« 技術士二次試験一ヶ月前の過ごし方 | トップページ | 中小企業診断士一次試験1ヶ月前の過ごし方 »

2018年7月 1日 (日)

技術士二次試験2週間前の過ごし方

Hook881444_640

テック青木です。

なんと関東地方は既に梅雨明け(^_^;)。

今年は例年以上に暑くなりそうで、私も冷却スプレー(服にかけて、
汗をかくとヒンヤリするもの)を何本も買い込みました。

この季節、とにかく水分補給と寝不足には要注意ですね。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 技術士試験10日~1週間前からの見返し

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

● 平成30年7月15日及び16日は技術士二次筆記試験

技術士二次試験まであと2週間となりました。


 試験間近になるとどうしても焦りが出てきますね。
このような時は、今までやっていないところよりも、まずは今までやったところの
見返しを行うことで「これだけやったんだ!」という自分の努力の再認識を兼ねた
復習が効果的です。

 そのうえで、もう一度インデックスとなるサブノートなどで知識の体系化を図っておくことが、特に記述方式の試験では答案の一貫性を確保する上で重要になります。


・捨てる勇気と捨てない根気

試験が近くなってくると
「やることはこれだけで良いのだろうか?」
という迷いが生じて、ネットなどで情報や教材を探す誘惑に駆られることがありますね。


<新しい知識・教材は切り捨てる勇気>

この時期、「なにか足りないものがあるではないか?」という恐怖感から、
自分の知らない有益な情報源や教材をチェックしてしまうことがままありますが、
この時期は今まで学んだことの復習のみに集中することが必要です。


記憶のメカニズムからも、何回も同じものを繰り返すことが有効とされています。


新しいものを使うとすれば、それはインプットのためではなく、
アウトプット=本番と同じ形式の問題演習(予想問題集や模擬試験)にすることが
有効かと思います。
(これは、新しい知識を入れるためではなく、今ある知識を使って、問題を解く
練習なので、新しい教材を使う価値があるかと思います)


<あきらめない根気>

 これとは別に、今までのサブノートなどを見返していて
「あそこも覚えていない、ここも覚えていない、もうだめだあああ」
と落ち込んでしまうのも1ヶ月くらい前からこの時期によく起きることだと思います。

 どんな試験でも、平均6~7割(足切りは4割位)取れれば合格できるものです。
ご自分が作ったサブノートを見て、覚えていないところが4割出てくるということは
まずありませんね(*^^*)。

 つまり1,2割くらいあやふやな部分があっても大丈夫ということです。(^_^)V


現時点で自分の分からないところが確認できただけでも、まだまだやりようは
あります。

ぜひ、「(新しい教材(知識)は)捨てる勇気」と
「(最後まで受験を)あきらめない根気」で、試験を乗り切ってくださいq(^o^)p!

|

« 技術士二次試験一ヶ月前の過ごし方 | トップページ | 中小企業診断士一次試験1ヶ月前の過ごし方 »

学習教材、勉強法」カテゴリの記事

技術士試験」カテゴリの記事

資格を取ろう!」カテゴリの記事

資格試験の勉強方法、情報収集」カテゴリの記事

資格試験の教材、学習ツール、参考書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171219/66890450

この記事へのトラックバック一覧です: 技術士二次試験2週間前の過ごし方:

« 技術士二次試験一ヶ月前の過ごし方 | トップページ | 中小企業診断士一次試験1ヶ月前の過ごし方 »