カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の記事

2017年3月20日 (月)

「受かるか、出来るか」で悩んだときに

テック青木です。

明日は春分の日ですね、最近日の出が早くなってきたのを通勤時間に実感しております(*^^*)。

先週行われたYoutube活用に関する合宿形式のセミナに動画配信受講生として申し込み、
現在2日分の動画を視聴しているところですが、

昔は、企業レベルでないと難しかったマルチメディア戦略(動画、ブログやHP、メルマガ)
が、個人レベルでも使えるようになったことに隔世の感を抱きました(^_^;)。

K0050651

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 「出来るか」ではなく、「出来る条件を作れるか」

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

● 受験計画を立てる時期

 4月に大きな異動がある会社にお勤めの方は、そろそろ内示が出て、
来年度の体制が要員含めてわかる頃かと思います。

 来年度の自分の職場がわかると、受験の計画も立てやすくなりますね。
この時期は、正月休みなどに立てた受験計画を見直す時期でもあります。

 今から計画を立てる人、または見直す人それぞれ、
「これから、試験日まで十分な準備が出来るだろうか?」とお悩みの方も
多いかと思います。



●「出来るか」で悩まず「どうやれば出来るか=出来る条件」を考える

 精神論めいてるようですが、試験までの準備・学習については、
仕事と同じく「出来るかどうか」を考えることは、あまり生産性がなく、
「出来る条件は何か」と現状のギャップをどう埋められるかという観点から
計画を立てていくことが重要です。

 来年度の合格のために準備することが難しいと判断される場合もあると思いますが、
まず、受ける試験の「どの分野で何点(何割)取れば良いか?」を設定し、
現在はどのくらいの点数が取れるのか、
というギャップを把握して、それを埋める方策を考えると、
現実的な判断が出来るかと思います。

 そのためには、まず過去問や模試などを解くことで、上記のギャップを
客観的に認識すると、余計な焦りを産まずに、課題解決に向かえるので、
是非「出来るかどうか」で悩んだ場合、「まず問いてみて」実態を把握し、
ギャップを埋めるための計画建てを始めることをおすすめする次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月13日 (月)

今いるところを捉える全体観を持つ

テック青木です。

6年前の3月11日、私は大きく揺れる職場で、パソコンのモニターを押さえながら、
まずは情報収集しなくてはと考え、
揺れが収まってすぐに、ブラウザを立上げ、ニュースを見たのを覚えています。

亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈りするとともに、被災後も復興の努力を
続けられている方々、それを支援されている方々に敬意を表します。

K3100066

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 今いるところを捉える全体観を持つ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

● 「私はどこ?」の不安と非効率

 最近、「自分の仕事で、何が分からないのか、不十分なのか自体がよく分からない」
という感想を聞く機会がありましたが、

 このように、仕事でも、勉強でも、
「自分がどのレベルなのか、ゴールに向けた工程の中で、今何処にいるのか」
が分からず、不安を抱えている方は多いのではないでしょうか?

 自分の位置と方向が分かれば、まだゴールには距離が合っても、焦らず着実に
進むことが出来ますね。

 そのためにも、まず目標(ゴール)に向けた工程の全体像を押さえて、
その中で自分は今どこにいて、どちらの方を向いているのか(努力の方向)を
把握することが大変重要になります。



●全体像(全体観)を押さえるための基本書や過去問の使い方

 仕事では、まず自分の業務と会社全体、少なくとも所属する部所および直接関連する部所の
目的と仕事の概要を押さえて、そこから自分の業務をもう一度見直すことが必要ですが、

 資格試験の勉強では、基本書と過去問を上手く組み合わせて、
まず基本書の目次から全体構成と各章のページ数≒学習の分量のイメージを持つ、

次に、最新3年間位の過去問をざっと解いて、基本書で対応するところが何処かを確認する。

というステップを踏むと、学習すべき範囲の全体像と自分の位置(既に理解している範囲や
弱点など)を早くつかむことが出来ます。

 それからゴール(試験日)までのスケジュールを作ることで、
効率的に、かつ焦らず学習を勧めることが出来ますので、お試しいただければと思う次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月29日 (日)

オンラインコミュニケーションの使い分け(割り切り)と組み合わせ

テック青木です(^0_0^)。

 東京は30度を超える日も出てきましたが、皆様体調はいかがでしょうか?
テックの職場でもご自身やお子さんの体調不良でお休みされる方が出ています。

 風邪や胃腸など、ご自愛ください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ チームのコミュニケーションについて

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●ラインとメーリングリスト

 テックがお手伝いしている講座では、今までメーリングリスト(以前はヤフー、
今はグーグル)をオンラインのコミュニケーションに使っていましたが、

最近の学生さんはLINEを中心に使っているので、
今年度はLINEもメーリングリストと併用して使い始めました。

 テックは今までLINEを使っていなかったのですが、即応性という点では
確かにメールよりも相手の反応が早いことを実感しつつも、

 チームビルディングや共同作業のプラットフォームとしての使い方には、
かなり工夫がいる(というよりも、他の対面など他の手段なしでは難しい)
と改めて感じた次第です。

●使い分けと組み合わせ

 自分の子供たち(大学生2人)もスマホですべてのコミュニケーションを済ませようとする
傾向があり、メールや対面との使い分けができているのか心配になることがありましたが、

 学生相手に限らず、B2Cを中心にLINEやSNSと従来のメール、HP
などの使い分け(割り切り)は避けて通れませんね。

 一方で社内の業務上のコミュニケーションについては、まだLINEよりメールが
中心かと思いますが、セキュリティや即応性、記録の管理などの面も考慮しつつ、

 とくに人材の面で、IT投資が十分にできない場合に、既にプライベートで使い込んでいる
コミュニケーション手段をいかに取り込んでいくかも、
効率的なIT活用という点での課題かと思う今日この頃です。

皆さんは、どのように組織内のコミュニケーション手段の改善を進められているでしょうか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年5月15日 (日)

社会的出来事から課題を考える

テック青木です(^0_0^)。

昨日は、東京都中小企業診断協会の城北支部総会に参加しました。
会員の3割以上が出席するという大盛況ぶりで、色々な方とお話しすることが出来ました(*^_^*)。

ところで、平成28年5月9日、安倍総理は、総理大臣官邸で知的財産戦略本部を開催し、「知的財産推進計画2016」が決定されました。

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/kettei/chizaikeikaku20160509.pdf

阿部総理は、
・第四次産業革命に向けて、ビッグデータの収集・利用を進めるため、著作物を一定の場合に自由に使えるようにするなど、著作権制度を見直す。
・今後、人工知能が作り出す音楽や小説などの創作物について、どこまで誰に知的財産権を認めるのか、検討を行う。
・地方・中小企業の知財戦略の強化を支援
などのコメントを発表しています。

今後、どのような施策が具体的に出てくるか、注視していきたいと思います。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 社会的な出来事から課題を考える

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

熊本地震は、今でも震度3以上の余震が続いていますね。
被災された方々に心よりお見舞い申し上げるとともに、一刻も早い復興を祈念しております。

東北大震災の時もそうでしたが、今回のような大きな災害が起きた時には、社会面、科学技術面で様々な課題が顕在化します。

この様な課題をニュースなどの報道で見るだけでなく、自分ごととして、どの様な課題が出てくるのか、どう対応すべきかを考える事は、技術士や中小企業診断士の様な専門家としても、社会人としても必要な姿勢かと思います。

なお、熊本商工会議所では、被災した企業向けにワンストップの相談所を設置して対応しているとのことですが、
被災された方々がどの様な問題を抱えていらっしゃるか、
どのような支援を必要とされているのか、
そこから、
今後どの様な防災対策が求められていくのか、
上記の様な活動の状況も注視していく事が求められていると感じる所です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月22日 (月)

知識の使い道を増やす「びんぼうはお金持ち」を読んで

テック青木です(^0_0^)。

最近背中が凝るので、低周波治療器を定額給付金を使って購入しました(*^_^*)。

本当に人に揉んでもらっているようで中々快適ですが、

それでも稽古で道着を着ている時の方が快調(正確には不調を忘れる)ところをみると、

やはり人間気合が大事なようです(^^)。

にほんブログ村 資格ブログへ←応援のワンクリックよろしくお願いいたします(^O^)/。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 知識の方向づけ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 昨日から、

「びんぼうはお金持ち-雇われない生き方で格差社会を逆転する-」

(橘玲)を読んでいますが、

以前読んだ「定年自営のすすめ」(西山昭彦)と同じように、

サラリーマンの働き方に対する考え方の幅を広げる上で、かなり役に立つと感じました。  

ただ、一番面白く感じたのは、ここで取り上げている知識。スキル

のかなりの部分が、中小企業診断士の持つ知識・スキルと重なっ

ていることで、同じ知識でも取り上げ方、視点によってかなりその

効用・使い先が変わるものだと改めて感じた次第です。

<持っている知識の方向付けを変えてみる>

 経営コンサルティングに用いられる知識が、サラリーマンの自立

にも役立つように、我々が今までの仕事の中で身につけた知識、

スキルを再定義してみると、また新たな使い方・適用先が見つかるように思います。

また、自分の持つ知識を経営資源ととらえれば、今度はマーケ

ティングやドメインの再設定など、経営コンサルティングの手法が

新たな適用先を見つける上で有効となりますね。

 ある程度仕事の経験を積んだり、資格試験等を通じて知識を

蓄積したら、今度は、知識やスキルを増やすだけでなく、その

使い道を増やすという方面も意識してみると面白いなと感じる契機となった一冊でした。

 皆さんは、経営資源の最大活用という視点を自分自身に

どのように適用されているでしょうか?

     

>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
忙しいビジネスパーソンが短期間で資格取得を取得するための
メルマガはこちら

メルマガ登録・解除
我ら社内士!資格でキャリアライフを100倍楽しむ
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ★☆最後までお読みいただき、大変有難うございます(*^^*)☆★

━★お友達にこのブログをご紹介ください(^o^)/!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月15日 (金)

過去をネタに今を楽しむ

テック青木です(^0_0^)。

 通勤途中、日比谷公園のバラが仄かに香ってしばし足を留めました。

何人もののサラリーマンが、思い思いに朝のひと時を過ごしていました(*^_^*)。

時に、民主党中川氏の

「これ以上米国債の買い増しはしない」発言でドルが売られていますね。

サブプライムの次は国債バブルの破裂が心配になる今日この頃です。

にほんブログ村 資格ブログへ←応援のワンクリックよろしくお願いいたします(^O^)/。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 過去をネタに今を楽しむ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 久しぶり(ほとんど10年ぶり)に会社の同期会に出て、楽しい時間

を過ごしましたが、研修や独身寮時代など、

「同じ過去を共有」

した仲間と飲むのは楽しいものですね。

それぞれ現在の状況は公私共に変わっていますが、それでも昔話

から始まって、近況を語り合ったり、次回のイベントを相談したりと、

「今この時」をそれぞれに楽しんでいました。

嫌な事でも、過去に起きた事実は変えられませんが、その過去を

ネタにして今を楽しむことは可能ですし、精神衛生上も良いなと感

じた次第です。

その意味でも「過去を前向きに捉える」方が得だなと感じた一夜でした。

皆さんは、同窓会や同期会を楽しんでいらっしゃるでしょうか?  

>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
忙しいビジネスパーソンが短期間で資格取得を取得するための
メルマガはこちら

メルマガ登録・解除
我ら社内士!資格でキャリアライフを100倍楽しむ
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ★☆最後までお読みいただき、大変有難うございます(*^^*)☆★

━★お友達にこのブログをご紹介ください(^o^)/!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月11日 (月)

原理・原則立脚型の予測手法

テック青木です(^0_0^)。

先の連休中に、長男が「現在5月5日の5時55分で5が5つ」と面白が

っていましたが、こういっ た数字並べや語呂合わせは色色なところ

でお目にかかりますね。

にほんブログ村 資格ブログへ←応援のワンク リックよろしくお願いいたします(^O^)/。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 原理・原則立脚型の将来予測

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

テックも愛読しているメールマガジン「ビジネス知識源プレミアム」で、

低利の国債増発から今後 の景気回復時の通貨下落とインフレにつ

いて、定量的に予測されているのを読んで個人的な資産防衛の面

からも考えさせられるところが多分にありました。

表紙画像
ビジネス知識源プレミアム:1ヶ月ビジネス書5冊を超える情報価値をe-Mailで
吉田繁治
毎週水曜日(月によって増刊あり)
630円/月(税込)
>> 詳細 購読する!

←日本の新聞・雑誌が教えてくれない経済・経営の視点とは?

是非プリントアウトしてじっくり読んでください!

<経済学の基本公式から見えるもの>  

今回のビジネス知識源では、

名目金利=GDP実質成長率+物価の期待上昇率

という簡単な公式に基づいて論を進めていますが、

この他にもフィッシャーの公式など、マクロ経済学の基本的な公式か

らも、今後の大きな流れは予 測できることをいつも示していらっしゃいます。

このような、原理原則に立脚した予測は、理解しやすく応用も利きますね。

ただ、予測においては何が起きるかはよりも、いつ起きるかの方が

予測困難なことが多いように感 じます。

これは、何が起きるかは物事のメカニズムが分かればある程度予測

できますが、いつ起きるかは、 そのメカニズムの各要素間のパワー

バランスの推移によるので、天文学の三体運動のように、定量 的な

予測は非常に難しいということによるかと思います。

この、いつ起きるかが分からないことが、予測した事態に対する事前

の対応が遅れる理由(経済も 防災も)にもなっているように思います。

したがって、いつという時期が特定できずとも、予測する事態の予兆の

特定が重要となるわけです ね。

ご自身、あるいはお勤め先では、どのように種々の予測を立てていらっしゃるでしょうか?

>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
忙しいビジネスパーソン が短期間で資格取得を取得するための
メルマガはこちら

メルマガ登録・解除
我ら社内士!資格でキャリアライフを100倍楽し む
powered by まぐまぐトップページへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ★☆最後までお読みいただき、大変有難うございます(*^^*)☆★

━★お友達にこのブログをご紹介ください(^o^)/!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月28日 (火)

豚インフルエンザにみる、リスクに先手を打つことの難しさ

テック青木です(^0_0^)。

 WHOが豚インフルエンザの警戒フェーズを4に引き上げましたね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090428-00000154-yom-int

今後の展開はさらに要注意ですが、今のところメキシコ以外は死者

が出ていないこと、タミフルが 効くとのことなので、比較的冷静に対

処しているように感じます。

怖いのは、ここに鳥インフルエ ンザ由来の新型インフルエンザが重

なることですが、行政にはそこまでのリスクを想定して準備し てもらいたいものです。

にほんブログ村 資格ブログへ←応援のワンク リックよろしくお願いいたします(^O^)/。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 豚インフルエンザにみる予防(先手を打つ)の難しさ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 WHOは「封じ込めは困難なので、被害軽減に注力」との見解を出

していますが、フェーズ4へ の引き上げが遅かったのではないかと

の観測も出ているようです。

 WHOはアメリカや中国などに気を遣って、各種制限の発動も出て

くるフェーズ4への引き上げ をためらっていたと思われますが、

ニュースを見る限り、現状追認に終始しており、先回りして被 害の

拡大を防ぐという姿勢が弱いようにも思えます。

 リスク管理から見た際に、潜在的なリスクへの対応はコストは

顕在化しますが、メリット(被害 の抑制)は目に見えないため、

どうしても後手に回りがちとなります。WHOや各国政府のように 、

配慮すべき分野(食肉業界などもその例ですね)を多く持っている

ほど、先回りしての予防は難 しくなるので、

その分企業や個人レベルでもリスクに備えることが必要となります。

今回の各企業の対応を見れば、今後起こる可能性が高く、豚イン

フルエンザよりもさらに想定被害 の大きな、鳥インフルエンザ由来

の新型インフルエンザについてもどのような対応をとる能力があるか

が伺えるのではないかと思って、注視しています(テックの勤める企業

でも昨日時点で、イン トラ経由でメキシコへの渡航自粛や、症状が出

たときの出社自粛などの通知が行われました。)

皆さんの会社では、今回の豚インフルエンザ発生に対して、どのような

対応を取っていらっしゃる でしょうか?

>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
忙しいビジネスパーソン が短期間で資格取得を取得するための
メルマガはこちら

メルマガ登録・解除
我ら社内士!資格でキャリアライフを100倍楽し む
powered by まぐまぐトップページへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ★☆最後までお読みいただき、大変有難うございます(*^^*)☆★

━★お友達にこのブログをご紹介ください(^o^)/!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年3月 9日 (月)

シャドーワークと社内士の効用

テック青木です(^0_0^)。

これから年度末に向けて忙しくなってきますね。

花粉症の季節でもありますが、テックは今のところハーブオイルを

付けたマスクで何とかやり過ご しています。

にほんブログ村 資格ブログへ←応援のワンク リックよろしくお願いいたします(^O^)/。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ シャドーワークと社内士

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 最近、朝の異業種勉強会で「シャドーワーク」をテーマに取り上げ、

メンバーの社内外での体験 を語り合っています。

以下の書籍でも、組織で規定された権限や役割分担、意思決定

プロセスには乗ってこない、個人が 自主的な意思と裁量で編み出す

ような仕事を「シャドーワーク」と呼んでいますが、このような活 動が、

いわばイノベーションの元にもなっていると感じることは多々ありますね。

<社内士とシャドーワーク>

シャドーワークを個人ベースで行う際に、資格というのは非常に有効な

ツールになるかと思います 。

シャドーワークに限らず、何かの活動を続ける上で「場」を得ることは

非常に重要ですが、技術士 は中小企業診断士のネットワークはそれ

自身はもちろん、そこで知りえた人たちと別途情報交換を 行うなど、

場を広げるのにも役に立ちます。

それと同じくらい大事なのは、シャドーワークを始めるきっかけ(動機)

作りでは無いでしょうか ? 

普段職場で自分の範囲の業務を見ているだけでは中々シャドーワーク

のための気付きも得にく いかと思います。

外から組織を見る目を得、シャドーワークのきっかけを作るうえでも、

資格というのは非常に大き な効用があると思います。

皆さんはどのようなシャドーワークに取り組んでいるでしょうか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
忙しいビジネスパーソン が短期間で資格取得を取得するための
メルマガはこちら

メルマガ登録・解除
我ら社内士!資格でキャリアライフを100倍楽し む
powered by まぐまぐトップページへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ★☆最後までお読みいただき、大変有難うございます(*^^*)☆★

━★お友達にこのブログをご紹介ください(^o^)/!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年3月 5日 (木)

東大を飛び出したアントレプレナーシップオープンスクールのご紹介

テック青木です。(^0-0^)

久しぶりの更新となりましたが、本日は東大の講義から公開講座になった、

アントレプレナーシップを学ぶ講座をご紹介します。

主催者は、「お先に失礼する技術」など多くの著書を出している柴田さんです。

資格や単位を取るための講座ではありませんが、ボランティアで多くの社会人も参加している、

ユニークな試みですね。

***アントレプレナーシップ論オープンスクールのご案内***

     http://blog.openschooljapan.org/

====================================================

これまで7年間理系大学院生向けに開講してきた講座を今年も、

開講します。どこの大学の学生でも参加できます!

『ビジネスの基礎を学びながら"アントレプレナーシップ"を体感しよう!!』

アントレプレナーシップとは「これが問題だ!」と思った時、

“誰か”ではなく“自分自身”で解決の一歩を踏み出す心意気です。

その心意気をビジネスとして実現する方法を考えていくのが本講座です。

◇説明会

 ○日時:417()1930-2130

 ○会場:文京シビックセンター3F 会議室1

       東京都文京区春日1-16-21     

http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_shisetsukanri_shisetsu_civic.html

 ○事前申込み:http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P97723139

(会場、時間等が変更になる場合がありますので事前に登録下さい)

 ○問い合わせ:2009_openschool-entre_inquiry@yahoogroups.jp

◇開講期間

  4月から7月までの、水曜の夜、19:30-21:3012回開催します。

  *4月は都合により金曜に開催。

   最終回は土曜日1日かけて最終発表会を開催します。

◇どんな内容のオープンスクールなのか

  これまで、事業や経営、経済などにあまり関心がなかった人に

  事業や経営、経済の基本的なことを伝えるオープンスクールです。

  理系の人に自分の技術をもとに事業を始めてもらえるように

  なってもらうことを基本と考えています。しかし、事業は理系だけ

  ではなく文系の人も一緒にやっていくものなので、文系の人も

  参加できます。

 <主な講座内容>

  ・マーケティング基礎

  ・会計/財務基礎

  ・ベンチャー企業の経営分析

  ・企業訪問

  ・プレゼンテーション

  ・チームワーク

 <講座の特徴>

  受講生51組でチームとなってもらい、毎週課題を提出して

  もらいます。各チームには、20代から30代の社会人が

  アドバイザーとしてつきます。

 <過去の講座の様子>

  2008 http://zoome.jp/OpenSchool/diary/64/ 他

  2007 http://blog.openschooljapan.org/?eid=779277

  2006 http://entreblog.exblog.jp/

 <講師陣>

  *柴田英寿

   ワシントン大学MBA。日立製作所にてシステムエンジニア。

   MBA友の会、ビジネスIPRなどを主催。東京大学大学院

   にてアントレプレナーシップ論を担当。

  *永井義人

    新商品・新規事業開発コンサルタント。リクルートMixJucice

    立ち上げメンバ。ボトルメール開発者。事業企画等を担当。

  *RM

   カーネギーメロン大学MBAMKSパートナーズにてインベスター

   リレーションズ。公認会計士。ヒューマンスキルなどを担当。

 

  **講師は変更になる場合があります。

   

◇どんな人が参加できるのか

  1) 理系の大学院生を主要な受講生と想定しています。

  2) 理系でなくても、大学院生だなくても参加できますが、

    内容が少し合わないかもしれません。

  3) 学校の授業の都合、研究室の都合、アルバイトの都合、

    就職活動の都合などから見て、3ヶ月間続けられそうな人

◇良くある質問

 Q1.無料なのですか?

   無料です。ただし、会場に来る交通費などは実費で必要です。

 Q2.単位になるのですか?

   特定の大学とは関係ありませんので単位にはなりません。

 Q3.文系、学部生でも参加できますか?

   参加できますが、事前に相談しましょう。

 Q4.複数人(チームなど)で参加できますか?

   参加できますが、事前に相談しましょう。

 Q5.自分のビジネスプランのブラッシュアップのために参加できますか?

   参加できますが、今回のオープンスクールは初めて、事業や経営、

   経済を勉強する人に合わせていますので、必ずしも求めるものは

   ないかもしれません。事前に相談しましょう。

 Q6.社会人でも参加できますか?

   参加できますが、主な対象は大学院生です。

 Q7.開講期間中にどうしても欠席しなくてはならない日があるのですが?

   極力全回参加していただきたいですが、欠席に関しては

   相談しましょう。

  Q8.どうして理系向けなのですか?

   理系には限りませんが、自分の技術で世界を良くすることに貢献

   したい人を中心に考えています。

*****************************************

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
忙しいビジネスパーソンが短期間で資格取得を取得するための
メルマガはこちら

メルマガ登録・解除
我ら社内士!資格でキャリアライフを100倍楽しむ
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ★☆最後までお読みいただき、大変有難うございます(*^^*)☆★

━★お友達にこのブログをご紹介ください(^o^)/!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧