« 2つの資格を同時に受けるかどうかの考え方 | トップページ | 記憶するために、「覚えて」から「思い出す」 »

2018年5月27日 (日)

休暇のとり方、使い方

Business3054946_640

テック青木です。

この一週間は、比較的仕事に余裕があったので、現在入っているSIGNAL
プロジェクトの分析結果を読み、お手伝いしている講座に2週ぶりに
出たりと少しお座なりになっていた部分のフォローに時間を使えました。

来週からは、また出張や会議が入ってきているので、体調管理には
気をつけようと考えています。

SIGNALプロジェクト(未来の予兆を探る)
https://matt-english.com/podcast/20180526

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 休暇のとり方と使い方

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

● 祝日の無い6月

6月は、1年の中で唯一祝日のない月ですね。

また、夏休みには早いので夏季休暇といって休みを取るわけにもいかず、
休みを取る名分が立ちにくいかと思います。

とはいえ、試験勉強、特に8月に受験を控えていらっしゃる方には、
多少なりとも土日以外にまとまった時間が取りたいところですね。

● 半休とフレックスの活用

もし、御社にフレックス制度があれば、これを使って早めに仕事を切り上げ、
勉強時間を確保するか、あるいは朝、会社の近くの喫茶店で勉強時間を取る
というのは休みではありませんが、1,2時間の勉強時間の確保には有効かと思います。

もう少し長い時間を取りたい場合、半休制度があれば、これを利用するというのも
一つの方法かと思います。

私も中小企業診断士の理論更新研修は通常半休を使って対応しています。


● まとまった時間はアウトプット中心に

ある程度まとまった時間が取れる場合、特に机に向かうことが出来る場合は、
演習問題などのアウトプットに使うことが有効かと思います。

あるいは、インプット用の教材を自作されている方は、そのために時間を使うと
いうのも良いですね。(教材を作る行為自身が一種のアウトプットになります)

これから梅雨の時期に向かいますが、体調に気をつけて、頑張ってくださいq(^o^)p!

|

« 2つの資格を同時に受けるかどうかの考え方 | トップページ | 記憶するために、「覚えて」から「思い出す」 »

スケジューリングと時間管理」カテゴリの記事

中小企業診断士受験」カテゴリの記事

技術士試験」カテゴリの記事

時間管理」カテゴリの記事

行政書士関連」カテゴリの記事

資格を取ろう!」カテゴリの記事

資格試験の勉強方法、情報収集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171219/66764100

この記事へのトラックバック一覧です: 休暇のとり方、使い方:

« 2つの資格を同時に受けるかどうかの考え方 | トップページ | 記憶するために、「覚えて」から「思い出す」 »