« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月の1件の記事

2016年10月16日 (日)

来週の中小企業診断士二次試験に向けて

テック青木です(^0_0^)。

 10月は、中小企業診断士の企業経営研究会や弁理士・弁護士の他士業との交流会
に参加して、色々な刺激を受けてきました。

 その後、会社の仕事でバタバタしていたため、先週、今週は新宿御苑など公園巡り
でリフレッシュしております(*^_^*)。

120830_0806001

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 中小企業診断士二次試験を1週間後に控えて

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●平成28年10月23日(日)は中小企業診断士二次試験

いよいよ、中小企業診断士二次試験まであと1週間となりました。

ここまでたどり着いた皆様に心より敬意を表します。

この1週間は、本当の意味で総仕上げ(体調も含む)の時期です。
万全の態勢で、試験日を迎えられるよう祈念しております。

●今までの見返しと知識の体系化

 あと一週間で何ができるのか?
と不安に駆られることもあるかと思いますが、このようなときは、
まずは今までやってきたところの見返しを行うことで、
自分が払ってきた努力の再認識を兼ねた復習が効果的です。

 そのうえで、もう一度、インデックスとなるサブノートや基本テキスト
を使って、知識の体系化(細部よりもどんな構造になっているか)を
図ることが、特に答案の論旨の一貫性を要求される記述式試験では
重要になります。

●捨てる勇気と捨てない根気

 試験が近くなってくると「もっとやっておくことがあるんじゃないか?」
とネットなどで新しい情報や教材を探す誘惑にかられることがありますね。

ですが、この時期は今まで学んだことの復習のみに集中することが必要です。
記憶のメカニズムから言っても、何回も同じものを繰り返すことが有効とされています。

 これとは別に、今までの教材を見返していて「あれも、これもきちんと覚えていない!」
と落ち込んでしまうことも1か月くらい前からこの時期にかけて、よく起こることかと思います。

 どんな試験でも満点は必要ありません。6~7割とれば合格できるように作られています。

つまり、今までの教材を見て1~2割あやふやな部分があっても大丈夫!ということです。

是非、「(新しい教材・情報は)捨てる勇気」と「(最後まで受験を)あきらめない根気」で
あと1週間を乗り切ってください!

●本当にくどいですが朝型への移行を

 年度も下半期に入って、会社が忙しく、中々早く帰れない事も
多いかと思いますが、 体調は集中力に大きな影響を及ぼします。

仕事の方の時間のコントロールが難しい場合は、
食事と睡眠だけでもコントロールして、

夕食は軽めにして(お酒もできれば控えて)なるべく早く寝る。
その分朝食はしっかり食べられるよう余裕をもって朝起きる。

のこの2つだけでも心がけることで、体調の維持に役立つかと思います。

 あともう少しです!貴方の合格を心より祈念しております(^o^)/!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »