« 神・時間術の無料版を読んで | トップページ | AI、IoT、ビッグデータに関する経産省のレポート »

2017年4月17日 (月)

ネット検索のちょっとしたポイント

テック青木です。

先日、樺澤塾の撮影会に参加してきました。

今回のテーマは、短時間で調査を行う方法というもので、
ネット⇒本⇒専門家に直接聴く
の3ステップについて、非常に実践的なお話を伺うことが出来ました(*^^*)。

Internetsearchengine1519471_640


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 調査のためのネット検索について

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

● 先日の樺澤塾でネット検索のテクニックについてお話を伺う機会を
得ましたが、私自身、仕事や資格試験の中でネットを活用していたので、
大変参考になりました(*^^)v。

樺澤塾は残念ながら非公開なので、ここであまりお話出来ないのですが、
ネット検索に関連して私が幾つか利用しているTipsをご紹介したいと思います。

●官公庁の情報について

まとまりのある、かつ信用のおけるネット情報として、官公庁の情報がありますね。

グーグルなどで直接検索する、目当ての官公庁のサイト内で検索するなどの方法がありますが、
その際に私がおすすめするのが、
調べたいキーワードに「白書」を加えて検索することです。

かなりの分野で現在・・・白書が出ていますが、
白書の長所として、
・その分野の情報がコンパクトにまとまっている
・ある程度の期間に渡って毎年出ているので、時系列の変化も追いやすい
・データーや引用文献が豊富(ものによっては、エクセルデータなどをダウンロードすることも可能)

などがあります。また、これは白書に限りませんが、
官公庁情報は引用しやすいというのも見逃せない長所です。

白書の他には、「産構審」(産業構造審議会)も、現在進行系や過去の見当内容を調べる上では有効な方法だと思います。
さらに、今後の予定を見る場合は「開催案内」も押さえておくと良いですね。

●ビジネス書の要約サービス

 樺澤さんも、ネット情報の裏とりとして書籍を使うことを推奨していますが、
私は、ビジネス書や教養本のサマリーを提供しているメルマガや、雑誌も活用出来ると考えています。

 普段から自分の専門以外の分野のサマリーに触れる機会を得られるだけでなく、分野やテーマごとに読むべき本をまとめて紹介してくれていたりするので、
自分にとって新しい分野について取り敢えず代表的な本が何かを知る上でも役立っています。

 私が使っているのは、
メルマガは「ビジネス選書&サマリーリーダーズ」
http://www.mag2.com/m/P0000498.html
藤井孝一

雑誌及びサイトでは、
「TopPoint」トップポイント
https://www.toppoint.jp/top

Toppoint


です。

メルマガは無料版もありますので、まずそちらから始めてはいかがでしょうか?

|

« 神・時間術の無料版を読んで | トップページ | AI、IoT、ビッグデータに関する経産省のレポート »

R&D、研究開発、技術開発、知的財産」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

ビジネススキル」カテゴリの記事

情報共有、ナレッジマネジメント」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

知的生産の技術」カテゴリの記事

資格試験の勉強方法、情報収集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171219/65128163

この記事へのトラックバック一覧です: ネット検索のちょっとしたポイント:

« 神・時間術の無料版を読んで | トップページ | AI、IoT、ビッグデータに関する経産省のレポート »