« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月の2件の記事

2016年11月27日 (日)

試験勉強とロールプレイングゲーム

テック青木です(^0_0^)。

 先週は、東京都中小企業診断協会の講演会で、モノづくりの分野でマーケティング
や組織改革に取り組んでいる企業の方からお話を伺う機会を得ました。

 最近読んでいる「成功している人はなぜ神社に行くのか?」という本の影響で
近所のお稲荷様に参拝してきました(*^_^*)。

これからは近所や勤め先(通勤途上)、いずれは生まれ故郷(九州)の神社にも
行きたいと考えているところです。

Img_0263


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 試験勉強とロールプレイングゲームの共通点

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●RPGは楽しい、試験勉強は?

突然ですが、あなたはロールプレイングゲーム(RPG)を
やったことがある、あるいは今もやっていらっしゃるでしょうか?

私は学生時代にアップルのウイザードリーやアルティマなどの
コンピューターRPGにかなりはまった口ですが、
その後あまりにも時間をとられるので、遠ざかっておりました。

ボードゲームのRPGもいくつかやってみましたが、こちらは
一緒にやってくれる仲間が中々集まらず、趣味となるには至りませんでした(^^;)。

ですが、RPGに限らず、ゲームが好きな人にとっては、
大変楽しいですね。

それに対して、試験勉強は、やはり「必要悪」的な意識を
持つことが多いのではないかと思います。

私も、「合格するまでの辛抱」という気持ちが勝ることの方が、
勉強自体を楽しむよりも多いのですが、

実はRPGと試験勉強は似たところが多いのではないかと思っております。

一つは、PRGではキャラクターを育てていくところと、試験勉強での知識の取得過程ですね。

試験勉強でも演習や単語帳、模擬試験などを通じて自分の学習進度を確認していくわけですが、
その過程はPRGでキャラクターを育てる過程に通じるものがあると思います。

逆に、RPGのようにこの過程を楽しむためには、
・細かくマイルストーンを設定する
・進度を点数などで見える化する
・なにがしかのご褒美を用意する

の3点が効果的かと思います。

●チームを組む

 私は独学が多かったのですが、
それでも模擬試験や行政書士試験で同じ教材を購入した仲間との情報交換やお互いの励ましを、
フェースブック等を使って行えたことは、試験勉強を続けるうえでモチベーション維持に大変役に立ちました。

 RPGでチームを組むように、特にお互い得意科目が違う人と交流しながら試験勉強を進めることは、効率化とモチベーション維持の双方で有効だと考えています。

 試験勉強だけでなく、中小企業診断士のコンサルなど、合格後にその資格を使う場合でも、チームを組む必要性に直面することは数多くあります。

 RPGと同じようにチームを組んで、共通の目的に取り組む機会を作ることも意識してはいかがかと思う次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月13日 (日)

試験とフォーマットづくり

テック青木です(^0_0^)。

 11月は、行政書士会の知的資産経営研修会、中小企業診断士の健康経営研究会等に
に参加して、勉強させていただきました。

 今日はまた新宿御苑辺りに出かけようかと考えているところです(*^_^*)。

Dsc00182

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 試験とフォーマットづくり


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●スケジュール表、サブノートなどのフォーマット

試験勉強において、学習計画を立てること、教材を揃えることは、
基本的なところですが、その際にフォーマットをどのように
作るかについては、個別の学習分野だけではなく、
勉強のフローに沿って、スケジュール、サブノート等の自作の
教材(最近は音声教材も含めて)の連携を考えながらフォーマットづくりを行う必要がありますね。

順番としては、
メインの教材の構成に合わせてサブノートの目次やスケジュール立ての基本的な構成を考え、

スケジュール表は、運用時に記入する項目(例>どこまでやったか、実際にかかった時間など)、
サブノートは、複数回復習する際に追記できるようなスペース等、
使うシーンを想像しながらフォーマットを作っていくとよいかと思います。


●準備運動としてのフォーマットづくりと見直し

 仕事等に取り掛かるのに、心理的なハードルが高く、
グズグズと引き延ばしてしまうことが私にはよくありますが(^^;)、

仕事術の本などでは、まずやるべきことを細かく分解し、
資料を揃える、PCで使用するソフトを立ち上げるなど、
簡単な作業から取り掛かるよう勧めていることが多いですね。

試験勉強についても同様で、
最初の取っ掛かりとして、教材を揃えること、フォーマットを作ることは
比較的簡単に始められることかと思います。

また、受験期間中も、いきなり問題を解く気にならないようなときは、
まずサブノート等のフォーマットを少し見直したり、
スケジュール表に今までの結果を記入するなどして
ウォーミングアップすると、比較的スムーズに勉強に取り掛かれます。

(実は、この土日に知的資産経営研修会の宿題に取り掛かるときにも、
まずは、先日のブレストの結果を写真からパワーポイントに書き写すという単純作業から始めることで、
心理的なハードルを乗り越えて作業を進めているところです(^^;)


 あなたは、勉強や仕事に取り掛かるときに、どの様な作業から始めているでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »