カテゴリー「書籍・雑誌」の記事

2017年4月17日 (月)

ネット検索のちょっとしたポイント

テック青木です。

先日、樺澤塾の撮影会に参加してきました。

今回のテーマは、短時間で調査を行う方法というもので、
ネット⇒本⇒専門家に直接聴く
の3ステップについて、非常に実践的なお話を伺うことが出来ました(*^^*)。

Internetsearchengine1519471_640


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 調査のためのネット検索について

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

● 先日の樺澤塾でネット検索のテクニックについてお話を伺う機会を
得ましたが、私自身、仕事や資格試験の中でネットを活用していたので、
大変参考になりました(*^^)v。

樺澤塾は残念ながら非公開なので、ここであまりお話出来ないのですが、
ネット検索に関連して私が幾つか利用しているTipsをご紹介したいと思います。

●官公庁の情報について

まとまりのある、かつ信用のおけるネット情報として、官公庁の情報がありますね。

グーグルなどで直接検索する、目当ての官公庁のサイト内で検索するなどの方法がありますが、
その際に私がおすすめするのが、
調べたいキーワードに「白書」を加えて検索することです。

かなりの分野で現在・・・白書が出ていますが、
白書の長所として、
・その分野の情報がコンパクトにまとまっている
・ある程度の期間に渡って毎年出ているので、時系列の変化も追いやすい
・データーや引用文献が豊富(ものによっては、エクセルデータなどをダウンロードすることも可能)

などがあります。また、これは白書に限りませんが、
官公庁情報は引用しやすいというのも見逃せない長所です。

白書の他には、「産構審」(産業構造審議会)も、現在進行系や過去の見当内容を調べる上では有効な方法だと思います。
さらに、今後の予定を見る場合は「開催案内」も押さえておくと良いですね。

●ビジネス書の要約サービス

 樺澤さんも、ネット情報の裏とりとして書籍を使うことを推奨していますが、
私は、ビジネス書や教養本のサマリーを提供しているメルマガや、雑誌も活用出来ると考えています。

 普段から自分の専門以外の分野のサマリーに触れる機会を得られるだけでなく、分野やテーマごとに読むべき本をまとめて紹介してくれていたりするので、
自分にとって新しい分野について取り敢えず代表的な本が何かを知る上でも役立っています。

 私が使っているのは、
メルマガは「ビジネス選書&サマリーリーダーズ」
http://www.mag2.com/m/P0000498.html
藤井孝一

雑誌及びサイトでは、
「TopPoint」トップポイント
https://www.toppoint.jp/top

Toppoint


です。

メルマガは無料版もありますので、まずそちらから始めてはいかがでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月27日 (土)

中小企業診断士二次試験の申し込みについて

テック青木です(^0_0^)。

 水曜日に、研修講師を目指す人のためのセミナーに参加しました。
 講演家、セミナー講師と研修講師の違いから始まって、実践的なお話をいくつもいただきました(*^_^*)。

 なお、現在「知的資産経営認定士」をとるべく、
知的資産アカデミーのe-ラーニングを受講しているところです。

なぜか私のipadではストリーミングができないので、PC上で受講しつつ、PDFの教材をダウンロードして、
読み上げソフトも併用して、疑似eラーニングとしています(^^)v。

知的資産経営とはこちら
http://www.smrj.go.jp/keiei/chitekishisan/

Img_1448mini

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 中小企業診断士二次試験の申し込みについて

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●平成28年10月23(日)に実施される中小企業診断士2次試験

昨日8月26日からまずは昨年度の一次試験合格者の方から、
9月6日からは、今年度の一次試験合格者の方も
二次試験の申し込みが始まりますね。

 

● 早急に申し込みましょう

 9月6日に1次試験合格の発表送が始まりますが、
合格を確かめないうちは、中々二次試験の準備(勉強はともかく
受験申込)をする気になれない気持ちはテックも経験しているところです。

ただ、勉強をしつつも、この土日に受験申し込みのことも念頭において、
9月6日合格発表を受けたら速攻で申し込みできるように準備をしておくことを
お勧めするところです(次の土日は発表間近でそれこそ手がつかなくなりますので)。

早く申し込むことは、東京のように3か所会場がある場合は、少しでも希望の会場をとれる可能性を高めるメリットもありますが、

それ以上に、申し込むことでさらにモチベーションがアップすることと、学習に専念できる時間が増やせる効果が大きいですね。
(意外と手続きが終わるまではそのことが頭の中に残っていて、
集中を妨げるものです)

 何かと面倒に感じる手続きですが、だからこそ早く済ませて最後の追い上げにかかりましょう!

● 学習計画の見直しの機会に

 申し込みの時期は、試験まで1か月半という時期でもあります。
お勤めされている方なら、会社のいろいろな予定もだいぶ固まっているのではないでしょうか。

 ここで、模試や予想問題から自分の弱み、強味を確認して、
会社等のスケジュールも考慮しながら学習計画を見直すことは、

 これからの1か月半を効率的に使うことにつながるかと思います。

 あたなはどのようなタイミングで学習計画を更新しているでしょうか?

 

 何はともあれ、今年度1次試験を受けたあなたの合格を心より祈念しております!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 6日 (月)

RESAS(地域経済分析システム)

この土曜日の中小企業診断士の講習会で、RESAS(地域経済分析システム)
https://resas.go.jp/#/13/13101
の紹介をいただきました。

恥ずかしながら、テックは今までこのシステムの存在すら知らなかったのですが、
なんというか、実際に役立つかどうかの前に大変いじっていて面白いシステム
(好奇心を刺激してくれる)と感じます。

産業マップ、地域経済循環マップ、観光マップ、人口マップ、消費マップなどのカテゴリー別に、ビジュアルにデータを表示してくれます。

まだグーグルクロムしか対応していないのですが、
早く他のブラウザにも対応してほしいものです。

なお、データの出典もきちんと出ていて、情報源のデータベースとしても使えますので、
何か調べ物をしたいが、どんな情報源に当たれば良いかわからない場合の見当をつけるのにも便利かと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 5日 (日)

スマホの音声入力活用(野口悠紀雄氏の著作から)

テック青木です(^0_0^)。

 昨日は、中小企業診断士の講習会で、RESAS(地域経済分析システム)
https://resas.go.jp/#/13/13101
の紹介をいただきました。

恥ずかしながら、テックは今までこのシステムの存在すら知らなかったのですが、
なんというか、実際に役立つかどうかの前に大変いじっていて面白いシステム
(好奇心を刺激してくれる)と感じます。

まだグーグルクロムしか対応していないとのことですが、

早く他のブラウザにも対応してほしいものです。
なお、出典がきちんと出ているので、情報源のデータベースとしても使えると思いますので、
何か調べ物をしたいが、どんな情報源に当たれば良いかわからない場合の検討づけにも
便利かと思います。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 野口悠紀雄の「話すだけでかける究極の文章法」を読んで

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●スマホで本が書ける
 野口悠紀雄さんといえば、「超整理法」や「超文章法」など、
「超・・・」シリーズでも有名ですが、

最近の「話すだけでかける究極の文章法」では、スマホの音声入力
を使って著作を行う方法や、その他の知的生産の技術に音声入力
を利用する方法を紹介されています。

 今でも新しい技術を取り入れて、自分のスタイルを改革していく
その行動力に何よりも深い感銘を受けました。

●試験勉強における音声入力の活用
 テックに限らず、試験勉強において音声学習を、特にインプットに
活用することは、推奨されてきましたが、

音声入力を試験勉強に利用する方法としては、
まず、検索が大きいかと思います。

今のところ、電子版の問題集で音声入力ならではの使い方ができるものは、見つけられていないのですが、
おそらく、一種の会話・解説を組み合わせたような学習ツールを資格の学校などが提供してくるでしょう。

なお、e-ラーニングの業界が、スマホの音声入力を活用して、プラットフォームを構築するのか、
グーグルのようなネット企業がこれらのサービスプラットフォームを提供するのか、

どんなプレーヤーが中心となっていくのかも大変気になるところです。

皆さんは、スマホの音声入力をどのように使われているでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月11日 (月)

原理・原則立脚型の予測手法

テック青木です(^0_0^)。

先の連休中に、長男が「現在5月5日の5時55分で5が5つ」と面白が

っていましたが、こういっ た数字並べや語呂合わせは色色なところ

でお目にかかりますね。

にほんブログ村 資格ブログへ←応援のワンク リックよろしくお願いいたします(^O^)/。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 原理・原則立脚型の将来予測

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

テックも愛読しているメールマガジン「ビジネス知識源プレミアム」で、

低利の国債増発から今後 の景気回復時の通貨下落とインフレにつ

いて、定量的に予測されているのを読んで個人的な資産防衛の面

からも考えさせられるところが多分にありました。

表紙画像
ビジネス知識源プレミアム:1ヶ月ビジネス書5冊を超える情報価値をe-Mailで
吉田繁治
毎週水曜日(月によって増刊あり)
630円/月(税込)
>> 詳細 購読する!

←日本の新聞・雑誌が教えてくれない経済・経営の視点とは?

是非プリントアウトしてじっくり読んでください!

<経済学の基本公式から見えるもの>  

今回のビジネス知識源では、

名目金利=GDP実質成長率+物価の期待上昇率

という簡単な公式に基づいて論を進めていますが、

この他にもフィッシャーの公式など、マクロ経済学の基本的な公式か

らも、今後の大きな流れは予 測できることをいつも示していらっしゃいます。

このような、原理原則に立脚した予測は、理解しやすく応用も利きますね。

ただ、予測においては何が起きるかはよりも、いつ起きるかの方が

予測困難なことが多いように感 じます。

これは、何が起きるかは物事のメカニズムが分かればある程度予測

できますが、いつ起きるかは、 そのメカニズムの各要素間のパワー

バランスの推移によるので、天文学の三体運動のように、定量 的な

予測は非常に難しいということによるかと思います。

この、いつ起きるかが分からないことが、予測した事態に対する事前

の対応が遅れる理由(経済も 防災も)にもなっているように思います。

したがって、いつという時期が特定できずとも、予測する事態の予兆の

特定が重要となるわけです ね。

ご自身、あるいはお勤め先では、どのように種々の予測を立てていらっしゃるでしょうか?

>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
忙しいビジネスパーソン が短期間で資格取得を取得するための
メルマガはこちら

メルマガ登録・解除
我ら社内士!資格でキャリアライフを100倍楽し む
powered by まぐまぐトップページへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ★☆最後までお読みいただき、大変有難うございます(*^^*)☆★

━★お友達にこのブログをご紹介ください(^o^)/!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

判断の軸づくりに役立つ書籍紹介:本多静六先生と安岡正篤先生

テック青木です(^0_0^)。

 師走に入って寒さがだんだん厳しくなってきましたね。テックも

外出時にはハーフコートとマスクを常用しています。以前 もお話しした

通り、マスクにはハーブオイルを数滴垂らして香りを楽しんでいます(^^)v。

にほんブ

ログ村 資格ブログへ←応援のワンクリック よろしくお願いいたします(^O^)/。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 書籍紹介:本多静六と安岡正篤

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

今、東京帝国大学教授で、貧しい中から学問と蓄財の双方を極めた

本多静六の「お金・仕事に満足し、人の信頼を得る法」を 読んでいる

ところですが、思ったより読み易く、かつ今の時代でも通用する原理

原則が多く入っていると感じます。

 普段ビジネス書や娯楽書ばかり読んでいると、たまにはこういった

人生訓を読んでみるのも良いですね。

同じようにテックが愛読している本に、

安岡正篤の「一日一言」

がありますが、こちらは本だけでなく、無料のメールマガジン で毎日

配信を受けています。

携帯で購読すれば、通勤時間に読めるので便利ですね(テックは、

PCに受信して、PDAのスケジューラーに転記しています。)

 メールマガジンの申し込みはこちらから>

安岡正篤先生の「1日1言」:http://www.chichi-yasuoka.com/

書籍はこちら>

経済環境が激変している昨今、判断の軸をブラさないためにも、

こういった普遍性の高い教養書を読んでみるのは効果があるかと思います。

皆さんは、どのような座右の本をお持ちでしょうか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
忙しいビジネスパーソンが短期間で資格取得を取得する ための
メルマガはこちら

メルマガ登録・解除
我ら社内士!資格でキャリ アライフを100倍楽しむ
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ★☆最後までお読みいただき、大変有難うございます(*^^*)☆★

━★お友達にこのブログをご紹介ください(^o^)/!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月19日 (水)

ビジネスマンの必須スキル?交渉学入門書のご紹介

テック青木です(^0_0^)。

スーツだけでは寒い日も増えてきましたね。以前ブログやメルマガでも紹介しましたが、

寒さ防止にマスクは有効ですね。

テックは好みのハーブオイル(ペーミントなど)を少したらして使っています(^0-0^)。

にほんブログ村 資格ブログへ←応援のワンクリックよろしくお願いいたします(^O^)/。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 交渉学の本の紹介

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 最近交渉学の異業種交流会(月曜日の朝)が始まり、出勤前に参加しています。  

この交渉学は、ハーバード大学で始められたもので、どちらか一方が

相手を打ち負かすのではなく、双方にとってWinWinの関係構築を目指しています。

 東京では丸の内ビジネススクールで受講出来ますが、その講師の

先生方が入門書として著したのが以下の本です。

「交渉学入門」 田村次郎他 日本経済新聞社  

 

事例も豊富に入っており、大変分かり易くコンパクトにまとまっているので、

入門書としては最適かと思います。

(著者の先生方の大学での講座には、テックも参加したことがあるので、

自信を持ってお勧めいたします(^_^)v)

<交渉と思わずに交渉に入ってしまうリスク>

 交渉学を少しかじってみてまず思うのは、普段の仕事などでも

そもそも「これは相手との交渉だ」

と意識せずに実際上の交渉に入ってしまうことが間々あるということです。

 特に、メールのやり取りは事務的な連絡事項との区別が付きにくいので要注意ですね。

テックも時々失敗しては反省しております(^_^;)。

皆さんは、仕事やプライベートでどのような交渉をなさっているでしょうか?

 交渉が主要業務である人に限らず、社会人として身に着けておくと、

ものの見方や問題解決思考にも通じる所があり、中々便利なスキルかと思います。

「交渉学入門」 田村次郎他 日本経済新聞社 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
忙しいビジネスパーソンが短期間で資格取得を取得するための
メルマガはこちら

メルマガ登録・解除
我ら社内士!資格でキャリアライフを100倍楽しむ
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ★☆最後までお読みいただき、大変有難うございます(*^^*)☆★

━★お友達にこのブログをご紹介ください(^o^)/!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月25日 (木)

書籍紹介:零属国家日本の岐路(独自の視点を持つには)

テック青木です(^0_0^)。

本日は、中小企業診断士経営支援事例発表会の打合せに出ていました。

企業内診断士(=社内士)がチームを組んで診断を行いましたが、

発表原稿も大分ブラッシュアップされもう一息と言ったところです。

テックも11月4日には発表会に参加し、わがチームリーダーの発表を

聞いてくる予定です。(^_^)v

にほんブログ村 資格ブログへ←応援のワンク リックよろしくお願いいたします(^O^)/。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎書籍紹介「隷属国家 日本の岐路―今度は中国の天領になるのか?」

 ~独自の視点を持つ効用~

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 上記はテックが愛読している「ロシア政治経済ジャーナル」(社内士ブログでも紹介しています http://www.mag2.com/m/0000012950.html )の発行者北野さんの最新刊本です。

日本を取り巻く状況と今後取るべき指針について大変分かり易くかつ独自の視点で説かれてい るので、是非一読されることをお勧めします(^0-0^) 

<複数の視点を持つ>

北野さんは、ロシアの大学を出て、今もロシアから見た日本について鋭い分析をされています 。

これは独自の視点を持てばこそ可能なことですね。

北野さんの場合はロシアがキーワードです が、やはりテックが愛読している国際ニュース(http://tanakanews.com/index.html)のメルマガ発行者の田中宇さんの場合は、数多くの英文ネット情報を読みこなすなど、優れた分析をされる方は、皆独自の視点を得るための努力 をされています。

我々も自分なりの視点を持つために何らかの工夫、特に独自の情報源が必要だと思います。

最 も良い情報源は「人」だと言われますが、ではどうしたら独自の情報源、人に会うことを得られる でしょうか?

テックはなるべく多くの「場」を持つことだと思っています。

中小企業診断士や技術士などの士業の会、スポーツなど趣味の会等々、職場以外に多くの場に参加することで情報源が広がり、それにつれて視野 が広がるとともに自分独自の視点も持ちやすくなるのではと考えています。

皆さんは自分独自の視点を得るのにどのような工夫をされているでしょうか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
忙しいビジネスパーソン が短期間で資格取得を取得するための
メルマガはこちら

メルマガ登録・解除
我ら社内士!資格でキャリアライフを100倍楽し む
powered by まぐまぐトップページへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ★☆最後までお読みいただき、大変有難うございます(*^^*)☆★

━★お友達にこのブログをご紹介ください(^o^)/!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月20日 (金)

センス・オブ・ワンダーに触れる「科学テーマのポッドキャスト」

<サイエンス・トーク>

 テックは以前、最先端の科学技術の研究者へのインタビューを掲載したメルマガを愛読しておりました。
 残念ながらそのメルマガは休刊してしまったのですが、最近「サイエンストーク」というポッドキャストを見つけました。

 URL:http://www.tbs.co.jp/radio/xitalk/

 脳、心から宇宙まで幅広い分野の研究者を迎えて数回に渡って最先端の研究を分かりやすく解説してくれるトーク番組です。

 例えば「涙と心と脳の関係」では「俳優の流す涙は、普段の涙とは脳科学から見てどのように違うのか?」、「心のコントロールとフラダンス」など「お硬い研究者」のイメージとは全く違う、まさにSF的な「センス・オブ・ワンダー(知らない世界を覗くワクワク感)」を味わえる番組ですので、是非一度視聴してみてはいかがでしょうか?

★☆最後までお読みいただき、大変有難うございます(*^^*)☆★

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007年3月 3日 (土)

Web2.0でビジネスアイデアを得る

先日3月1日に「100人100冊100%」出版記念パーティーで田坂広志さんの講演を聞いてきました。

田坂さんは、ご存知のとおり日本総合研究所の設立に参加された後色々なビジネスを立ち上げ、現在多摩大学の教授の他にシンクタンク・ソフィアバンクを設立し、代表を務めていらっしゃいます。

テックは以前から田坂さんのメルマガやポッドキャスト「ソフィアバンク・ラジオステーションhttp://www.sophiabank.co.jp/ 」、著書「使える弁証法」などを愛読していたのですが、講演を聴いたのは初めてで、今後の勤め先での仕事や個人的なビジネスを考える上で色々な気付きやヒントをいただきました(^o^)/。

講演の雰囲気はともかく、その論点は以下の最新刊で確認することができます。


Web2.0が引き起こす社会変化とビジネスに及ぼす影響について氏の主張を正しいと見るか否かは別としても、自分自身のキャリアや今後のビジネスアイデアを考える上でも大変示唆に富んでいますのでお勧めです(^_^)v。

★☆最後までお読みいただき、大変有難うございます(*^^*)☆★

| | コメント (0) | トラックバック (1)