« 2017年5月 | トップページ

2017年6月の4件の記事

2017年6月25日 (日)

日本技術士会の技術士制度の改革提案と自己研鑽

Photo_2

テック青木です。

ライトシフトに続いて、ワーク・シフトを読み終わりました。
ゼネラリストでも、単発のスペシャリストでもなく、
連続スペシャリスト(時代に合わせて専門分野を変えていく)や、
消費から体験に価値基準が変わっていくなど、
社内士としても大変貴重な示唆を得ることが出来ましたq(^o^)p。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 日本技術士会の技術士制度の改革提案と自己研鑽

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

● 日本技術士会が技術士制度改革について提言(中間報告)を公表

日本技術士会は、6月13日に、
文部科学省科学技術・学術審議会技術士分科会において「今後の
技術士制度の在り方について」の報告書が取りまとめられたことを
受けて、今後の技術士分科会等での審議に資するため、
「技術士制度改革について(提言)-中間報告-」を取りまとめ、公表しました。

https://www.engineer.or.jp/c_topics/005/005099.html

今回の提言のうち、私が特に注目したのは、以下の項目です。

.一定の研鑚と登録事項の確認を目的とした更新制度の導入
①更新対象者:全ての技術士を対象
   複数部門登録者は1回の更新で複数部門の更新を可能
   廃業後も技術士として社会貢献等を行っている高齢者が存在することから、
   業務実態や更新の負担等を勘案し、その取扱いの検討が必要
②更新期間:他の資格制度の更新期間を参考に5年程度が適当(本文別添1)
③更新条件:
「更新講習」の受講を条件、講習は技術者倫理など部門横断的内容


出典:「技術士制度改革について(提言)(中間報告) (日本技術士会HP)

● 更新制度と技術士としての自己研鑽

今回の提言では、更新制度の目的として、生死や就業など、技術士の
実態の把握と、技術士の自己研鑽の促進を上げていますが、

私が入っている他の士業と比較すると、
中小企業診断士では、コンサルタントの実務が更新の要件に入って
いることが大きな違いとなります。

行政書士は、全員に課される更新制度というものはありませんが、
行政書士会に登録して会費を払っていることが、行政書士として
の実務で生業を立ててるという、能力証明になっており、それで
良しとされているようにも感じられます。

● 技術士の「実務」の定義と評価方法

今回の技術士会の提言では、講習の受講を要件とすることを提案していますが、
中企業診断士のように、実務能力も更新制度の中で担保しようと今後
考えていくとすれば、
技術士としての実務の定義と、実務に従事している実績の評価方法が
今後の課題になるかと思います。

企業内で、技術的な知見を活かすのも技術士の実務として認められる
べきであり、何らかの形で技術コンサルティングをされている方以外
の実務をどのように定義し、評価するのかは大きな課題であり、
今後の議論の行方が気になるところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月18日 (日)

技術士2次試験1ヶ月前の過ごし方

Photo

テック青木です。

先日の企業経営研究会で紹介いただいた、「ライフシフト」を読み、
現在同じ著者の「ワーク・シフト」を読んでいます。
http://amzn.to/2sCKwbf

ライフシフトと同様、同じ会社で同じ仕事だけで人生を終えられる
ことは今後ありえず、単なる副業とも違い、連続的に専門を変えて
行くことが必要になると説いていますが、
企業内で仕事を続けつつ、資格を取って、次のキャリアにつなげて
行くという「社内士」は、連続的な専門性取得の手法の一つになり
得るものですね(*^^*)。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 技術士2次試験一ヶ月前の過ごし方

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

● 7月16,17日は技術士2次試験

いよいよ、技術士2次試験まで後1ヶ月となりました。

受験される方は、ラストスパートに余念が無いことかと思います。

この時期の勉強法としては、

1)過去問を繰り返す:実際の試験と同じやり方、技術士試験なら、試験用紙と同じ升目をワープロなどで作成し、手書きで所要時間中
に解答する練習をしてみる。

2)2,3年前から2,3ヶ月前までの、試験分野に関連した
トピックスについて、学会誌、現代用語辞典、業界の HP などで
目を通しておく。

機械系なら、機械学会誌の8月号(今年と去年位)、環境系なら環境白書などに目を通しておくと、
時事問題系への対応に有効です。

3)普段の仕事の中で、試験分野に関連するトピックスが出てきた
ときに、資料、HP などで知識を確認しておく。

といった取り組みが有効かと思います。

この中でも1については、アウトプットの形式に慣れておくことと、
インプットのおさらいの両面で非常に重要なことだと思います。   

また、今年初めて受験される場合、意外と重要なのが、
「試験用紙のどこに下書きのメモや計算を書いておくか」
というような細かいことだったりします(^_^;)。

  この辺は、模擬試験なども活用して自分にとってやり易いスタイルを身に着けておくことをお勧めします。

このほかに、以外と効果があるのが3の「仕事の中で関連する事柄をチェックしておく」です。

技術士は技術を中心としたビジネスコンサルタントとしての資格で
ある以上、単なる知識ではなく、「ビジネスの局面でどのような
判断を下すのか、どのような提案を行うのか」という視点で解答
することが求められるので、
実際の業務と結びつけて知識を確認することは、日中の時間の活用
の意味も含めて、心掛けて頂きたいと思います。

● 朝方への移行を

この時期から並行して始めたいのは、朝型への生活スタイルの移行です。

ベストセラー「神・時間術」http://amzn.to/2rEa5cD でも、
午前中は集中力が高まる「脳のゴールデンタイム」と、朝の
活用を進めていますが、

受験勉強だけでなく、そもそも本番の試験のスケジュールに集中力
を始めとする体調を合わせることは必須であり、
また、生活リズムの変更にはかなりの時間が掛かりますので、
今のうちから徐々に生活リズムを本番に合わせて行くことが必要ですね。

もう1ヶ月、されどまだ1ヶ月です。

焦らず、驕らず、悔いのないように駆け抜けて下さいq(^o^)p!

なお、技術士2次試験の予想問題集としては、
技術士第二次試験「建設部門」対策と問題予想(第4版)
http://amzn.to/2rDUiuA
技術士第二次試験「機械部門」対策と問題予想(第4版)
http://amzn.to/2rDU1HJ

なども参考にしていただければ、大変幸いに存じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月11日 (日)

幹事の効用

Photo_2

 

テック青木です。

先日の企業経営研究会で紹介いただいた、「ライフシフト」を読んでいるところですが、健康、投資、キャリア、人付き合いの全てに渡って、計画を立て、かつそれを随時見直すことが必要だと改めて感じました。

「複線キャリア」「二毛作」を考えると、「社内士」というのも一つの解でになり得ると、意を強くした次第です(*^^)v。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 「幹事」の効用

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

● 研究会や同窓会の幹事

今まで、士業関連の研究会には会員として参加するだけで、
幹事はやっていなかったのですが、今回とある研究会では
幹事の一人に加わらせて頂きました。

大学時代の部活の幹事はもう20年以上やっているので、
幹事を引き受けるメリットは心得ていたつもりでしたが、

今回、士業の集まりの幹事(実際の仕事はまだ2回しか
してませんが)をやってみて、幹事を引き受けると、
その会の性格が分かり、また会員や主催者とも親しく
なれるという当たり前のことを実感いたしました。

何事もギブアンドテイクですね(*^^*)。

● 勉強会の幹事を引き受けましょう

資格試験を独学、あるいは資格の学校に通うなどして進めている
方の中には、別途勉強会に参加される方もいらっしゃいます。

そのような機会があれば、幹事やお手伝いを引き受けると、
勉強の内容に主体的に関わるので、学習効率も上がりますし、
大抵の場合、幹事が先生役や説明役を引き受ける機会が多くなるので、
「人に教えるのが最高の勉強法」との通り、勉強会のメリットを
最大限活用出来る立場に立てるかと思います。

今ならフェースブックやSkypeなどで、バーチャルな勉強会も
開催出来ますので、SNSも適宜活用しながら勉強会を企画しては
いかがかでしょうか?

● 過去問参考書のご紹介

技術士、中小企業診断士、行政書士の
過去問題集を以下にご紹介いたします。
問題集選びのご参考になれば幸いに存じます。

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説(第7版)
http://amzn.to/2p8JlQ8

技術士教科書 技術士 第一次試験問題集 基礎・適性科目パーフェクト 2017年版 (EXAMPRESS)
http://amzn.to/2p8SxEr

中小企業診断士 最短合格のための 第1次試験過去問題集 (1) 企業経営理論 2017年度
http://amzn.to/2pSyIQO
⇒このシリーズで他の一次試験の分野の過去問も揃えてはいかがでしょうか?

2017年版 中小企業診断士試験 2次試験過去問題集
http://amzn.to/2pie8VT

2017年版出る順行政書士 ウォーク問過去問題集 1 法令編
http://amzn.to/2qclTBY

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 4日 (日)

テック青木です。

先週は、東京都知的資産経営研究会で、ある企業の統合経営報告書に
ついて、その経年変化を見ながら知的資産経営報告書の方向性につい
て議論する機会をいただきました。

大手企業以外でも統合報告書の形を取り、かなり分かり易いレポート
を作れることが分かり、大変勉強になりました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 夏休みに向けた準備について

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

Sunset1444122_640

 

 

● 7月~8月の過ごし方は、今考える

気が早いと思われる方もいあるかと思いますが、
既に夏休みの旅行などについては、計画を立てていることかと
思います。

同じように、資格試験の方も、夏休みの計画を立てる必要が
ありますね。

GWもそうですが、まとまった時間が取れる機会を最大限
活用するためにも、仕事、家庭等のプライベートとすり合わせ
ながら、計画と準備を始めて良い時期かと思います。

Calendar1990453_640

● イベントから逆算する

計画の建て方として、アウトプットとインプットのバランス
や、使うべき教材などを検討することも重要ですが、
夏休みは、模擬試験や講習会などの時期でもありますので、
まずは、こういったイベントから逆算しつつ、計画を
立てるのが、効率が良く、また、模試などを確実に受けられる
ように、仕事や家庭サービスとの折り合いをつけていく上でも
必要なプロセスかと思います。

私も、行政書士の試験では、複数の模擬試験をマイルストーン
に使いつつ、残りの時間の使い方を計画した結果、夏休みを
効率的に使えたと感じています。

地域の関係で模擬試験を受けられない方の場合も、
郵送式の模試や、予想問題集を使って自分だけの「模擬」模擬試験
を行うなど、イベントを作りながら、効率的な計画建てを行ってはいかがでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ