カテゴリー「資格の活用」の記事

2017年6月25日 (日)

日本技術士会の技術士制度の改革提案と自己研鑽

Photo_2

テック青木です。

ライトシフトに続いて、ワーク・シフトを読み終わりました。
ゼネラリストでも、単発のスペシャリストでもなく、
連続スペシャリスト(時代に合わせて専門分野を変えていく)や、
消費から体験に価値基準が変わっていくなど、
社内士としても大変貴重な示唆を得ることが出来ましたq(^o^)p。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 日本技術士会の技術士制度の改革提案と自己研鑽

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

● 日本技術士会が技術士制度改革について提言(中間報告)を公表

日本技術士会は、6月13日に、
文部科学省科学技術・学術審議会技術士分科会において「今後の
技術士制度の在り方について」の報告書が取りまとめられたことを
受けて、今後の技術士分科会等での審議に資するため、
「技術士制度改革について(提言)-中間報告-」を取りまとめ、公表しました。

https://www.engineer.or.jp/c_topics/005/005099.html

今回の提言のうち、私が特に注目したのは、以下の項目です。

.一定の研鑚と登録事項の確認を目的とした更新制度の導入
①更新対象者:全ての技術士を対象
   複数部門登録者は1回の更新で複数部門の更新を可能
   廃業後も技術士として社会貢献等を行っている高齢者が存在することから、
   業務実態や更新の負担等を勘案し、その取扱いの検討が必要
②更新期間:他の資格制度の更新期間を参考に5年程度が適当(本文別添1)
③更新条件:
「更新講習」の受講を条件、講習は技術者倫理など部門横断的内容


出典:「技術士制度改革について(提言)(中間報告) (日本技術士会HP)

● 更新制度と技術士としての自己研鑽

今回の提言では、更新制度の目的として、生死や就業など、技術士の
実態の把握と、技術士の自己研鑽の促進を上げていますが、

私が入っている他の士業と比較すると、
中小企業診断士では、コンサルタントの実務が更新の要件に入って
いることが大きな違いとなります。

行政書士は、全員に課される更新制度というものはありませんが、
行政書士会に登録して会費を払っていることが、行政書士として
の実務で生業を立ててるという、能力証明になっており、それで
良しとされているようにも感じられます。

● 技術士の「実務」の定義と評価方法

今回の技術士会の提言では、講習の受講を要件とすることを提案していますが、
中企業診断士のように、実務能力も更新制度の中で担保しようと今後
考えていくとすれば、
技術士としての実務の定義と、実務に従事している実績の評価方法が
今後の課題になるかと思います。

企業内で、技術的な知見を活かすのも技術士の実務として認められる
べきであり、何らかの形で技術コンサルティングをされている方以外
の実務をどのように定義し、評価するのかは大きな課題であり、
今後の議論の行方が気になるところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月11日 (日)

幹事の効用

Photo_2

 

テック青木です。

先日の企業経営研究会で紹介いただいた、「ライフシフト」を読んでいるところですが、健康、投資、キャリア、人付き合いの全てに渡って、計画を立て、かつそれを随時見直すことが必要だと改めて感じました。

「複線キャリア」「二毛作」を考えると、「社内士」というのも一つの解でになり得ると、意を強くした次第です(*^^)v。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 「幹事」の効用

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

● 研究会や同窓会の幹事

今まで、士業関連の研究会には会員として参加するだけで、
幹事はやっていなかったのですが、今回とある研究会では
幹事の一人に加わらせて頂きました。

大学時代の部活の幹事はもう20年以上やっているので、
幹事を引き受けるメリットは心得ていたつもりでしたが、

今回、士業の集まりの幹事(実際の仕事はまだ2回しか
してませんが)をやってみて、幹事を引き受けると、
その会の性格が分かり、また会員や主催者とも親しく
なれるという当たり前のことを実感いたしました。

何事もギブアンドテイクですね(*^^*)。

● 勉強会の幹事を引き受けましょう

資格試験を独学、あるいは資格の学校に通うなどして進めている
方の中には、別途勉強会に参加される方もいらっしゃいます。

そのような機会があれば、幹事やお手伝いを引き受けると、
勉強の内容に主体的に関わるので、学習効率も上がりますし、
大抵の場合、幹事が先生役や説明役を引き受ける機会が多くなるので、
「人に教えるのが最高の勉強法」との通り、勉強会のメリットを
最大限活用出来る立場に立てるかと思います。

今ならフェースブックやSkypeなどで、バーチャルな勉強会も
開催出来ますので、SNSも適宜活用しながら勉強会を企画しては
いかがかでしょうか?

● 過去問参考書のご紹介

技術士、中小企業診断士、行政書士の
過去問題集を以下にご紹介いたします。
問題集選びのご参考になれば幸いに存じます。

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説(第7版)
http://amzn.to/2p8JlQ8

技術士教科書 技術士 第一次試験問題集 基礎・適性科目パーフェクト 2017年版 (EXAMPRESS)
http://amzn.to/2p8SxEr

中小企業診断士 最短合格のための 第1次試験過去問題集 (1) 企業経営理論 2017年度
http://amzn.to/2pSyIQO
⇒このシリーズで他の一次試験の分野の過去問も揃えてはいかがでしょうか?

2017年版 中小企業診断士試験 2次試験過去問題集
http://amzn.to/2pie8VT

2017年版出る順行政書士 ウォーク問過去問題集 1 法令編
http://amzn.to/2qclTBY

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月22日 (水)

オンライン資格講座にみる「スマホと時間という市場での競争」

少し前になりますが、
オンライン通信講座「通勤講座」を運営するKIYOラーニング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:綾部 貴淑)は、2016年5月に「通勤講座」の有料受講者数が1万人を突破と発表しました。

https://manabiz.jp/news/20160605.html

この企業は、いわゆる「週末起業」から始まり、
2014年には、経済産業省主催「がんばる中小企業300社」に選出されていますが、

中小企業診断士から始まり、司法書士、宅建、FP、司法試験、税理士、行政書士、簿記など分野を広げるとともに、
スマートフォン向けの学習機能を強化して、
通常の資格の学校や通信教育よりもかなり低い価格で講座を提供しています。

●スマホ×通勤時間という市場
 いまや通勤電車の中でスマホを使っている人の方を多く見かけるようになりましたが、
通勤時間中のスマホの利用という市場で、
ゲーム、メール、ニュース、勉強(通信教育)など、複数の異なる分野が競争している状況が今回の記事からも垣間見えますね。

テックは、例えば「音楽を聴きながらメールを見る」、
「ヒーリングや集中力向上などの音楽(効果音)を聴きながら勉強する」、
「ニュースを聞きながら好きな画像や動画を眺める」
など、スマホ×通勤時間という市場をさらに「視覚と聴覚」に細分化して、
それぞれに応じた商品・サービスを提供するなど色々な試みが行われてくると感じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 1日 (日)

クラウドソーシングの士業への影響

ZUUオンラインに、
日本のFinTechスタートアップ18選 「経営・業務支援」
https://zuuonline.com/archives/104745
という記事が掲載されてますが、

その1番目に、
日本のFinTechスタートアップ18選 「経営・業務支援」
中小企業と専門家のマッチングを図るクラウドシステム
「SHARES」(https://shares.ai/)を運営するココペリインキュベートが紹介されています。

SHARSは中小企業向けコンサル・業務支援に特化したクラウドソーシングですが、

弁護士、弁理士、公認会計士、税理士、司法書士、社会保険労務士、行政書士、
中小企業診断士らが揃っており、契約書の作成や商標登録、債権回収、登記変更など、
幅広い専門相談をスポット依頼できるメリットをうたっています。

ユーザーは見積もり依頼を出すことで、価格と依頼内容に合った専門家を紹介してもらえる仕組みとなっています。

●士業のプラットフォームか、価格.comか、

上記のようなサービスは、ユーザーからみると、
「誰に頼めばよいか分からないので、教えてほしい」
「必要な時だけ、必要なサービスを受けたい」
「なるべく安く、だけど安心できる相手に頼みたい」
というニーズに応えてくれるものといえます。

逆に、士業(専門家)からみると、
自身のPR、集客を受け持ってくれるというメリットがあるわけですが、

その一方で、価格.comでユーザーに比較される企業のように、
「顧問契約などで固定客化したい」
「価格競争に巻き込まれず、他者と差別化したい」
というサプライヤー側のニーズとは真逆のビジネスモデルとなりますので、

このようなプラットフォーム型ビジネスの台頭は、
士業の収益性の面では脅威となる可能性もあると考えています。

●士業の二極化とプラットフォームビジネス
上記のようなプラットフォームビジネスは、
会計・税理の分野の法人が、他の士業の分野も含めたプラットフォーム
(顧客に対するゲートの確保)を形成しようとしているのと共通するところがあり、
おそらく
あるレベルまでのサービスを提供する専門家は否応なく影響を受ける可能性が高いと考えています。

一方で、ニッチな分野に特化した、非常に高い専門性を持った専門家は、
これらのプラットフォームとは別に、既存顧客や取引先などのネットワークを通じて、
価格競争に巻き込まれないビジネスができるし、それを実践されていますね。

今後、クラウドソーシングのようなネット上での(AIも使った)プラットフォームと、
人的なネットワーク(これも、個人レベルでのプラットフォームと言えるかもしれません)
のあいだで、士業の二極化が進んでいくなかで、
自分はどちらを選ぶのかを考え、実践していかなくてはと思う次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 2日 (日)

本ブログの紹介

本ブログの紹介兼ごあいさつのページです。

※最新記事は次ページからとなります。

こんにちは、テック青木です。

大学生の子供二人を持つ、ごく普通のサラリーマン(定年後に向けて、コンサルタントとして開業準備中)です。

1999年から、2004年にかけて、技術士(機械部門、総合技術監理部門)と中小企業診断士を取得したのをきっかけに、2006年3月に「サラリーマン の資格活用と知的生産の技術」ブログを開き、

その後2016年4月に行政書士を取得して、ブログ名を「ビジネスアイデア・情報ノート」と変更しました。

 日々のビジネスや社外での交流から得た、主に中小企業・ベンチャーの方向けの補助金等の情報、ビジネスアイデアとその発想法に関する気付き・ヒントを記録していますので、どうぞご覧ください。

なお、

★資格を取得し、キャリアライフで活用するためのヒントを
「我ら社内士!」
ブログで提供しています(^_^)v。

また、テックが受験で利用したサブノートなど自作の学習ツールなどは、
「短期に無理なく資格をとるページ」

に掲載していますのでこちらも合わせてご覧ください。

|