
生データ⇒学習用データ⇒学習済みモデル⇒学習済みモデルを使ったアウトプット
さらに学習済みモデルからの派生モデルや蒸留など、
複数の生成物が出てきますね。

そして、これらは誰のものなのか、誰が利用するのかといったところについて、
関係者間で調整するために契約を結ぶことになるのですが、
その参考となるべく上記のガイドラインが出てきています。

ただし、まだ中身は実務に使えるレベルとは残念ながら言い難いかと感じるところです。

● AI・IoTの適用例

上記のようなガイドラインだけでなく、経産省や自治体ではAI・IoTの適用事例の紹介も進めています。

最近では、九州経済産業局が、
「地域中小企業の新たなチャレンジのためのIoT・AI活用ガイド」
を発行しています。
http://www.kyushu.meti.go.jp/report/180119/180119_1.html

こういった事例や、産業界の動きを見ておくことは、時事問題対策としても必要かと思います。

そして、以前お伝えした、グーグルアラートのキーワードにAI・IoTを入れておくことを情報収集の一つとしてお勧めする次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月10日 (日)

技術士一次試験合否発表、中小企業診断士二次筆記試験合否発表

Winning1529402_640


テック青木です。

寒さが厳しくなってきましたね。

私も昨日から、部屋のエアコンを動かし始めました。

足元の電気カーペット(30cm四方位)と合わせて快適に過ごしております(*^^*)。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 技術士一次試験合否発表、中小企業診断士二次筆記試験合否発表

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●  技術士一次試験合否発表

平成29年12月14日(木)は技術士一次試験の合否発表ですね。

既に二次試験に向けて走り出している方もいる一方で、
合否発表までは中々身が入らないという方も多いかと思います。

あと4日間だけではありますが、少しでも時間を有効に使うということでは、
専門の技術分野の書籍を、新しく買って読んでも、今まで読んだ本の読み直し
でも良いので、一冊目を通しておくことは、試験勉強そのものではないので手をつけやすく、試験以外にも役に立つので、おすすめするところです。

皆様の合格を心より祈念しておりますq(^o^)p!

● 中小企業診断士二次筆記試験合否発表

平成29年12月8日(金)に合格を決められた方、おめでとうございます(*^^*)!

あとは、口頭試験を残すのみですね。

その口頭試験までは、平成29年12月17日(日)とあと一週間です。

<相手の立場と状況を考える>

口頭試験の準備においては、試験官など、試験を行う側の立場に立って考えてみる
ことが重要ですね。←テックはこれを「盾の両面(を見る)作戦」と呼んでいます。

具体的には、
1.この試験では、どのような人間を合格させたい(この資格を使ってどんな仕事をどのようにしてもらいたい)と考えているのか?
2.面接官が受験生を評価するための手持ち資料は何があるか?

の2つについて考えてみると、どんな質問が出るか、あるいはどんな答え(答え方)を期待しているかを想像しやすくなります。

1についていえば、例えば「コンサルタント」の資格に関する試験なら、
 「経営コンサルタントならクライアントにどう答えるべきか」を考える必要があります。

2についていえは、 例えば受験願書に記載した事項や、筆記試験の解答は、重要なデータですから、そこからどんな質問を出してくるかと言うことについて推定しておくことが有効となるわけですね。

「お客のお客を考える」など、コンサルタントは、クライアントの立場にたってその顧客や競合について考えることが必要ですが、試験においても試験官=クライアントの立場に立ってみて「自分なら、どんな質問をするか、どんな答えを期待するか」を是非考えてみてください。(^_^)v

・口頭試験準備:リアルに考える

筆記試験に出た事例の登場人物までイメージ化して理解しておくことは、
今後の口述試験においてもきっと役に立つと思います。

中小企業の社長さんとお話しする経験は大変貴重なものですが、職務の特性上そのような機会に恵まれない方も多いかと思います。

そのような方は、中小企業診断協会の診断事例集や、中小企業の事例紹介の本を読まれてイメージを膨らませておくと良いかと思います。

あともう少しで、晴れの中小企業診断士です!

体調管理にくれぐれもご留意の上、栄冠を勝ち取ることとを心より祈念しておりますq(^o^)p!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月26日 (日)

冬休みの計画の建て方について

Agenda2296195_640

テック青木です。

先週に引き続き、コンサルティング先への調査アンケートを作り込みました。

SWOT分析、クロスSWOT分析も進めていますが、データによる
裏付けのためにも、この調査アンケートを重視している次第です。

技術士口頭試験が開始されましたね。
受験される方、後もう一息です!
皆様の合格を心より祈念しておりますq(^o^)p!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 冬休み(正月休み)の計画について

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●  年末年始のお休みの予定

今年も年末が迫ってきました。
月並みですが、毎年時間が経つのが早くなってきますね(^_^;)。

皆様は年末年始の予定は既に立てていらっしゃるでしょうか?

帰省される方などは既にチケットなど手配済みかと思いますが、
私は実家が近いので、恒例の行事(実家との食事会など)を除けば、
特にイベントの予定は入れていない状況です。

● イベント以外に「作業」の予定を入れる

年末年始は、ゴールデンウィークと並んで、まとまった時間が取りやすいお休みです。
また、一斉に夏休みを取る会社は別として、夏のお休みと比較しても、
皆が一斉に休むので休んでいる間に仕事が溜まってしまうと言った心配もなく、
使えるお休みかと思います。

この貴重な休みを活用するには、
「イベント」だけでなく、「作業(学習)」の予定もスケジュールに入れておくことが重要です。

まずは、スケジューラ(手帳、グーグルカレンダーなど)に、休み中の学習に充てられる時間を、イベントと一緒に入れておきます。

次に、まとまった時間が必要なもの(予想問題集を使った本番形式の練習など)
と、スキマ時間に出来ること
に分けたToDoリスト(学習項目)を書き出し、そこに必要な時間を書き込んでおきます(私はエクセルを利用していました)

そして、先程のスケジューラの学習時間に、ToDoリストの項目をはめ込んでいきます。

こうすると「もっとまとまった時間が必要」とか、「スキマ時間でできるをもっと作ろう」など、
学習時間とやるべき事のマッチングを進めることが出来るため、
無理のない計画が立てられるかと思います。

もちろん、家族のいる方は、家族の協力も必要ですね(*^^*)。
家族サービスの時間は最初の方に優先的に取っておくというのも良いですし、
年末年始ではなく、もう少し前の土日など(クリスマスも含め)に
家族サービスの時間を取っておくというのも一つの方法かと思います。

これら、時間管理の方法については、以下の2冊がお勧めですので、
是非書店などでご覧になってはいかがでしょうか?

「神・時間術」樺澤 紫苑(著)  http://amzn.to/2iRJthM


仕事を高速化する「時間割」の作り方 Kindle版 平野 友朗 (著)
http://amzn.to/2AwQY8C
[平野 友朗]の仕事を高速化する「時間割」の作り方

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月18日 (土)

技術士二次口頭試験に向けて

Exchangeofideas222787_640

テック青木です。

今週は、コンサルティング先への調査アンケート案作りの打合せ。
確認したいことを付け足していくと、かなりのボリュームになってしまったので、
今度は絞り込む作業に入ります。

師走に向けて、勤務先も慌ただしくなってきたので、時間管理と体調管理
に気をつけて乗り切って行きたいと思います(*^^*)。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 技術士二次口頭試験に向けて

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

● 本日11月下旬から技術士二次口頭試験

いよいよ、技術士二次口頭試験が始まりますね。

早い方は来週金曜と後1週間に迫ってきました。

分野にもよりますが、口頭試験でそれなりに絞り込む場合もあるので、
最後まで気を緩めず頑張ってください!

● 口頭試験の準備:筆記試験の見直し

口頭試験の準備では、何より先ず筆記試験のご自分の復元解答を再度見直して、誤っている箇所の特定と正解の作成から始め、次に、ご自分の経歴(出願書類中)の中で、突っ込まれそうな質問を想定してQAを作成することが重要です。

私は、上記に加えて専門科目の模範解答やその周辺知識の再確認について、同じ会社で受験された人たちと手分けしながら資料を作り、会社の技術士の先輩方に模擬口頭面接を受けさせていただいたりと、周りの方々に大変お世話になりました。

資格の学校に通っていらっしゃる方なら、受講生通しで協力して模擬テストをやってみるのも良いかと思います。

質問する側に回ると、「どんな答え方をして欲しいか?」という相手の気持ちが理解し易いので、私は「盾の両面作戦」と呼んで重視しています。

1.この試験では、どのような人間を合格させたい(この資格を使ってどんな仕事をどのようにしてもらいたい)と考えているのか?
2.面接官が受験生を評価するための手持ち資料は何があるか?

の2つについて考えてみると、どんな質問が出るか、あるいはどんな答え(答え方)を期待しているかを想像しやすくなりますので是非お試しください。

● 試験当日の心得

どんな口答試験でも最も重要なことは、

「遅刻しないこと!!」

この一言に尽きると言ってよいでしょう。
筆記試験では通常30分程度の遅刻は認められていますが、口答試験の呼び出しの際に会場についていなかったら合格はおぼつきませんね。

、皆さんも十分な余裕を持って会場に臨んでください。
(そのためにも、前日は早めにお寝みくださ)

ただ、早く会場に到着してずっと控え室で待っていると、他の受験生が次々呼ばれるので緊張が高まってくること方もいると思いますので、かなり前に着いたら近くの喫茶店などで時間をつぶすのも良いかと思います(東京会場のフォーラム8ならば、近くにドトールやエクセシオールカフェなどがありますね)。

<身だしなみを整える>

口答試験で実力を発揮するためのおまじないかつ、実質的な効果も期待できる方法としては、「身だしなみを整える」ことが有効です(要は、自分にとって気合が入り、自信が持てる服装ということですね)。

それも普段会社に行く程度ではなく、「社長の前でプレゼンする」位の気合を入れてネクタイやスーツを選び、散髪して会場に赴くことで、気合も入りますし、面接官の心象も良くなるので一石二鳥ですね。

<あがっても大丈夫、すねるのは禁物!>

 ここで「すねる」というのは、試験官の質問やコメントに、感情的に反発すると言うことです。

 今までの受験経験者にうかがっても、「あがったから失敗した(落ちた)」と言う方は意外と少ないものです。合格者の方でも「あがったが何とかなった」と言う方は結構いらっしゃいます。

 むしろ試験官に対して、感情的に反発したり、失点を回復しようと自分を飾って失敗したという方は多いようですね。

ここまでくれば、あともう一息です!是非栄光を勝ち取ってください(^O^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧