カテゴリー「資格で楽しもう!」の記事

2017年6月25日 (日)

日本技術士会の技術士制度の改革提案と自己研鑽

Photo_2

テック青木です。

ライトシフトに続いて、ワーク・シフトを読み終わりました。
ゼネラリストでも、単発のスペシャリストでもなく、
連続スペシャリスト(時代に合わせて専門分野を変えていく)や、
消費から体験に価値基準が変わっていくなど、
社内士としても大変貴重な示唆を得ることが出来ましたq(^o^)p。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 日本技術士会の技術士制度の改革提案と自己研鑽

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

● 日本技術士会が技術士制度改革について提言(中間報告)を公表

日本技術士会は、6月13日に、
文部科学省科学技術・学術審議会技術士分科会において「今後の
技術士制度の在り方について」の報告書が取りまとめられたことを
受けて、今後の技術士分科会等での審議に資するため、
「技術士制度改革について(提言)-中間報告-」を取りまとめ、公表しました。

https://www.engineer.or.jp/c_topics/005/005099.html

今回の提言のうち、私が特に注目したのは、以下の項目です。

.一定の研鑚と登録事項の確認を目的とした更新制度の導入
①更新対象者:全ての技術士を対象
   複数部門登録者は1回の更新で複数部門の更新を可能
   廃業後も技術士として社会貢献等を行っている高齢者が存在することから、
   業務実態や更新の負担等を勘案し、その取扱いの検討が必要
②更新期間:他の資格制度の更新期間を参考に5年程度が適当(本文別添1)
③更新条件:
「更新講習」の受講を条件、講習は技術者倫理など部門横断的内容


出典:「技術士制度改革について(提言)(中間報告) (日本技術士会HP)

● 更新制度と技術士としての自己研鑽

今回の提言では、更新制度の目的として、生死や就業など、技術士の
実態の把握と、技術士の自己研鑽の促進を上げていますが、

私が入っている他の士業と比較すると、
中小企業診断士では、コンサルタントの実務が更新の要件に入って
いることが大きな違いとなります。

行政書士は、全員に課される更新制度というものはありませんが、
行政書士会に登録して会費を払っていることが、行政書士として
の実務で生業を立ててるという、能力証明になっており、それで
良しとされているようにも感じられます。

● 技術士の「実務」の定義と評価方法

今回の技術士会の提言では、講習の受講を要件とすることを提案していますが、
中企業診断士のように、実務能力も更新制度の中で担保しようと今後
考えていくとすれば、
技術士としての実務の定義と、実務に従事している実績の評価方法が
今後の課題になるかと思います。

企業内で、技術的な知見を活かすのも技術士の実務として認められる
べきであり、何らかの形で技術コンサルティングをされている方以外
の実務をどのように定義し、評価するのかは大きな課題であり、
今後の議論の行方が気になるところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 6日 (月)

技術士二次試験合格者発表と30年度試験について

テック青木です(^0_0^)。
先週土曜日は、中小企業診断士の企業経営研究会に参加しました。
第1講は、日本薬科大の先生による統合医療。風邪の治療を題材に漢方をいかに
取り入れるかについて実践的なお話を伺いました。(*^^)v。
第2講は、東京商工リサーチの方による、与信管理について、リスクマネジメント
の視点を含めて、生々しい事例も交えて教えて頂きました。
第3項は、ユーザーのナマの声を拾い上げる仕組みを提供している企業の方からの、
診断士とのコラボ提案に関するお話をいただき、大変勉強になりました(*^^*)。

20170304

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
◎ 技術士二次試験合格発表
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
● 3月1日技術士二次試験合格者発表
 3月1日に、口頭試験を含めて平成28年度の技術士二次試験合格者が発表されました。
合格された皆様、本当におめでとうございます\(^o^)/!!
努力の末に栄冠を勝ち取られた方々に心より敬意を表します。
すでに登録の手続きに取り掛かっている方も多いかと思いますが、
この機会に、是非技術士会にもご入会ください(*^^*)!
技術士会は他の士業に比べると、オープンな講習会等が多く、
会に入らなくても利用できるものが多いですが、先輩の技術士の方との交流など、
入会者ならではのメリットもありますので、是非ご検討ください(^o^)/。
● 平成29年度の試験の変更
昨年に公表された、技術士制度のあり方に関する検討結果では、
技術士に求められるコンピテンシーから、現在の試験制度を
大幅に変更することが記載されています。
必須科目は総合技術監理を除いて記述式のみとなり、
さらに各部門の科目も数を絞る方向となっています。
30年度の試験を受ける方にとっては、不安なことと思いますが、
資格試験の学校等では色々な情報提供を行っていますので、こういったものを活用して、
まずは自分に合った科目選びから試験準備を始めていただければと思います。
目標を見定めつつ、早めのスタートダッシュが重要と考える次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月29日 (日)

それぞれの士会の研究会について

テック青木です(^0_0^)。

1月は、東京都行政書士会の「知的資産経営研究会」の新年会など、
技術士、行政書士、中小企業診断士関連の新年会に4件ほど参加しました。

普段お会い出来ない方たちも含めて、先達から色々と教えていただくとともに
楽しくお酒を飲む機会に恵まれました(*^^)v。

私が10数年読んでいる「ビジネス知識源」というメルマガの著者である吉田繁治さんの
「財政破産からAI産業革命へ」を読みましたが、

①財政破綻の影響はリーマンショック並み、英国が行った利上げを無理に抑える金融抑圧は
英国病のとおり、財政破綻よりも国民経済に与える悪影響は大きく長期間に渡る。

②財政破綻の影響は3~5年。その後はAIの本格導入により経済成長が起き、
人口減や高齢化にも対応出来るようになる。

③2018年毎からの大きな変化は、産業や資産の世代交代をもたらす。

と言う内容をメルマガと同じように数値データや国内外の事例で丁寧に論証しています。

本書を読んで、2018年頃からアセットアロケーションを変更せねばと思った
次第です(^^ゞ。

Ai

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 士会の研究会について


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●東京都行政士会の知的資産経営研究会

 先週木曜日に、12月に入会したばかりの、
東京都知的資産経営研究会の新年会に参加しましたが、
大変オープンな雰囲気で、楽しくお酒を飲みながら、ざっくばらんにお話する機会を得ました。

私以外にも、中小企業診断士の資格を持つ方が何人かいらっしゃって、
中小企業診断士の知的資産経営研究会についても皆さん関心を持っておられましたが、
両方に入っているのは今のところ私だけのようで、「参考になることがあれば教えて欲しい」と言って頂きました。

2月2日には行政書士、2月15日には診断士でそれぞれ研究会が開かれるので、両方共参加したいと考えています。


●士会の研究会について

 前回、中小企業診断士試験の実務補修の活用についてお話しましたが、
資格を取ったら、是非各士会で色々な研究会を覗いて見ることもお勧めします。

大抵の研究会は、体験入会や見学も可能ですので、関心がある分野、日時等の条件で
まずは出来るだけ多くの研究会に出てみて、自分の活動拠点を見つけられると、
その後の活動の幅も広がると思います。

 また、行政書士と中小企業診断士(あるいは技術士、その他の士業)の同じ分野の研究会に出てみることは、
それぞれの士業の違いや特色を知る良い機会であり、
資格取得前の方でも参加できる会がありますので(特に技術士会はオープンな研究会が多い)、どの資格を取ろうかと考えている方にも参考になるかと思います。


 これもご縁ですので、遠慮せずに参加してみてください(^O^)/!

続きを読む "それぞれの士会の研究会について"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 8日 (日)

中小企業診断士二次試験合格発表と実務補習

テック青木です(^0_0^)。

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。(*^_^*)

この土曜日に、先月に引き続き樺澤紫苑さん(精神科医)の新刊
「ムダにならない勉強法」の出版記念講演会に参加しました。

「読んだら忘れない読書術」、「覚えない記憶術」に続く、
勉強法3部作の完結編ということもあり、
大変熱の入った講演で、内容も充実していました(*^_^*)。

本書は、今までの集大成という面もあるためか、かなりの分量(280P)で、
数多くの勉強法が説明されていますので、
まずは「読んだら忘れない読書術」を読んでおくと、効率的に読めるのではないかと思いました(^^)v。

私もこの本を読んで、
勉強を始める前に目標設定(本書のターゲット勉強法)や勉強の方法自体をきちんと設計してから勉強を始めようと改めて思った次第です(^^;)。

また、勉強を続けるためには、先を見るのではなく、今現在に集中することや、
情動(喜怒哀楽)が伴わないと行動には結び付かないことから、
自分自身や他人に勉強(学習)を動機付けるには、やることの「楽しさ」を
重視して提示することが重要(本書の「脳楽勉強法」)というのも、
勉強だけでなく、会社でのモチベーション維持などの面で参考になりました(^^)v。

Img_0476


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 中小企業診断士二次試験合格発表について

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●1月5日中小企業診断士二次試験合格者発表

 先週木曜日に、中小企業診断士二次試験の合格者が発表されました。
合格率は19.2%で口頭試験が全員合格されたようですね。
また、男性の合格率が18%に対して女性は26%と健闘されています。

合格された方々、本当におめでとうございます(^O^)/!

実務補習を受けられたら、いよいよ中小企業診断士ですね。

既に東京地区 5日間コースは定員に達したので受付終了となっています。
まだの方は、早めにお申し込みください。

https://www.j-smeca.jp/contents/005_c_jtsumuhoshu/005_H28/H28_about_jitsumuhoshu.fuyu.html

●実務補習について

 私が実務補習を受けたのは、もう12年前のことになりますが、
ペーパーテストとは全く異なる、まさにリアルの企業診断の始まりでもありますので、
資格を取るためというだけでなく、積極的に踏み込んで受講されることをお勧めします。

 また、補習につかれる先生は、経験豊かな方たちで、かつ中小企業診断協会や支部とのパイプも太いので、今後のネットワーク作りの面でもぜひ活用してください。

 なお、私の時代はまだ、フェースブックなどSNSではなく、メーリングリスト中心でしたが、
一緒に実務補習を受けた方ともSNSを補習でもその後でも活用されてはと思う次第です。

 ぜひ、新しいご縁と体験を楽しみながら、実務補習を乗り越えてください(^O^)/!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月27日 (日)

試験勉強とロールプレイングゲーム

テック青木です(^0_0^)。

 先週は、東京都中小企業診断協会の講演会で、モノづくりの分野でマーケティング
や組織改革に取り組んでいる企業の方からお話を伺う機会を得ました。

 最近読んでいる「成功している人はなぜ神社に行くのか?」という本の影響で
近所のお稲荷様に参拝してきました(*^_^*)。

これからは近所や勤め先(通勤途上)、いずれは生まれ故郷(九州)の神社にも
行きたいと考えているところです。

Img_0263


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 試験勉強とロールプレイングゲームの共通点

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●RPGは楽しい、試験勉強は?

突然ですが、あなたはロールプレイングゲーム(RPG)を
やったことがある、あるいは今もやっていらっしゃるでしょうか?

私は学生時代にアップルのウイザードリーやアルティマなどの
コンピューターRPGにかなりはまった口ですが、
その後あまりにも時間をとられるので、遠ざかっておりました。

ボードゲームのRPGもいくつかやってみましたが、こちらは
一緒にやってくれる仲間が中々集まらず、趣味となるには至りませんでした(^^;)。

ですが、RPGに限らず、ゲームが好きな人にとっては、
大変楽しいですね。

それに対して、試験勉強は、やはり「必要悪」的な意識を
持つことが多いのではないかと思います。

私も、「合格するまでの辛抱」という気持ちが勝ることの方が、
勉強自体を楽しむよりも多いのですが、

実はRPGと試験勉強は似たところが多いのではないかと思っております。

一つは、PRGではキャラクターを育てていくところと、試験勉強での知識の取得過程ですね。

試験勉強でも演習や単語帳、模擬試験などを通じて自分の学習進度を確認していくわけですが、
その過程はPRGでキャラクターを育てる過程に通じるものがあると思います。

逆に、RPGのようにこの過程を楽しむためには、
・細かくマイルストーンを設定する
・進度を点数などで見える化する
・なにがしかのご褒美を用意する

の3点が効果的かと思います。

●チームを組む

 私は独学が多かったのですが、
それでも模擬試験や行政書士試験で同じ教材を購入した仲間との情報交換やお互いの励ましを、
フェースブック等を使って行えたことは、試験勉強を続けるうえでモチベーション維持に大変役に立ちました。

 RPGでチームを組むように、特にお互い得意科目が違う人と交流しながら試験勉強を進めることは、効率化とモチベーション維持の双方で有効だと考えています。

 試験勉強だけでなく、中小企業診断士のコンサルなど、合格後にその資格を使う場合でも、チームを組む必要性に直面することは数多くあります。

 RPGと同じようにチームを組んで、共通の目的に取り組む機会を作ることも意識してはいかがかと思う次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月13日 (日)

試験とフォーマットづくり

テック青木です(^0_0^)。

 11月は、行政書士会の知的資産経営研修会、中小企業診断士の健康経営研究会等に
に参加して、勉強させていただきました。

 今日はまた新宿御苑辺りに出かけようかと考えているところです(*^_^*)。

Dsc00182

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 試験とフォーマットづくり


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●スケジュール表、サブノートなどのフォーマット

試験勉強において、学習計画を立てること、教材を揃えることは、
基本的なところですが、その際にフォーマットをどのように
作るかについては、個別の学習分野だけではなく、
勉強のフローに沿って、スケジュール、サブノート等の自作の
教材(最近は音声教材も含めて)の連携を考えながらフォーマットづくりを行う必要がありますね。

順番としては、
メインの教材の構成に合わせてサブノートの目次やスケジュール立ての基本的な構成を考え、

スケジュール表は、運用時に記入する項目(例>どこまでやったか、実際にかかった時間など)、
サブノートは、複数回復習する際に追記できるようなスペース等、
使うシーンを想像しながらフォーマットを作っていくとよいかと思います。


●準備運動としてのフォーマットづくりと見直し

 仕事等に取り掛かるのに、心理的なハードルが高く、
グズグズと引き延ばしてしまうことが私にはよくありますが(^^;)、

仕事術の本などでは、まずやるべきことを細かく分解し、
資料を揃える、PCで使用するソフトを立ち上げるなど、
簡単な作業から取り掛かるよう勧めていることが多いですね。

試験勉強についても同様で、
最初の取っ掛かりとして、教材を揃えること、フォーマットを作ることは
比較的簡単に始められることかと思います。

また、受験期間中も、いきなり問題を解く気にならないようなときは、
まずサブノート等のフォーマットを少し見直したり、
スケジュール表に今までの結果を記入するなどして
ウォーミングアップすると、比較的スムーズに勉強に取り掛かれます。

(実は、この土日に知的資産経営研修会の宿題に取り掛かるときにも、
まずは、先日のブレストの結果を写真からパワーポイントに書き写すという単純作業から始めることで、
心理的なハードルを乗り越えて作業を進めているところです(^^;)


 あなたは、勉強や仕事に取り掛かるときに、どの様な作業から始めているでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月12日 (月)

~士会に参加して

テック青木です(^0_0^)。

 9月10日(土)に東京都中小企業診断協会城北支部の経営革新研究会に久しぶりに参加しました。

 中小企業白書2016の中小企業の稼ぐ力のポイント(ICT活用、海外展開、リスクマネジメント)について白書のポイントと講師の方が支援している企業に置き換えた事例の紹介で大変勉強になりました(*^_^*)。

9月9日(金)には技術士会の機械部会に出ましたが、
以前の中部支部に加えて九州支部など3か所とネット中継しているのを見て、
ICTの活用が地域の壁を越えている様を身近に感じました。

なお、おかげさまで先日、知的資産経営認定士の認定試験に合格し、合格証もいただきました(^^)v。

知的資産経営とはこちら
http://www.smrj.go.jp/keiei/chitekishisan/

最近の面白かった記事に

転職サービス「DODA(デューダ)」が「仕事に対する満足度調査」の結果を
発表したところ、最も満足度が高かった職種が「法務/知的財産/特許」
という結果が出たということで、

知財関連の仕事をしている私としては、
くすぐったいような、「この道でやっていくのでやはり良いかも」と
改めて励まされたような気分です(^^;)。

DODAの記事はこちら
https://doda.jp/guide/manzokudo/

Dsc00054


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 「~士会」への参加について

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●士業と士会

最近、土日を中心に、なるべく技術士会、中小企業診断士会、
行政書士会の研究会や勉強会に参加するようにしています。

上記3つの会員の方達の考え方や関心事はそれぞれ少しづつ
異なるので、同じテーマ(例えば海外展開)でも色々な見方
でのお話を聞くことができ、大変勉強になっています。


●私の反省>TakeだけでなくGiveも

以前、技術士会の研究会の幹事をやらせていただいたことが
ありますが、最近は研究会などに受講側としてだけでなく、
運営側としても参加しなくてはと思いつつ、
中々手が出せずにおります(-_-;)。

 色々な研究会を回っているので、毎回出席することが
難しいという面もありますが、一つくらいは運営側に
回ることと、聞くだけでなく自分も話す経験をしなくては
と思う今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月26日 (日)

各士業の会員サイトについて

テック青木です(^0_0^)。

 先週は、お手伝いしている講座の課題発表会。ベンチャー企業の社長さんから
いただいた課題にたいして、学生さんたちは四苦八苦しながらプレゼンして
多くのコメントを社長さんから頂きました。その後の懇親会も大いに盛り上がりました(#^.^#)。

翌日は、企業内中小企業診断士の会合で、勤め先の決算書(公開資料)をお互いに
説明。全くの異業種の方たちのお話は、いつ聞いても色々な刺激をいただきます(^^)v。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 各士業の会員サイトについて

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●技術士会の会員サイト
 ご案内の通り、~士と名がつく国家資格については、
会員向けのサイトがあります。

日本技術士会では、以下のトップページから会員サイトに入ると、
http://www.engineer.or.jp/

色々なお知らせ、関連政策を含めた情報提供、
名簿や各種データベースへの登録
会誌のバックナンバーのアーカイブ

などが掲載されています。

また、マイページには、以下のようなコンテンツが用意されています。

CPD等行事予定

CPD行事内容をHPから視聴

CPDのWEB登録・管理

技術士パーソナルDBへの登録

WEB名簿検索(会員情報検索)

本人情報変更申請


●中小企業診断協会の会員サイト

中小企業診断協会の会員サイトでは、
診断士の登録・更新のための研修等の情報、
会員向け各種イベントなどの情報が掲載されています。

また、私が所属している東京都診断協会の会員サイトには、
会報のバックナンバー、各種規定類が掲載されています。

なお、中小企業診断協会や東京都診断協会のサイトは、
会員以外の方が見られる部分にも色々な情報が掲載されていて、
大変参考になるので、一度ご覧になることをお勧めいたします。
中小企業診断協会 http://www.j-smeca.jp/
東京都中小企業診断士協会 http://www.t-smeca.com/

●東京都行政書士会の会員サイト

 こちらは、技術士会や中小企業診断協会と比較して、
関連する政策動向のニュースが一番充実していると感じます。
また、会報のバックナンバーや各種研修の案内が掲載されているのは他の士業と同じですが、
行政書士会では、特にインターネットを利用したオンライン講座が充実しています。

また、中小企業診断協会と同じように、会員サイト以外の一般サイトもかなり充実しています。

日本行政書士連合会 https://www.gyosei.or.jp/
東京都行政書士会 http://www.tokyo-gyosei.or.jp/

上記の他にも
診断士、行政書士には都道府県のさらに下の支部もサイトを持っているので、
ご自分の近くの支部ではどんな活動をしているのかを見てみるのも、どんな資格を取るかや、受験勉強のモチベーション維持に役立つと思います。

皆さんは、どのような会員組織に入って、そのサイトを利用されているでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月22日 (日)

士業の会員向け研修サービスについて

テック青木です(^0_0^)。

 平成27年度に大幅変更された、いわゆるオープンイノベーション税制ですが、
皆さまは導入されているでしょうか?

運用は結構面倒そうに見えますが、税額控除が2~3割というのは魅力的ですね。

制度の説明はこちら

http://www.meti.go.jp/policy/tech_promotion/tax.html

※テックも平成27年度にこのマニュアルのお世話になりました(^^)v!
 アフターフォローもしっかりしていて、自信を持ってお勧めできます。

⇒合格返金保証付き★先着20名様★平成28年度に完全対応!【完全版】行政書士試験
にわずか147日で合格したラクラク勉強法!
http://www.infotop.jp/click.php?aid=319740&iid=2329

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 会員向け研修サービスの利用について

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●東京都行政書士会のインターネット研修

 先月行政書士の登録を終え、会員向けのサイトのIDとパスワードが
送られてきたので、研修関連のサイトを覗くと、

インターネット研修(オンラインセミナー)として、今まで実施された研修の動画と
資料(PDF)がずらっと掲載されていました。

初級向けから中級のレベルまで、
分野も法令、実務、事務所経営のポイントなど幅広く提供されていて
動画は全部無料(資料は一部有料のものあり)で利用できます(^^)v。

テックもさっそく事務所経営と知的資産経営に関する講義を
視聴しましたが、中々参考になりました。

 一度行った講義をオンデマンド配信するサービスはずっと以前からありますが、
やはり便利なものですね(^0-0^)。

ただ、MP4ではなく、M3U8形式を利用しているので、ファイルをPC等にダウンロード
出来ず、ネット環境が無いと利用できないのが残念です(著作権の問題でしょうね)。


●各士業の会員向け研修

 上記はオンラインでの研修サービスですが、セミナー・研修、講演などの
オフラインでの研修・自己啓発のサービスは、中小企業診断士、技術士など
の組織でも中央、支部レベル、その下の研究会等さまざまなレベルで
非常に多くの機会を提供しています。

 これらの研修・セミナーは、実務に関する実力を向上・維持するためは
もちろんのこと、ネットワークづくり(参加者間、主催者と受講者間)にも役立ちます。

 通常、ハードで複数回にわたるような、負荷が高いものほどネットワークづくりの効果は高いので、
中小企業診断士のプロコン塾(プロのコンサルタントを目指す塾)など、テックも参加したいと考えています。

 こういった研修サービスも各資格を取って、その組織に入会する大きなメリットですね。

皆さんは、どのような研修・自己啓発の場を利用されているでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月13日 (日)

他士業とのコラボ(弁理士会との合同イベントに参加して)

テック青木です(^0_0^)。

 

昨日は、東京都中小企業診断士協会主催の診断士・弁理士共同イベントに参加しました。

 

補助金の活用方法、知的財産に関する最近の動向の話題提供に続いて、
弁理士・診断士交えてのグループワークで色々と意見交換し、その後の懇親会含めて
活発な情報交換を行って大変刺激を受けました!(^^)!

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

◎ 他士業との交流

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

●弁理士会との合同イベントに参加して

 

前書きでお話ししました通り、昨日弁理士会との合同イベントに参加しました。

 

会社内にも弁理士の資格を持っている同僚がいるのですが、
独立系の弁理士の方たちのお話は大変面白く、診断士と同じような営業上の
悩みや、知的財産にかかわるビジネスのやり方など大変勉強になりました。

 

診断士と共通の悩みとしては、本業である特許出願に、コンサルティングも
やっていらっしゃるのですが、コンサルティング=無形の知恵に対しては、
お金を出したがらない経営者が多いとのお話を聞き、コンサルティングの
ビジネスモデルの作り方にみなさん苦労されていることを改めて認識した次第です。

 

また、顧問契約のような固定客化、固定収入の確保は特許事務所でもなかなか難しいとのことで、
フローだけでなくストック型ビジネスを確立することは、税理士さんなどを除くと士業共通の課題と感じました。

 

●二本差し、またはコラボでビジネスの幅と間口を広げる

 

今回印象に残ったことの一つは、

 

診断士、弁理士の双方とも複数の資格を持っていらっしゃる方が多かったことです。

 

私と同じグループに入った方は、弁護士、弁理士、中小企業診断士の3つの資格をお持ちでした。

 

その他にも社労士、税理士などを持っていらっしゃる方もいて、お客様の幅広いニーズに応える体制を作っていらっしゃることに大変刺激を受けました。

 

二本差し(個人で複数の資格を持つこと)はもちろんですが、今回のような他士業の方との交流を機会に、
複数の士業の方たちとコラボを組んで仕事をしたり、双方でお客の紹介をするなど、
提供するサービスの幅や、お客様との間口接点機会(間口)を広げることは大変効果的ではないかと思います。

 

皆さまは、他の資格や業界の方とどのような交流の機会をお持ちでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧