« 2017年4月 | トップページ

2017年5月の4件の記事

2017年5月28日 (日)

中だるみからの脱出方法

Book15584_640

● GWと梅雨入りの間で

 

GWから早いもので1ヶ月が過ぎようとしていますね。

この時期、長期休暇から平常業務への復帰の疲れと、

蒸し暑さがましてくる時期とが重なって、体調も崩しやすく、また、
精神的にも中だるみになりやすい頃かと思います。

(低気圧は、日照時間と並んで人の心身に影響を及ぼします。
特に集中力が落ちる原因でもありますので、怪我などにも気をつけて下さい)

このような時期、受ける試験のスケジュールにもよりますが、
どのようにして、乗り越えれば良いでしょうか?

● アウトプットの機会を増やす

中だるみの時期は、暗記などのインプットに力を入れようとしても、
中々覚えられないことが多いのではないかと思います。

こういった時期は、体調管理(特に睡眠)が前提とはなりますが、
アウトプットの機会を増やす、具体的には模擬試験や予想問題集
などを利用することが、勉強のリズムづくりとモチベーション維持に
役立ちます。

現時点での自分の実力と弱点を把握するということも、計画の見直し
を含めて中だるみからの脱出に役立ちますので、検討されてはいかがでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月21日 (日)

マーケティングにおけるお客様ニーズ把握の資格試験への応用

Bigdata2103091_640

 

テック青木です。

先週は、診断士の

 

知的資産経営研究会と、東京中小企業診断協会の
城北支部大会に参加してきました。

前者では、知的資産経営支援実戦マニュアルと事例の解説、
後者では城北支部のプロコン塾の卒業生によるプレゼンなどを伺い、
勉強させていただきました(*^^*)。

 


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ マーケティングにおけるお客様ニーズ把握の資格試験への応用

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

● 花王のコールセンター

お客様の自社商品の使い方やニーズ、困り事(不満)の把握は
マーケティングの基本ですが、

これを組織的・体系的に行い、活用すること、さらにそのような
仕組みを維持・改善していくことは言うは易く行うは難しですね。

有名な例では、花王さんのコールセンターの「エコーシステム」
は何度も改善を重ねながら、お客様情報を一元管理するとともに、
事業の色々な側面で活用されています。

http://www.kao.co.jp/pro/corp_info/support.html

東急ハンズや石井スポーツの店員さんなどは、自社商品に
詳しいだけでなく、自分自身がユーザーとしても自社商品の
使い方を良く知っていると伺いますが、

自社商品が実際にどのように使われ、お客様がどのように価値
を感じているかを複数の流れで情報を収集して一元的に管理する
ことが重要になります。

● 試験に対する「自分の情報」の把握と管理

資格試験において、お客様情報に当たるのは、各種問題や
テキストを勉強した時の効果や効率かと思います。

問題を解くのにかかった時間と結果などの情報を、一元管理する
ためには、例えば解いた問題、特に間違えた問題などを、
一つのノートや単語帳などにまとめておくことが一つの
有効な手段かと思います。

先日、特許公報のようにフォーマットを統一することの効用
についてお話しましたが、学習のツールの「ユーザー」という
自分に関する情報の一元管理と活用という視点からも、実践する
価値がありますね。

● 過去問参考書のご紹介

技術士、中小企業診断士、行政書士の
過去問題集を以下にご紹介いたします。
問題集選びのご参考になれば幸いに存じます。

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説(第7版)
技術士教科書 技術士 第一次試験問題集 基礎・適性科目パーフェクト 2017年版 (EXAMPRESS)
中小企業診断士 最短合格のための 第1次試験過去問題集 (1) 企業経営理論 2017年度
2017年版 中小企業診断士試験 2次試験過去問題集
2017年版出る順行政書士 ウォーク問過去問題集 1 法令編

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月14日 (日)

10年前の経営報告書の効用とは?

テック青木です。

GWから1週間が経ち、リズムも普段通りに戻ったころですね。
私もこの土日は、文章術のSkypeセミナを受けるなど、
インプットを増やして、ブログやメルマガによるアウトプットに
備えております(*^^)v。

Companyreport1076799_640

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 10年前の経営報告書を読み返す

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

● 経産省の知的資産経営マニュアル

土日に、経産省の知的資産経営マニュアルをざっと読み返して
見ました。
http://www.meti.go.jp/policy/intellectual_assets/pdf/00all.pdf

平成19年とちょうど10年前に公表されたので、
掲載されている事例も当然ながらかなり古いのですが、
知的資産経営報告書の最初のマニュアルだけあって力が入っており、
掲載されている知的資産経営報告書も、かなりの力作となっています。

最近は、簡易化の方向にある知的資産経営報告書ですが、
上記マニュアルの事例を見ると、10年前に対象となった企業が
どのように業界動向と自社の強みを捉えていたのかが分かり、大変
興味深いものがありました。

● 数年前の報告書と現状を比較する

通常、企業の中期計画などは、3年位で見直して刷新するものですが、
自社と業界の将来予測について、数年単位でPDCAを回している
企業はさほど多くないのではないでしょうか?

変化の激しい時代なので、数年前の予測が現在通用するはずは無い
のですが、
当時どのような前提を置いて、現在を予測したのかなど、
使っている前提や情報源など、「予測」自身ではなく、
「予測のやり方」の見直しと改善を行うことは、重要ではないかと思います。

資格試験で言えば、模擬試験や過去問を解いた「正答率」以上に
「解き方」、「勉強のやり方」の見直しが、特に受験期間の当初の
フェーズでは重要と考える次第です。

● 過去問参考書のご紹介

技術士、中小企業診断士、行政書士の
過去問題集を以下にご紹介いたします。
問題集選びのご参考になれば幸いに存じます。

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説(第7版)
http://amzn.to/2p8JlQ8

技術士教科書 技術士 第一次試験問題集 基礎・適性科目パーフェクト 2017年版 (EXAMPRESS)
http://amzn.to/2p8SxEr

中小企業診断士 最短合格のための 第1次試験過去問題集 (1) 企業経営理論 2017年度
http://amzn.to/2pSyIQO
⇒このシリーズで他の一次試験の分野の過去問も揃えてはいかがでしょうか?

2017年版 中小企業診断士試験 2次試験過去問題集
http://amzn.to/2pie8VT

2017年版出る順行政書士 ウォーク問過去問題集 1 法令編
http://amzn.to/2qclTBY

★最後までお読みいただき、誠に有難うございます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 7日 (日)

特許公報にみる統一フォーマットの効果

Steampunk1122577_640

テック青木です。
ゴールデンウィークはいかがお過ごしだったでしょうか?
私は、ジムで自転車をこぐ以外は、新しく始めたブログとメルマガや、
無料オファー用の資料作りなど、平日と同じくらいパソコンに向かっ
ておりました(^_^;)。
子供が部活や就活で忙しかったことあり、家族での外食も1度きりと、
もうちょっとGWらしいイベントを増やしたかったと反省しております。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
◎ 特許公報にみる統一フォーマットの効果
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
● 特許の公開公報と特許公報
私は仕事がら、特許庁の特許情報プラットフォーム 
を良く使いますが、自社の技術開発についても、
社内向けの技報と合わせて、自社の特許情報をまとめたデータベース
があり、過去、誰がどのような特許を出願したのか、簡単に検索
出来るようになっています。
特許情報がデータベース化しやすいのは、
特許出願時から公開、登録に至るまで、書式が決まっていること、
かつ、特許の分類番号などは若干変わることがありますが、基本構成
は、数十年単位で変わらないことが、その理由ですね。
● 試験のインプット教材も書式を統一する
資格試験のインプット教材も、書式を統一しておくと、
覚えやすく、まとめやすいので、出来るだけ同じフォーマットを使う
ことをお勧めいたします。
選択式問題については、
5問選択式、多肢選択式、一問一答式を問わず、
一問一答式で問いと答えの形式でまとめておくと、
どんな方式(正解を選ぶ、不正解を選ぶ、正解の数を選ぶ等)の
選択式問題にも対応できます。
また、自分の苦手な問題(間違えた問題)を繰り返し勉強する
のにも便利です。
記述式については、
例えば行政書士では、40字前後で答える質問がでますので、
覚えるべき内容を、
質問に対して40字の答えとしてまとめておくと、
記述式だけでなく、選択式に対してもインプット教材として
使えるものになります。
さらにこれらをワードなどの電子ファイルで作って、
スマホの読み上げアプリに入れれば、音声教材も出来上がるので
一石二鳥ですね。
フォーマット化と電子ファイル化は、作成も効率的ですし、後々の
活用にも便利ですので是非お試し下さい。
● 過去問参考書のご紹介
なお、先週の技術士一次試験について、
過去問の問題集を紹介し忘れたので、
技術士、中小企業診断士、行政書士の
過去問題集をいくつか以下にご紹介いたします。
問題集選びのご参考になれば幸いに存じます。
技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説(第7版)
技術士教科書 技術士 第一次試験問題集 基礎・適性科目パーフェクト 2017年版 (EXAMPRESS)
中小企業診断士 最短合格のための 第1次試験過去問題集 (1) 企業経営理論 2017年度
2017年版 中小企業診断士試験 2次試験過去問題集
2017年版出る順行政書士 ウォーク問過去問題集 1 法令編

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ