« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月の4件の記事

2017年3月26日 (日)

テック青木です。

先日、Youtubeの「精神科医 樺沢紫苑の樺チャンネル」の撮影会に参加しました。

私が入っている樺澤塾の撮影も合わせて、約20本の動画をまとめ撮りするのを
生で見つつ、会場からの質問にも答えて頂きました(その幾つかは動画に入っています)。

私も2,3の質問をさせていただき、1本は動画の中で答えて頂きました(*^^*)。

今回の樺澤塾動画は、コミュニケーション力を高めたい方や、
や、4月から異動や入社で新しい環境に入る方向けにお勧めです。

樺澤塾にご関心のある方はこちら
https://lounge.dmm.com/detail/60/

★遅ればせながらフェースブックも始めました(^^)v。
https://www.facebook.com/shanaishiken/

★ご質問・コメント大歓迎です(*^^*)。★
以下のフォームにどうぞ!メルアドや本名は【不要】です(^^)v
https://ws.formzu.net/dist/S87384255/

K0050352


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ ゴールデンウィークの計画について

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

● まとまった時間を得るチャンス!

 早いもので、今年のゴールデンウィークまで、あと1ヶ月位となって来ましたね。

 私は、家族がそれぞれ(就活や部活や仕事などの)予定を入れているので、
家族では外食するくらいですが、今立上げている知的資産経営に関するブログと
連動させるメルマガやフェースブックの立上げ、コンテンツの充実に力を入れよう
と考えています。(もちろん会社の仕事に関する勉強も予定しています(^_^;)

 

 既に、家族旅行などの予定を入れていらっしゃるかもしれませんが、
やはり、まとまった時間を取るのには、GWはお正月休みと並んで年間で
最大の機会かと思いますので、是非資格試験の勉強などに活用していただきたいと思います。

 夏休みと比較しても、(少なくとも国内の会社は)他の人たちもお休みになるので、
自分だけ休んでいる間に仕事が溜まってしまうということがなく、プライベートに使いやすいと思います。

● 「インプット」の材料づくりとアウトプットへの集中

 資格試験の勉強においてまとまった時間を必要とするものとして、
インプットの材料(サブノート、単語帳、音声学習用教材など)
と、アウトプット(問題演習、模擬試験など)
の2つがあります。

 インプットは通勤時間などの細切れ時間を利用することが効率的ですが、
そのための教材づくりはある程度集中して行った方が効率が良いのは私も経験するところです。

 また問題演習や、模擬試験などのアウトプット、
特に夏に試験があり、ある程度勉強が進んでいる場合に苦手な分野を集中的に
勉強するには、試験時間に合わせるなど、1時間半から2時間程度のまとまった時間を
取るほうが、細切れ時間を複数回とるよりも効果が出るので、

 まず、家族サービスなどの日程を決めた上で、どれだけ自分の勉強に割ける時間が
あるかを確認し、スケジュールに落とし込んで、家族にも了解を得ておくと、
円滑にGWを活用でき、GW後の勉強を加速出来ますので、是非今から計画建てをすることをお勧めする次第です。

★最後までお読みいただき、誠に有難うございます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月20日 (月)

「受かるか、出来るか」で悩んだときに

テック青木です。

明日は春分の日ですね、最近日の出が早くなってきたのを通勤時間に実感しております(*^^*)。

先週行われたYoutube活用に関する合宿形式のセミナに動画配信受講生として申し込み、
現在2日分の動画を視聴しているところですが、

昔は、企業レベルでないと難しかったマルチメディア戦略(動画、ブログやHP、メルマガ)
が、個人レベルでも使えるようになったことに隔世の感を抱きました(^_^;)。

K0050651

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 「出来るか」ではなく、「出来る条件を作れるか」

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

● 受験計画を立てる時期

 4月に大きな異動がある会社にお勤めの方は、そろそろ内示が出て、
来年度の体制が要員含めてわかる頃かと思います。

 来年度の自分の職場がわかると、受験の計画も立てやすくなりますね。
この時期は、正月休みなどに立てた受験計画を見直す時期でもあります。

 今から計画を立てる人、または見直す人それぞれ、
「これから、試験日まで十分な準備が出来るだろうか?」とお悩みの方も
多いかと思います。



●「出来るか」で悩まず「どうやれば出来るか=出来る条件」を考える

 精神論めいてるようですが、試験までの準備・学習については、
仕事と同じく「出来るかどうか」を考えることは、あまり生産性がなく、
「出来る条件は何か」と現状のギャップをどう埋められるかという観点から
計画を立てていくことが重要です。

 来年度の合格のために準備することが難しいと判断される場合もあると思いますが、
まず、受ける試験の「どの分野で何点(何割)取れば良いか?」を設定し、
現在はどのくらいの点数が取れるのか、
というギャップを把握して、それを埋める方策を考えると、
現実的な判断が出来るかと思います。

 そのためには、まず過去問や模試などを解くことで、上記のギャップを
客観的に認識すると、余計な焦りを産まずに、課題解決に向かえるので、
是非「出来るかどうか」で悩んだ場合、「まず問いてみて」実態を把握し、
ギャップを埋めるための計画建てを始めることをおすすめする次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月13日 (月)

今いるところを捉える全体観を持つ

テック青木です。

6年前の3月11日、私は大きく揺れる職場で、パソコンのモニターを押さえながら、
まずは情報収集しなくてはと考え、
揺れが収まってすぐに、ブラウザを立上げ、ニュースを見たのを覚えています。

亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈りするとともに、被災後も復興の努力を
続けられている方々、それを支援されている方々に敬意を表します。

K3100066

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 今いるところを捉える全体観を持つ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

● 「私はどこ?」の不安と非効率

 最近、「自分の仕事で、何が分からないのか、不十分なのか自体がよく分からない」
という感想を聞く機会がありましたが、

 このように、仕事でも、勉強でも、
「自分がどのレベルなのか、ゴールに向けた工程の中で、今何処にいるのか」
が分からず、不安を抱えている方は多いのではないでしょうか?

 自分の位置と方向が分かれば、まだゴールには距離が合っても、焦らず着実に
進むことが出来ますね。

 そのためにも、まず目標(ゴール)に向けた工程の全体像を押さえて、
その中で自分は今どこにいて、どちらの方を向いているのか(努力の方向)を
把握することが大変重要になります。



●全体像(全体観)を押さえるための基本書や過去問の使い方

 仕事では、まず自分の業務と会社全体、少なくとも所属する部所および直接関連する部所の
目的と仕事の概要を押さえて、そこから自分の業務をもう一度見直すことが必要ですが、

 資格試験の勉強では、基本書と過去問を上手く組み合わせて、
まず基本書の目次から全体構成と各章のページ数≒学習の分量のイメージを持つ、

次に、最新3年間位の過去問をざっと解いて、基本書で対応するところが何処かを確認する。

というステップを踏むと、学習すべき範囲の全体像と自分の位置(既に理解している範囲や
弱点など)を早くつかむことが出来ます。

 それからゴール(試験日)までのスケジュールを作ることで、
効率的に、かつ焦らず学習を勧めることが出来ますので、お試しいただければと思う次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 6日 (月)

技術士二次試験合格者発表と30年度試験について

テック青木です(^0_0^)。
先週土曜日は、中小企業診断士の企業経営研究会に参加しました。
第1講は、日本薬科大の先生による統合医療。風邪の治療を題材に漢方をいかに
取り入れるかについて実践的なお話を伺いました。(*^^)v。
第2講は、東京商工リサーチの方による、与信管理について、リスクマネジメント
の視点を含めて、生々しい事例も交えて教えて頂きました。
第3項は、ユーザーのナマの声を拾い上げる仕組みを提供している企業の方からの、
診断士とのコラボ提案に関するお話をいただき、大変勉強になりました(*^^*)。

20170304

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
◎ 技術士二次試験合格発表
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
● 3月1日技術士二次試験合格者発表
 3月1日に、口頭試験を含めて平成28年度の技術士二次試験合格者が発表されました。
合格された皆様、本当におめでとうございます\(^o^)/!!
努力の末に栄冠を勝ち取られた方々に心より敬意を表します。
すでに登録の手続きに取り掛かっている方も多いかと思いますが、
この機会に、是非技術士会にもご入会ください(*^^*)!
技術士会は他の士業に比べると、オープンな講習会等が多く、
会に入らなくても利用できるものが多いですが、先輩の技術士の方との交流など、
入会者ならではのメリットもありますので、是非ご検討ください(^o^)/。
● 平成29年度の試験の変更
昨年に公表された、技術士制度のあり方に関する検討結果では、
技術士に求められるコンピテンシーから、現在の試験制度を
大幅に変更することが記載されています。
必須科目は総合技術監理を除いて記述式のみとなり、
さらに各部門の科目も数を絞る方向となっています。
30年度の試験を受ける方にとっては、不安なことと思いますが、
資格試験の学校等では色々な情報提供を行っていますので、こういったものを活用して、
まずは自分に合った科目選びから試験準備を始めていただければと思います。
目標を見定めつつ、早めのスタートダッシュが重要と考える次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »