« 10年前の経営報告書の効用とは? | トップページ | 中だるみからの脱出方法 »

2017年5月21日 (日)

マーケティングにおけるお客様ニーズ把握の資格試験への応用

Bigdata2103091_640

 

テック青木です。

先週は、診断士の

 

知的資産経営研究会と、東京中小企業診断協会の
城北支部大会に参加してきました。

前者では、知的資産経営支援実戦マニュアルと事例の解説、
後者では城北支部のプロコン塾の卒業生によるプレゼンなどを伺い、
勉強させていただきました(*^^*)。

 


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ マーケティングにおけるお客様ニーズ把握の資格試験への応用

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

● 花王のコールセンター

お客様の自社商品の使い方やニーズ、困り事(不満)の把握は
マーケティングの基本ですが、

これを組織的・体系的に行い、活用すること、さらにそのような
仕組みを維持・改善していくことは言うは易く行うは難しですね。

有名な例では、花王さんのコールセンターの「エコーシステム」
は何度も改善を重ねながら、お客様情報を一元管理するとともに、
事業の色々な側面で活用されています。

http://www.kao.co.jp/pro/corp_info/support.html

東急ハンズや石井スポーツの店員さんなどは、自社商品に
詳しいだけでなく、自分自身がユーザーとしても自社商品の
使い方を良く知っていると伺いますが、

自社商品が実際にどのように使われ、お客様がどのように価値
を感じているかを複数の流れで情報を収集して一元的に管理する
ことが重要になります。

● 試験に対する「自分の情報」の把握と管理

資格試験において、お客様情報に当たるのは、各種問題や
テキストを勉強した時の効果や効率かと思います。

問題を解くのにかかった時間と結果などの情報を、一元管理する
ためには、例えば解いた問題、特に間違えた問題などを、
一つのノートや単語帳などにまとめておくことが一つの
有効な手段かと思います。

先日、特許公報のようにフォーマットを統一することの効用
についてお話しましたが、学習のツールの「ユーザー」という
自分に関する情報の一元管理と活用という視点からも、実践する
価値がありますね。

● 過去問参考書のご紹介

技術士、中小企業診断士、行政書士の
過去問題集を以下にご紹介いたします。
問題集選びのご参考になれば幸いに存じます。

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説(第7版)
技術士教科書 技術士 第一次試験問題集 基礎・適性科目パーフェクト 2017年版 (EXAMPRESS)
中小企業診断士 最短合格のための 第1次試験過去問題集 (1) 企業経営理論 2017年度
2017年版 中小企業診断士試験 2次試験過去問題集
2017年版出る順行政書士 ウォーク問過去問題集 1 法令編

|

« 10年前の経営報告書の効用とは? | トップページ | 中だるみからの脱出方法 »

資格を取ろう!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171219/65310410

この記事へのトラックバック一覧です: マーケティングにおけるお客様ニーズ把握の資格試験への応用:

« 10年前の経営報告書の効用とは? | トップページ | 中だるみからの脱出方法 »