« AI、IoT、ビッグデータに関する経産省のレポート | トップページ | 特許公報にみる統一フォーマットの効果 »

2017年4月30日 (日)

技術士一次試験の申込みと準備について

テック青木です。
先週は、4/24にお手伝いしているアントレプレナーシップ講座の受講を希望する学生さんの面談の立会い、
4/25は東京中小企業診断協会の知的資産経営研究会、
4/26は中小企業診断協会城北支部の健康経営研究会と
3連続で参加したあと、
4/27はお休みを取って、上野にでかけ、
ブリューゲルのバベルの塔展@東京都美術館と
大英自然史博物館展@国立科学博物館をはしごしてきました(^^)v。
2つの展示会では、
バベルの塔の顕微鏡レベルの緻密さとスケールの大きさに圧倒され、
大英自然史博物館の展示品にみる、営々と引き継がれてきた自然への探究心に圧倒され、
まさに「美」と「智」の世界を堪能させていただきました(*^_^*)。
アントレプレナーシップオープン講座:http://openschooljapan.org/
知的資産経営研究会:http://www.t-smeca.com/lab/cat53/cat122/
バベルの塔展   :http://babel2017.jp/

Img_0748_2Img_0749

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
◎ 技術士一次試験の申し込みと準備について
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
● 技術士一次試験の日程
平成29年度の技術士一次試験の日程は、以下の通り発表されています。
受験申込書配布     平成29年6月09日(金)~7月3日(月)
受験申込受付期間    平成29年6月22日(木)~7月3日(月)
筆記試験日        平成29年10月8日(日)
 
まだ申し込みには1ヶ月半位ありますが、
10月の試験までと考えると半年を切っていますので、
これから受験を考える方は、是非このゴールデンウィークから準備を開始されることをお勧めいたします。
● 過去問から範囲とレベルの深さを把握する
技術士試験は、基礎と適正は別として、必ずしも自分の受ける分野の
参考書や問題集があるとは限らないところが悩ましいですね。
この場合にやはりよりどころとなるのは、過去問かと思います。
技術士会のページには、過去問と、選択式の回答が掲載されていますので、
まずは、ここ5年間、少なくとも3年間位の過去問をざっと解いて、
試験の範囲と、どの程度のレベルの問題が出るのか、どんな形式
(特に計算が必要かどうか)などを確認しておくことから始めるのが、
たとえ、参考書が揃っている分野を受ける場合でも効率的だと思います。
求められる知識の深さや計算の難しさがわかれば、無駄に重箱のすみを
つつくような勉強をせずにすみますし、
全体観が分かることで理解も進みやすくなります。
その意味でも、このゴールデンウィークは、過去問を解くことに使ってみてはいかがでしょうか?
★最後までお読みいただき、誠に有難うございます!

|

« AI、IoT、ビッグデータに関する経産省のレポート | トップページ | 特許公報にみる統一フォーマットの効果 »

学問・資格」カテゴリの記事

技術士関連」カテゴリの記事

資格を取ろう!」カテゴリの記事

資格試験の勉強方法、情報収集」カテゴリの記事

資格試験の教材、学習ツール、参考書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171219/65216201

この記事へのトラックバック一覧です: 技術士一次試験の申込みと準備について:

« AI、IoT、ビッグデータに関する経産省のレポート | トップページ | 特許公報にみる統一フォーマットの効果 »