« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月の4件の記事

2017年10月29日 (日)

技術士二次筆記試験合否発表を迎えて

Girls407685_640

テック青木です。

中小企業診断士の実務従事で、働き方改革をテーマに、コンサル先の
従業員アンケート作成のチームに入ってアンケート表の項目づくりを
進めています。

アンケートを受ける方の立場に立って質問を作るのも中々難しいですね。
想像力と思いやりの大切さを改めて感じております。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 10月31日の技術士二次筆記試験合否発表に向けて

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

● 10月31日は、技術士二次筆記試験合否発表

明日はいよいよ、技術士二次筆記試験の合否発表ですね。

皆様の合格を心より祈念しております!

● 口頭試験に向けて

筆記試験合格の次は、いよいよ口頭試験ですね。

口頭試験の準備では、何より先ず筆記試験のご自分の復元解答を再度見直して、
誤っている箇所の特定と正解の作成から始め、次に、ご自分の経歴(出願書類中)
の中で、突っ込まれそうな質問を想定してQAを作成することが重要です。

私は、上記に加えて専門科目の模範解答やその周辺知識の再確認について、
同じ会社で受験された人たちと手分けしながら資料を作り、会社の技術士の先輩方
に模擬口頭面接を受けさせていただいたりと、周りの方々に大変お世話になりました。

筆記試験(あるいはその合格発表)から、口頭試験までは通常約1ヶ月ですが、
やることはかなりありますので、時間配分と体調管理に気をつけながら最後の関門を突破してください!(^o^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月22日 (日)

中小企業診断士二次筆記試験を終えて

Person1245959_640

テック青木です。

10月31日は、技術士二次筆記試験の合否発表日ですね。

受験された方々の合格を心より祈念しております。

私は、中小企業診断士の実務従事に、社内診断士のチームに参加して取り組んでいるところです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 中小企業診断士二次試験を終えて   

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

● 本日の、中小企業診断士二次試験

やっと筆記試験を終えた方々、本当にお疲れ様でした
。全力を出し切れたことを祈念しております。

試験後には、正解と配点がホームページで発表されますね。

合否の判断よりも、2次試験に向けて自分の弱点強化という視点で確認しておくことをお勧めします。

<しつこいようですが、まずは解答再現を!>

 疲れと開放感、打ち上げの飲み会などで、解答を再現されていない方は、
取り合えず問題用紙に解答に使ったキーワードだけでもメモっておいてください。

 特に、自信の無い解答ほど、重点的に再現しておくことが重要です。

 仕事の心得のひとつに「3年後の自分は他人(記録を残しておくことの重要性)」がありますが、3年どころかあと一ヶ月もすれば、自分のメモを読んでみて、何を書いたか、ほとんど頭から抜けているのに驚くことでしょう(^_^;)。

、口答試験の際に筆記試験で間違えたところへの突っ込みやもう一つ深い内容の質問などに備えるためにも解答の再現は重要ですね。

 <題意の確認と完全解答の作成>

  試験において題意の取り違えは非常に深刻な問題であるとともに、
思っている以上に発生するものでもあります。

 「筆記試験を振り返って口答試験時点で自己評価する」ことは口答試験対策として大変有用です。

 「自己解答の再現」をされた方は、是非題意を確認し、「自分が完全と思える
解答」を準備しておくことで、口答試験を乗り切ってください。(^O^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月15日 (日)

中小企業診断士二次試験前一週間の過ごし方

Hammock411122_640

テック青木です。

家内が歯痛でかなりつらそうだったのですが、やっと歯医者にいって、
神経を抜いてもらい、楽になったと喜んでいました。

お医者さんからは、「神経が炎症を起こしており、よく数ヶ月も我慢できたね」
と言われたとのこと。

やはり、お医者さんには早めにかかるのが大事だと改めて感じた次第です。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 中小企業診断士二次試験一週間前の過ごし方   

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

● 10月22日(日)中小企業診断士二次試験

いよいよ来週の日曜日は中小企業診断士二次試験ですね。

あの一次試験を突破して、全く毛色の違う記述式の準備をされて
ここまで辿り着いたあなたに、心より敬意を表します。

先日の、技術士一次試験の1週間前の心得でもお話しましたが、

まずは、受験票と携帯品等、そして【試験会場】を今週中に再確認して下さい。

試験会場には、少なくとも開場の1時間前には着く位の余裕を持っておくことをお勧めしています。

● 基本は体調管理

樺沢先生の最新刊「絶対にミスをしないヒトの脳の習慣」http://amzn.to/2gi9p8n では、

普段よりも1時間多く寝ることで集中力を高め、覚えるべきことが5つ以上になったらチェックリストを作ることなどで、ミスを防ぐように説いていらっしゃいます。

心身のコンディション作りは、非常に重要なので、勉強時間を取りたいあまり、睡眠時間を削るのは避け、昼休みに出来れば仮眠を取るくらいにして、ベストコンディションをキープして下さい。

Photo


● ヒントは問題、答えは己の中にある

コーチングでも「答えは、自分の中に既にある」といわれますが、
解答のヒントは問題文の中に、そして答えは今まで努力してきた「自分」の中に必ずあります。

この時期色々な不安や焦りを感じることも多いかと思いますが、皆さんが目標に向かってがんばってきた時間は、何があっても消えない事実であり、何にも代えがたい拠り所です。

テックが教わっている武道の言葉に

「己こそ己の拠るべ、己をおきて誰に拠るべぞ、良く整えし己こそまこと得がたき拠る辺なり」

というのがありますが、「良く整えし己」とは「努力してきた自分」であると同時に「努力してきた時間」でもあると思います。

 今まで自分が努力してきた時間という確かな事実を拠り所に、「合格レベルの答えは必ず書ける!」と信じると共に、

「満点をとらなくて良いのだから完璧である必要は無い」ことも忘れず、あと1週間を乗り切ってくださいq(^o^)p!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 1日 (日)

技術士一次試験1週間前の過ごし方

Tee1698297_640

テック青木です。

今日から10月、2017年度も半分を過ぎましたね。

年度始めに建てられた計画の進み具合はいかがでしょうか?
私は今年度の計画は若干遅れ気味ながらもなんとか進めているところです(^_^;)。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 技術士一次試験一週間前の過ごし方   

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

● 10月8日(日)は技術士一次試験

いよいよ来週の日曜日は技術士一次試験ですね。

大変幅広い分野をカバーしつつ、ここまで辿り着いたあなたに心より敬意を表します。

まずは、技術士会のページにありますように、
携帯品等を今週中に再確認して下さい。

携帯品

    受験票(受験票は必ず持参して下さい。)
    受験票を忘れると受験できない場合があります。
    筆記用具(一切貸与しません。)
    [1] 黒鉛筆又はシャープペンシル(HB又はB程度)※ボールペンでは読み取りできません。
    [2] 消しゴム(電動は不可)
    [3] 鉛筆削り(電動は不可)
    [4] 時計(通信機能、計算機能がないもの)
    (*)電卓(関数電卓等は不可)は使用できますので、必要であれば持参して下さい。
    (*)時計や電卓は、音が出ないように事前に設定して下さい。
    (*)定規の使用は不可とします。
    写真付きの身分証明書(運転免許証、社員証等)
    必要に応じて本人確認させていただくことがあります。

● 受験票で会場チェック!

冗談のようですが、私も何年か試験監督官をやっていると、必ず数名の「試験会場を間違える」方が出てきます(^_^;)。

30分程度の遅刻は認められることが多いですが、試験時間が短くなる上に焦りも手伝って非常に不利になりますので、受験票の会場は何度もチェックしてください。

また、最近は電車も時間が当てにならないので、必ず余裕を持って会場にお越しください。

● 基本は体調管理

この1週間のメインは、なんといっても体調管理ですね。
心身の調子が頭脳作業に及ぼす影響が想像以上に大きいことは、
私が現在身に染みて感じているところです(^_^;)。

現在参加している樺澤塾の樺沢先生の著書「神・時間術」でも、
心身のコンディションが集中力に大きな影響を及ぼすことを種々のデータで示しています。

特にストレスの影響は大きいので、くれぐれもご注意ください(その点で、気晴らしを兼ねて朝、喫茶店などで勉強することや、適量の晩酌など活用されてはいかがでしょうか?)。

朝型への移行+食事や飲食にも気をつけて、万全の体調で試験に臨んでください。

●朝型への転換は朝食から

これも樺沢塾で学んだことですが、
脳内物質のセロトニンが、朝の覚醒や日中の脳の活性化に非常に重要な役割を果たします。
そしてこのセロトニンは、朝日を浴びる、リズム運動を行う、よく噛む
の3つが生成を助けるので、試験当日に適したリズムを作るには、単に早起きするのではなく、朝食も早くとることが効果的です。

 体のリズムは食事と睡眠のタイミングで変わるので、早起きして普段より時間に余裕があっても、とりあえず朝食をとってからその時間を使うことをお勧めします。

あと1週間、体調に気をつけ栄冠を勝ち取って下さいq(^o^)p!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »