« 音声教材を自作する | トップページ | スケジューラとToDoリストの一体化で勉強時間を捻出 »

2017年2月19日 (日)

音声学習における動画の活用

テック青木です(^0_0^)。
先週金曜日は、企業内診断士活性化懇話会で、ジョージ・フリードマンの100年予測(早川書房)の概要を伺いました。
体系的に全体像をまとめていたき、大変分かりやすく、勉強になりました(*^^)v。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
◎ 音声学習の代替としての動画活用
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
● スキマ時間での動画活用
前回、通勤時間等のスキマ時間の活用方法として、音声学習と
その教材の自作方法を採り上げましたが、

動画を使うというのも有効な方法の一つかと思います。

中小企業診断士試験では、通勤講座というサイトが
約6万円で動画による通信教育を提供しています。

https://manabiz.jp/shindanshi/?gclid=CJzJ9fqEm9ICFYGavAodfF4Isw

なお、Youtubeでは、以下のような無料の動画も多くアップされているので、
まずはYoutubeでご自身の受ける資格で検索して、スマホで通勤時間などに
利用してはいかがかと考える次第です。

https://www.youtube.com/watch?v=uhLkkmwKNrA


● 音声教材は先に一度読んでおくと効果的

 読み上げアプリや、動画を音声学習に使う場合には、
まず、読み上げる資料や動画を一度(ざっとで良いので)見ておくと、
音声学習の効果が高まります。

 その意味では、音声学習は復習向けと言えるかもしれませんね。

場所を選ばず、繰り返し聞くことが出来るという点でも一度解いた問題
(特に間違えた問題)、一度読んだテキストや動画などを、
音声教材化して利用することは、かなり有効かと思います。

 ビジネスパーソンは使える時間が限られていますので、
スキマ時間を有効活用して、是非効率的な学習を進めてはと考える次第です。

|

« 音声教材を自作する | トップページ | スケジューラとToDoリストの一体化で勉強時間を捻出 »

中小企業診断士関連」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

技術士関連」カテゴリの記事

知的生産の技術」カテゴリの記事

行政書士関連」カテゴリの記事

資格を取ろう!」カテゴリの記事

資格試験の教材、学習ツール、参考書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171219/64912520

この記事へのトラックバック一覧です: 音声学習における動画の活用:

« 音声教材を自作する | トップページ | スケジューラとToDoリストの一体化で勉強時間を捻出 »