« 読書やニュースからのインプットのまとめ方 | トップページ | 技術士一次試験前1ヶ月間の過ごし方 »

2017年8月27日 (日)

中小企業診断士二次試験申し込みと本番に向けて

テック青木です。

もうすぐ8月も終わりですね。

私は、まとまった夏休みは取らずに、週に1日位お休みを頂いて、
主に美術館巡りと読書に時間を使いました。

9月にも2,3日お休みを頂く予定です。

あなたはどのような夏休みを過ごされているでしょうか?

Woman1283009_640

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 中小企業診断士二次試験申し込みについて

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

● 9月5日より受付開始

中小企業診断士二次試験を受ける方は、
平成28年度の一次試験合格者については8月25日から9月19日まで、
平成29年度の一次試験合格者については9月05日から9月19日までが
申込期間となりますね。

それぞれ、手続きが異なりますので、
中小企業診断協会のHPで確認されることをお勧めします。
https://www.j-smeca.jp/contents/010_c_/010_c_h29_shiken/H29_2ji_shiken_about.html


● 10月22日の本番までにやるべき事

ここからが、中小企業診断士試験の正念場です。
私も最初の受験の年は、この2ヶ月間の過ごし方が効率的でなく、二次試験で涙を飲みました。

この時期にやっておくことは大きく2つかと思います。
一つは、本番形式で練習問題を解くことです。
出来れば模擬試験、場所や時間の関係で困難な場合は予想問題集、そして過去問
の順で優先順位を付けて、とにかく数をこなすこと、あとは自分なりの問題の
効率的な解き方や、問題用紙へのメモの取り方なども合わせて身に付けておく
ことをお勧めします。

もう一つが苦手科目の克服です。私は最初の年は苦手科目の財務・会計に足を
引っ張られてしまいました。

苦手科目は、まとまった時間を取って、集中して行う事が必要かと思います。
なぜなら、苦手な理由の一つは全体像が把握出来ていないこと、そして、
もう一つ基礎的な分野で理解が不十分なところがある事が多いからです。

ですので、過去問などで苦手科目だけを30問以上短期間に解きながら、
間違えた所を集中的に復習することが、効率的な学習方法かと思います。

まだ2ヶ月近くありますし、シルバーウィークも利用できます。

今年度初挑戦される方も、是非この期間を有効活用して、栄冠を勝ち取って下さい!

|

« 読書やニュースからのインプットのまとめ方 | トップページ | 技術士一次試験前1ヶ月間の過ごし方 »

スケジューリングと時間管理」カテゴリの記事

中小企業診断士受験」カテゴリの記事

中小企業診断士関連」カテゴリの記事

資格を取ろう!」カテゴリの記事

資格試験の勉強方法、情報収集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171219/65715997

この記事へのトラックバック一覧です: 中小企業診断士二次試験申し込みと本番に向けて:

« 読書やニュースからのインプットのまとめ方 | トップページ | 技術士一次試験前1ヶ月間の過ごし方 »