« 音声学習における動画の活用 | トップページ | 技術士二次試験合格者発表と30年度試験について »

2017年2月27日 (月)

スケジューラとToDoリストの一体化で勉強時間を捻出

テック青木です(^0_0^)。
先週水曜日は、新しいブログを立ち上げるべく、
WordPressの初心者向けセミナー(1日コース)に参加いたしました。
講師は、ブログだけでなく、自分の事業にインターネットを活用されている方で、
Fintechなどにも造詣が深く、大変勉強になりました(*^^)v。
ただ、自分がマニュアルを読むのが苦手でICT音痴であることを再認識
した1日でもありました(^_^;)。

Dsc00181

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ スケジューラとToDoリスト

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

● 打ち合わせや会議と作業時間の一体管理

前回、前々回と、スキマ時間の活用方法を採り上げましたが、


会社での仕事も含めて、

打ち合わせなどのイベント系と、資料作成などの作業系の

2種類の用事を、同時に管理する必要がありますね。


仕事の内容によっても、最適なやり方は異なるかと思いますが、

前者をスケジューラ、後者をToDoリスト(あるいはリマインダー)

で管理するとして、大まかには


1.スケジューラは手帳または、ToDoリストは別に印刷など別々に

のツール(スマホのアプリなら別々のアプリ)で管理する

2.ポストイットにToDoを書き、手帳に貼って管理する

3.スケジューラとToDoリストを一体で管理する

のいずれかで運用されているのではないでしょうか?


私は、3のスケジューラとToDoリストを、両方ともグーグルカレンダーに

書き込んで、打ち合わせなどのイベントは頭に★マーク、

重要な作業には頭に●を付けるなどして一体で管理しています。


スマホではその当日1日分、iPadやパソコンでは週間のベージを使い、

会社ではノートPCにサブでモニターを付けているのでサブモニターに表示、

自宅では、ノートPCの横にiPadを置いて、そこにスケジューラを映しています。


現在、師事している精神科医の樺澤先生から、「ToDoリストは、集中力が途切れないよう

1秒以内に確認出来るようすること」と教えて頂いてから、トップページにいつも

表示するようにしているものです。



●勉強時間の捻出方法

打ち合わせ・会議以外に、作業に充てる時間も予め確保出来ることから、

ここ数年スケジューラにイベントだけでなく、作業予定も書き込んでいましたが、


更に、集中力を要する作業は午前中に、機械的にこなせる仕事は疲れてくる午後にといった、体調に応じた作業管理が出来ることも大きな利点かと思います。


また、「仕事とプライベートは同じ手帳(ツール)で管理すべき」という点からは、

仕事上の作業予定だけでなく、勉強やメルマガを書く作業の時間など、


プライベートの作業もスケジューラ上に予め入れておくことで、捻出しやすくなりますね。


さらにその作業が終わると、私はチェックマークを入れるようにしていて、

それによって達成感を味わえ、モチベーション維持にも役立っています。


私の仕事も、それなりに飛び込みの依頼などが多いのですが、

一つ一つの作業はある程度時間が読めるため、上記のやり方が合っているようです。

勉強時間の捻出や、打ち合わせなどに追われて資料作成などの作業時間を取るの苦労されている時のご参考になれば幸いです(*^^*)。

|

« 音声学習における動画の活用 | トップページ | 技術士二次試験合格者発表と30年度試験について »

スケジューリングと時間管理」カテゴリの記事

情報共有、ナレッジマネジメント」カテゴリの記事

知的生産の技術」カテゴリの記事

資格を取ろう!」カテゴリの記事

資格試験の勉強方法、情報収集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171219/64943481

この記事へのトラックバック一覧です: スケジューラとToDoリストの一体化で勉強時間を捻出:

« 音声学習における動画の活用 | トップページ | 技術士二次試験合格者発表と30年度試験について »