カテゴリー「おすすめサイト」の記事

2017年4月17日 (月)

ネット検索のちょっとしたポイント

テック青木です。

先日、樺澤塾の撮影会に参加してきました。

今回のテーマは、短時間で調査を行う方法というもので、
ネット⇒本⇒専門家に直接聴く
の3ステップについて、非常に実践的なお話を伺うことが出来ました(*^^*)。

Internetsearchengine1519471_640


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 調査のためのネット検索について

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

● 先日の樺澤塾でネット検索のテクニックについてお話を伺う機会を
得ましたが、私自身、仕事や資格試験の中でネットを活用していたので、
大変参考になりました(*^^)v。

樺澤塾は残念ながら非公開なので、ここであまりお話出来ないのですが、
ネット検索に関連して私が幾つか利用しているTipsをご紹介したいと思います。

●官公庁の情報について

まとまりのある、かつ信用のおけるネット情報として、官公庁の情報がありますね。

グーグルなどで直接検索する、目当ての官公庁のサイト内で検索するなどの方法がありますが、
その際に私がおすすめするのが、
調べたいキーワードに「白書」を加えて検索することです。

かなりの分野で現在・・・白書が出ていますが、
白書の長所として、
・その分野の情報がコンパクトにまとまっている
・ある程度の期間に渡って毎年出ているので、時系列の変化も追いやすい
・データーや引用文献が豊富(ものによっては、エクセルデータなどをダウンロードすることも可能)

などがあります。また、これは白書に限りませんが、
官公庁情報は引用しやすいというのも見逃せない長所です。

白書の他には、「産構審」(産業構造審議会)も、現在進行系や過去の見当内容を調べる上では有効な方法だと思います。
さらに、今後の予定を見る場合は「開催案内」も押さえておくと良いですね。

●ビジネス書の要約サービス

 樺澤さんも、ネット情報の裏とりとして書籍を使うことを推奨していますが、
私は、ビジネス書や教養本のサマリーを提供しているメルマガや、雑誌も活用出来ると考えています。

 普段から自分の専門以外の分野のサマリーに触れる機会を得られるだけでなく、分野やテーマごとに読むべき本をまとめて紹介してくれていたりするので、
自分にとって新しい分野について取り敢えず代表的な本が何かを知る上でも役立っています。

 私が使っているのは、
メルマガは「ビジネス選書&サマリーリーダーズ」
http://www.mag2.com/m/P0000498.html
藤井孝一

雑誌及びサイトでは、
「TopPoint」トップポイント
https://www.toppoint.jp/top

Toppoint


です。

メルマガは無料版もありますので、まずそちらから始めてはいかがでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月26日 (日)

各士業の会員サイトについて

テック青木です(^0_0^)。

 先週は、お手伝いしている講座の課題発表会。ベンチャー企業の社長さんから
いただいた課題にたいして、学生さんたちは四苦八苦しながらプレゼンして
多くのコメントを社長さんから頂きました。その後の懇親会も大いに盛り上がりました(#^.^#)。

翌日は、企業内中小企業診断士の会合で、勤め先の決算書(公開資料)をお互いに
説明。全くの異業種の方たちのお話は、いつ聞いても色々な刺激をいただきます(^^)v。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 各士業の会員サイトについて

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●技術士会の会員サイト
 ご案内の通り、~士と名がつく国家資格については、
会員向けのサイトがあります。

日本技術士会では、以下のトップページから会員サイトに入ると、
http://www.engineer.or.jp/

色々なお知らせ、関連政策を含めた情報提供、
名簿や各種データベースへの登録
会誌のバックナンバーのアーカイブ

などが掲載されています。

また、マイページには、以下のようなコンテンツが用意されています。

CPD等行事予定

CPD行事内容をHPから視聴

CPDのWEB登録・管理

技術士パーソナルDBへの登録

WEB名簿検索(会員情報検索)

本人情報変更申請


●中小企業診断協会の会員サイト

中小企業診断協会の会員サイトでは、
診断士の登録・更新のための研修等の情報、
会員向け各種イベントなどの情報が掲載されています。

また、私が所属している東京都診断協会の会員サイトには、
会報のバックナンバー、各種規定類が掲載されています。

なお、中小企業診断協会や東京都診断協会のサイトは、
会員以外の方が見られる部分にも色々な情報が掲載されていて、
大変参考になるので、一度ご覧になることをお勧めいたします。
中小企業診断協会 http://www.j-smeca.jp/
東京都中小企業診断士協会 http://www.t-smeca.com/

●東京都行政書士会の会員サイト

 こちらは、技術士会や中小企業診断協会と比較して、
関連する政策動向のニュースが一番充実していると感じます。
また、会報のバックナンバーや各種研修の案内が掲載されているのは他の士業と同じですが、
行政書士会では、特にインターネットを利用したオンライン講座が充実しています。

また、中小企業診断協会と同じように、会員サイト以外の一般サイトもかなり充実しています。

日本行政書士連合会 https://www.gyosei.or.jp/
東京都行政書士会 http://www.tokyo-gyosei.or.jp/

上記の他にも
診断士、行政書士には都道府県のさらに下の支部もサイトを持っているので、
ご自分の近くの支部ではどんな活動をしているのかを見てみるのも、どんな資格を取るかや、受験勉強のモチベーション維持に役立つと思います。

皆さんは、どのような会員組織に入って、そのサイトを利用されているでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月20日 (金)

センス・オブ・ワンダーに触れる「科学テーマのポッドキャスト」

<サイエンス・トーク>

 テックは以前、最先端の科学技術の研究者へのインタビューを掲載したメルマガを愛読しておりました。
 残念ながらそのメルマガは休刊してしまったのですが、最近「サイエンストーク」というポッドキャストを見つけました。

 URL:http://www.tbs.co.jp/radio/xitalk/

 脳、心から宇宙まで幅広い分野の研究者を迎えて数回に渡って最先端の研究を分かりやすく解説してくれるトーク番組です。

 例えば「涙と心と脳の関係」では「俳優の流す涙は、普段の涙とは脳科学から見てどのように違うのか?」、「心のコントロールとフラダンス」など「お硬い研究者」のイメージとは全く違う、まさにSF的な「センス・オブ・ワンダー(知らない世界を覗くワクワク感)」を味わえる番組ですので、是非一度視聴してみてはいかがでしょうか?

★☆最後までお読みいただき、大変有難うございます(*^^*)☆★

| | コメント (3) | トラックバック (1)