« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月の5件の記事

2017年12月31日 (日)

2017年の振返りと2018年の年間目標について

Year2875995_640

テック青木です。

本年も今年が最終日となりました。

1年間ご愛読いただき、誠に有難うございますm(_ _)m。

来年も是非、よろしくお願い申し上げます(*^^*)。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 1年の振返りと計画立てについて

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

● 2017年を振り返る

本日は大晦日。この1年いかがだったでしょうか?

私は、新しくブログとメルマガを始めました(^^)v。

勤め先では、知財関連の仕事から、色々社内や業界の動きが伺えた1年でした。

私が入っている樺澤塾では、
年内にこの2017年の目標の達成度評価と、2018年の年間計画を立てることを強く推奨しています。

私も、冬休みに入ってから、マンダラートとグーグルカレンダーを使って、
2017年の年間目標の評価と2018年の計画(目標)を立てたところです。

なお、今年の振返りの際に、目標の評価だけでなく、
良かったことの10大ニュースと
できなかったことの10大ニュースの双方を作ってみると、

自分の価値観やビジョンの変化に気づく絶好の機会となりますので、
計画立てと合わせてトライしてみてはいかがでしょうか?

● 2018年の計画

既に、資格試験などの関係で、1年をまたがって計画を立てられている方や、年度単位で計画を立てていられるかとも多いかと思いますが、

まとまった時間が取りやすい冬休みは、
計画の見直しと修正にもってこいの機会ですね。

ぜひ、ここまでの計画の進捗を評価して、
必要な見直し(目標の数値の変更と時間配分)を行うことをお勧めする次第です。

なお、その際に、年間目標はなるべく具体的かつ数値を入れることと、
プライベートの楽しい目標も入れておくことで、モチベーションが高まります(*^^)v。

なお、年間計画は今年の内に(要は今日中に)立てることで、新年からスタートダッシュが切れるので、おとそ気分にならない内に、是非来年の計画を立ててはいかがでしょうか?(樺澤塾では「今年中に作成せよ!」と強く言われております(^_^;)

振返りと新たな計画づくりで、充実した新年を迎えられることを祈念しております(*^^*)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月24日 (日)

冬休みの【楽しい】過ごし方

Prague3010407_640

テック青木です。

忘年会はピークを過ぎましたが、既に1月9日の週は新年会が4日間
入りました(^_^;)。

皆様、冬休みの予定はいかがでしょうか?

私は、中小企業診断士の実務従事の作業と別に配信しているブログ・
メルマガ以外は、家族とゆっくり過ごす予定です(*^^)v。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 冬休みの楽しい過ごし方

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

● 計画立てと1日のスケジュール

いよいよ、お正月休みに入りますね。
業種等によっても異なりますが、
12月29日、あるいは30日位から、
1月の4日前後までというのが一般てきでしょうか?

そこにご自分のお休みも使って、10日間位の長期休暇を
とる方もいらっしゃるかと思います。

先日、冬休みの計画の建て方について、お話しましたが、
もし、計画を立てていらっしゃらない場合は、今からでも
おおよその計画(この冬休みに何をどのくらいやるのか)を
決めておくことをおすすめいたします。

さて、実際に冬休みに入った時に、注意しなくてはならないのが
生活リズムの確保ですね。

1週間以上、休暇モードの生活リズムが続くと、
特に、睡眠のサイクルに影響が出てきます。

ゆっくり寝る時間を取る場合でも、
起きる時間は、平日より1時間遅くする程度として、むしろ早寝する方で
睡眠時間を確保することが、冬休み明けにスムーズに平日のリズムに戻る
上で有効です。

ゆったり、のんびり過ごすとしても、1時間から2時間単位位で、1日のスケジュールを立てておくと、やりたいこと、やるべき事をこなし、かつ生活リズムも整うかと思います。

また、冬休みはお正月など、何かとお酒を飲む機会も増えるのではないでしょうか?

私もおせち料理を肴に、結構飲んでしまう方ですが(^_^;)、
今年は、ビールやワインでも、お酒と同量の水を一緒に飲んで、
肝臓を労りたいと思います。
(これは、樺澤塾で教わった、二日酔い対策です)

お休み明けには、新年会が待っている方も多いと思いますので、
睡眠サイクルと合わせて、是非体調管理に気をつけて、
楽しい冬休みと、リフレッシュした仕事始めを迎えられることを祈念しております(*^^*)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月17日 (日)

中小企業診断士口頭試験を終えて

Sunrise1756274_640

テック青木です。

忘年会シーズンたけなわ、私も金曜、土曜、明日の月曜、水曜と
忘年会が続きます(^_^;)。

先週の行政書士会の契約実務研究会では、不動産に関する契約実務について
お話を伺いました。私は借家住まいをしていたので、賃借契約を実際に
していたのですが、大変幅広くかつ分かりやすい説明をいただき、勉強になりました(*^^*)。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 中小企業診断士の口頭試験

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

● 中小企業診断士口頭試験

本日、平成29年12月17日(日)に中小企業診断士口頭試験を受けられた方々、本当にお疲れ様でした(*^^*)。

何はともあれ、ここまでやり抜いた皆様に心より敬意を表します。

<登録と実務補修>

口頭試験の合格発表は平成29年12月26日(火)ですので、あと9日ほどですね。

登録と実務補修の準備を始めたいところですが、
私も合否が決まるまでは、具体的な準備を進める気にはなれませんでした(^_^;)。
(合格率が約9割といえども、筆記試験と違って模範解答があるわけではなく、
中々絶対の自信を持つことは難しいですね)

とはいえ、
登録と実務補修の日程を今から確認しておくことは、
特に勤め先との日程調整の関係で必要ではないかと思います。

https://www.j-smeca.jp/contents/005_c_jtsumuhoshu/005_H29/H29_about_jitsumuhoshu.fuyu.html

上記の2月の実施期間を確認して、受講可能な日程をチェックしておくことをお勧めします。

また、今年度合格の方の申し込みは、
インターネットによる受付
平成29年12月26日(火)合格発表後~平成30年1月9日(火)午後5時00分
郵送による受付
平成29年12月26日(火)合格発表後~平成30年1月9日(火)(期間内到着)

で、東京都など、定員のあるところは先着順なので要注意です。

皆様が、合格し、実務補修を終えて中小企業診断士として活躍されることを心から祈念しております(^o^)!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月10日 (日)

技術士一次試験合否発表、中小企業診断士二次筆記試験合否発表

Winning1529402_640


テック青木です。

寒さが厳しくなってきましたね。

私も昨日から、部屋のエアコンを動かし始めました。

足元の電気カーペット(30cm四方位)と合わせて快適に過ごしております(*^^*)。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 技術士一次試験合否発表、中小企業診断士二次筆記試験合否発表

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●  技術士一次試験合否発表

平成29年12月14日(木)は技術士一次試験の合否発表ですね。

既に二次試験に向けて走り出している方もいる一方で、
合否発表までは中々身が入らないという方も多いかと思います。

あと4日間だけではありますが、少しでも時間を有効に使うということでは、
専門の技術分野の書籍を、新しく買って読んでも、今まで読んだ本の読み直し
でも良いので、一冊目を通しておくことは、試験勉強そのものではないので手をつけやすく、試験以外にも役に立つので、おすすめするところです。

皆様の合格を心より祈念しておりますq(^o^)p!

● 中小企業診断士二次筆記試験合否発表

平成29年12月8日(金)に合格を決められた方、おめでとうございます(*^^*)!

あとは、口頭試験を残すのみですね。

その口頭試験までは、平成29年12月17日(日)とあと一週間です。

<相手の立場と状況を考える>

口頭試験の準備においては、試験官など、試験を行う側の立場に立って考えてみる
ことが重要ですね。←テックはこれを「盾の両面(を見る)作戦」と呼んでいます。

具体的には、
1.この試験では、どのような人間を合格させたい(この資格を使ってどんな仕事をどのようにしてもらいたい)と考えているのか?
2.面接官が受験生を評価するための手持ち資料は何があるか?

の2つについて考えてみると、どんな質問が出るか、あるいはどんな答え(答え方)を期待しているかを想像しやすくなります。

1についていえば、例えば「コンサルタント」の資格に関する試験なら、
 「経営コンサルタントならクライアントにどう答えるべきか」を考える必要があります。

2についていえは、 例えば受験願書に記載した事項や、筆記試験の解答は、重要なデータですから、そこからどんな質問を出してくるかと言うことについて推定しておくことが有効となるわけですね。

「お客のお客を考える」など、コンサルタントは、クライアントの立場にたってその顧客や競合について考えることが必要ですが、試験においても試験官=クライアントの立場に立ってみて「自分なら、どんな質問をするか、どんな答えを期待するか」を是非考えてみてください。(^_^)v

・口頭試験準備:リアルに考える

筆記試験に出た事例の登場人物までイメージ化して理解しておくことは、
今後の口述試験においてもきっと役に立つと思います。

中小企業の社長さんとお話しする経験は大変貴重なものですが、職務の特性上そのような機会に恵まれない方も多いかと思います。

そのような方は、中小企業診断協会の診断事例集や、中小企業の事例紹介の本を読まれてイメージを膨らませておくと良いかと思います。

あともう少しで、晴れの中小企業診断士です!

体調管理にくれぐれもご留意の上、栄冠を勝ち取ることとを心より祈念しておりますq(^o^)p!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 3日 (日)

忘年会シーズンの過ごし方

Drinkingsession1905351_640

テック青木です。

このブログと並行して配信している「我ら社内士!」メルマガが、
お陰様で300号を迎えることが出来ました(*^^*)。

かなり、ゆるゆると続けて来ましたが、引き続き今後ともよろしくお願い申し上げますm(_ _)m。

メルマガ購読・解除
我ら社内士!マイホームパパの資格取得・活用術
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

東京都中小企業診断協会のメルマガに以下の事例が掲載されていました。

■創業2年目のイタリアンバル支援の事例

飲食業、サービス業、小売業は「立地産業」ともいわれるように、業種・
業態に応じた店舗立地が重要で、経営に与える影響は大きい。
したがって、新規開業において売上を構築、収益を確保するためには、
まずはいかに望ましい立地、店舗を選択するかという立地選定および店舗開発に
かかわる経営課題がある。

  詳しくはこちら↓をご覧ください。
  http://www.t-smeca.com/column/cat107/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 忘年会シーズンの過ごし方について

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●  そろそろ忘年会の時期

今週当たりから、忘年会のシーズンが始まりますね。

私も会社、士業など5,6件既に予定が入っています。

忘年会に限らず、基本お酒も飲み会も大好きなのですが、

体調を崩したり、時間を取られたりするという面もあり、
仕事と勉強から見ると、悩ましいところですね。


● 体調管理を第一に

まず重要なのは、体調管理ですね。

特に飲み会が続く方は、一つ一つは大したことがなくとも、
段々ダメージが積み重なってきて、昼間のパフォーマンスにも影響を及ぼします。

忘年会シーズンの体調管理のポイントは、

1.睡眠時間を確保する(お昼休みの仮眠も含めて)
  そのために二次会はなるべく行かない。
  幹事で時間を選べるなら、早く始めて早く終わらせる

2.お酒と一緒に水をたくさん飲む
  お酒の分解には水が必要
  ワインやビールでも、チェイサーを頼む
  ウーロン茶はカフェインが入っており、睡眠に悪影響が出やすく、
  ジュース類は糖分のとり過ぎにつながるので量は控えめに

と、この2点を心がけるだけでも、だいぶ効果があるかと思います。


● 学習の予定を入れておく

 とはいえ、二次会などに誘われたら断りづらいもの。
あるいは、お酒で気が大きくなって、自分から二次会に誘ったりすることもありますね(^_^;)。

 少しでも誘惑を遠ざけるには、飲み会の後にも勉強の予定を入れておくことも有効な手段の一つです。
ただし、問題を解くようなアウトプット型よりは、インプット型。
それも読むのは眠くなるし、頭に入りづらいので、動画などがおすすめです。


● 学習計画を前倒しで進める

ただでさえ仕事も忙しくなる年末ですが、なるべくスキマ時間などを活用して、前倒しで計画を進めておくことで、飲み会のお誘いや、翌日の集中力低下などによる計画の遅れを最小限に抑えることが出来るかと思います。

楽しくも悩ましい忘年会シーズン、あなたはいかがお過ごしでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »