« 技術士一次試験一ヶ月前の過ごし方 | トップページ | 中小企業診断士二次試験一ヶ月前の過ごし方 »

2018年9月15日 (土)

9月の三連休の活用方法について

Fall1072821_640

テック青木です。

スーパーに買い物に出かけると既に「敬老の日」特売が始まっていました(^_^;)。

この日に何かを買ってあげる側から買ってもらう側になるのはいつの日か。

その日をなるべく遅らせるべく、今日もジムで自転車を漕いでおります(^^)v。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 3連休の活用方法

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

● 9月17日、24日の月曜日は祝日

2018年の9月は、15日~17日、22日~24日が三連休ですね。

今年は4連休、5連休のシルバーウィークにはなりませんが、それでも
会社づとめの方にとっては貴重な連休となります。

既に、行楽や家族サービスの予定を立てているかとも多いかと思いますが、
この時期ならではの勉強への活用もぜひ検討いただければと思います。

● 模擬試験、本番形式の予想問題集

まず、数時間まとまって時間が取れれば、模擬試験や予想問題集で
本番形式のアウトプットを行うのが、効果的な使い方ですね。

時間を図りながら、本番と同じフォーマットの問題用紙と解答用紙を
使って、設問へのアンダーラインやメモのとり方なども含めて
解答することが、本番で冷静に対応できるためにも重要となります。

なお、答え合わせの際には、単に正解かどうかだけでなく、自分の答えの出し方
(道筋)もあっていたかを解説などから確認しておくと、今後の学習に役立ちます。


● 苦手分野の集中練習

私は中小企業診断士の二次試験で財務・会計を苦手としていたので、
時間が取れるときに、問題集のこの分野を集中して解くことをしました。

こういった苦手分野については、上述の本番形式ではなく、
例えばキャッシュフロー計算ならそれだけを問題集の中から抜き出して
なるべく多く解いてみるといった方法が効果的かと思います。

その場合も、答え合わせの際に、答えの出し方(解答のフロー)のどこに問題があったかという視点でチェックすること(自分の苦手なフェーズは設問を読むところから回答を書くまでのどこなのかを明らかにすること)が、苦手克服に繋がります。


● 生活リズムの立て直しと維持

3連休といえども、朝遅くまで寝ているといったことは避けて、平日と同じ時間(あるいは、試験本番と同じ時間)に起きることが、生活リズムの維持という点から大事だと思います。

なお、夏バテなどからの回復のために、睡眠時間を多く取りたい場合は、寝る時間を早めるほうが、起きる時間を遅くするよりもお薦めです。

まだ、若干暑い日もあるようですが、ここで体調を立て直して、ぜひ本番に向けて
走り続けて下さいq(^o^)p!



|

« 技術士一次試験一ヶ月前の過ごし方 | トップページ | 中小企業診断士二次試験一ヶ月前の過ごし方 »

スケジューリングと時間管理」カテゴリの記事

中小企業診断士受験」カテゴリの記事

学習教材、勉強法」カテゴリの記事

技術士試験」カテゴリの記事

行政書士」カテゴリの記事

資格を取ろう!」カテゴリの記事

資格試験の勉強方法、情報収集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171219/67171208

この記事へのトラックバック一覧です: 9月の三連休の活用方法について:

« 技術士一次試験一ヶ月前の過ごし方 | トップページ | 中小企業診断士二次試験一ヶ月前の過ごし方 »