カテゴリー「行政書士」の記事

2017年9月10日 (日)

動画を学習に使うときのコツについて

Leaves1363766_640

テック青木です。

今年度上半期もあと3週間ほどとなりましたね。

先週もお伝えしたとおり、技術士一次試験まで約1ヶ月、
中小企業診断士二次筆記試験は10月22日と1ヶ月と10日となって
きました。

行政書士試験までは約2ヶ月。

どんな試験を受けるにしても、夏の間に溜まった疲れが出てきやすいこの時期、
体調に気をつけて、栄冠を勝ち取られることを心より祈念しております(*^_^*)。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 動画学習の使い方

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

● YouTube、通信講座など動画コンテンツンの充実

通信教育やYouTubeなど、最近の学習コンテンツはますます動画が充実してきましたね。

私も、行政書士試験については、DVDとネットからのダウンロードの
両方が使える通信教育と、通常の問題集を併用していました。

動画の良いところは、目と耳の両方を使えるため、特にインプットに適している
(覚えやすい)ということかと思います。

● 通勤時間の動画の使い方

通勤時間など移動している時間は、問題を解くとしたら単語帳のような一問一答
形式の問題以外は中々難しいので、インプット中心になるかと思います。

今はスマホで見れる動画が多いので、イヤホンとスマホで移動中に動画で
インプットすることは有効な時間の使い方かと思います。

とはいえ、歩きスマホは危ないですし、スマホの小さな画面では目も疲れますね
(私のように老眼が始まっているとなおさらです(^_^;)。

なので、移動時間の学習では、動画といえども音声学習に近い使い方となるのが
現実的ではないかと思います。

ただ、動画は音声専用の教材と異なり、当然ながら画像を見ることが前提となって
いますので(というよりも画像が主で音声は従の方が多いかと思います)、音声だけでは内容を完全に理解することは難しいですね。

そこで、移動時間に動画を使う際には、自宅のPCなどで一度見た動画の復習に
使うか、テキストがついている場合は、まずざっとテキストに目を通してから
動画を使うと音声学習的な使い方でも理解しやすくなりますので、お試し
いただければ、大変幸いに存じます。

 なお、動画はテキストと異なり、いわゆる「パラパラ読み」が難しいので、
全体の概要を捉えにくい面があります。

そこで、付属のテキストを先にパラパラ読みするか、動画の場合は早送りしながら、
まずは全体を通してみてから、必要な所をじっくり視聴するというやり方も、特に自分のあまり知らない分野について勉強する場合にはお勧めの方法です。

あなたはどのように動画を活用されているでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月20日 (日)

読書やニュースからのインプットのまとめ方

Bedroom2591255_640

テック青木です。

私の勤め先は特に会社一斉の夏休みがないため、
週に1日ほど、ポツポツとお休みをいただいています。

とはいえ、先週は取引先の企業や大学の方たちに夏休みの方が多かったので、
だいぶ余裕がありましたが、今週から通常モードとなり、打合せの予定なども
それなりに入ってきました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 読書やニュースからのインプットのまとめ方

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

夏休みはまとまった時間も取りやすいので、試験勉強はもちろんのこと、
普段よりも読書をする機会が増えたように思います。

普段から時事問題、あるいは仕事そのものに関連して、ニュースや読書の内容をメモしておこうと考えた時に、さて、どのような方法でまとめておくと良いでしょうか?

わたしは、「アウトプットの方法を具体的に決めてまとめる」ということを意識しています(というか、意識しようと努めています)。

例えば、行政書士試験を受ける方なら、記述式に合わせて40字でまとめる、
技術士二次試験を受ける方なら、メモを取っておいて、時間のある時に自分の
意見も加えてある程度まとまった文章にしておくなどの方法があるかと思います。

私の場合は、
本業に関連するニュースは、4つほどの分野に分けてエクセルに時系列でネタ元のURLを入れて記録するという方法をとり、

このメルマガやブログのネタになりそうなものについては、スマホのメモ帳またはツイッターを使って忘れない程度にキーワードを書き込んでおいて、週末にブログやメルマガの形にして利用する、使わなかったものは、そのままスマホのメモ(icloudのメモ帳)にツイッターの文章もまとめて入れておく。

と言った方法をとっています。

せっかく貴重な時間を使ってインプットするのですから、その事(読書など)自体を楽しむのはもちろんのこと、最大限活用したいですね(*^^*)。

あたなは、読書やニュースの感想などをどのような形でまとめていらっしゃるでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月11日 (日)

幹事の効用

Photo_2

 

テック青木です。

先日の企業経営研究会で紹介いただいた、「ライフシフト」を読んでいるところですが、健康、投資、キャリア、人付き合いの全てに渡って、計画を立て、かつそれを随時見直すことが必要だと改めて感じました。

「複線キャリア」「二毛作」を考えると、「社内士」というのも一つの解でになり得ると、意を強くした次第です(*^^)v。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 「幹事」の効用

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

● 研究会や同窓会の幹事

今まで、士業関連の研究会には会員として参加するだけで、
幹事はやっていなかったのですが、今回とある研究会では
幹事の一人に加わらせて頂きました。

大学時代の部活の幹事はもう20年以上やっているので、
幹事を引き受けるメリットは心得ていたつもりでしたが、

今回、士業の集まりの幹事(実際の仕事はまだ2回しか
してませんが)をやってみて、幹事を引き受けると、
その会の性格が分かり、また会員や主催者とも親しく
なれるという当たり前のことを実感いたしました。

何事もギブアンドテイクですね(*^^*)。

● 勉強会の幹事を引き受けましょう

資格試験を独学、あるいは資格の学校に通うなどして進めている
方の中には、別途勉強会に参加される方もいらっしゃいます。

そのような機会があれば、幹事やお手伝いを引き受けると、
勉強の内容に主体的に関わるので、学習効率も上がりますし、
大抵の場合、幹事が先生役や説明役を引き受ける機会が多くなるので、
「人に教えるのが最高の勉強法」との通り、勉強会のメリットを
最大限活用出来る立場に立てるかと思います。

今ならフェースブックやSkypeなどで、バーチャルな勉強会も
開催出来ますので、SNSも適宜活用しながら勉強会を企画しては
いかがかでしょうか?

● 過去問参考書のご紹介

技術士、中小企業診断士、行政書士の
過去問題集を以下にご紹介いたします。
問題集選びのご参考になれば幸いに存じます。

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説(第7版)
http://amzn.to/2p8JlQ8

技術士教科書 技術士 第一次試験問題集 基礎・適性科目パーフェクト 2017年版 (EXAMPRESS)
http://amzn.to/2p8SxEr

中小企業診断士 最短合格のための 第1次試験過去問題集 (1) 企業経営理論 2017年度
http://amzn.to/2pSyIQO
⇒このシリーズで他の一次試験の分野の過去問も揃えてはいかがでしょうか?

2017年版 中小企業診断士試験 2次試験過去問題集
http://amzn.to/2pie8VT

2017年版出る順行政書士 ウォーク問過去問題集 1 法令編
http://amzn.to/2qclTBY

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月21日 (土)

行政書士試験のサブノートをアップしました。

テックです(^0-0^)。

H27年度の行政書士試験で作成した、サブノートをアップします。

テックが間違えた問題や重要と思われるポイントを、
記述式問題の形式でまとめたものです。

法制度などはどんどん変わるので注意が必要ですが、
行政書士試験を受ける方のご参考になれば幸いに存じます。

「H27gyouseishoshi.doc」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)