« 自動車と自動化やIoT関連の特許ニュースについて | トップページ | 来週の中小企業診断士二次試験に向けて »

2016年9月26日 (月)

中小企業診断士二次試験1か月前の過ごし方

テック青木です(^0_0^)。

 9月20日はは技術士会応用理学部会で「下町ロケット」の知財弁護士の
モデルになった鮫島先生の講演会「中小企業の知財戦略」で、大変
実践的なお話を伺いました。
 その次の21日には、中小企業診断士関係の知的資産経営研究会で、
事業性評価と知的資産経営に関する議論を聞く機会を得ました。

 2日連続で知財や知的資産について社外の方のお話を聞くことができ、
大変勉強になりました(^^♪。

 先週PHSから乗換えたiPhoneは、今までiPodやiPadを使っていたにも
かかわらず、PCとの同期その他いろいろ設定に苦労しております(;^_^A。

Dsc00079

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 中小企業診断士二次試験1か月前の過ごし方

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●平成28年10月23日(日)は中小企業診断士二次試験

いよいよ、中小企業診断士二次試験までちょうど1か月となりました。

ここまでたどり着いた皆様に心より敬意を表します。

わずか1か月、されど1か月で、今からできることはまだまだあります。
焦らず、油断せず是非残りの期間を過ごされて、試験日を迎えられるよう祈念しております。

●インプットもアウトプットも今までの材料を使って

 模擬試験や予想問題を解いたり、サブノートや参考書を見返すと、
「ここは覚えていない」、「これは今まで見ていなかった」
といった項目が出てきますね。

 基本的に、現時点からは新しい教材に手を付けるよりも、
今まで使った問題集などで、出来なかったところを復習する方が
効率が良いですし、焦りも出にくいかと思います。

●本番に近い解き方に

 同じ教材でも、ここからは、本番と同様に解答するよう、
解き方を変えていくことは必要ですね。

 例えば、土日などには本番と同じ時間帯に予想問題を解く、

 過去問を使うときは、新しく印刷して、
本番と同じように、問題用紙や解答用紙を使う、

 といったように、いわゆる「本番慣れ」と総復習を両立させるように
心がけることが重要かと思います。

 特にあがり易い方は、試験会場にも出かけて行って、
その近くの喫茶店で問題を解くくらいにしても良いのではないでしょうか。

●くどいようですが朝型への移行を

 これは、試験1か月前位の方にはいつもお話しすることですが、
試験の時間に最も頭が働くよう、
また、余裕をもって試験会場に出かけられるよう、
朝型に移行するように生活習慣を変えていくことが大変重要です。

 体調は集中力に大きな影響を及ぼします。
私も、平日の疲れが残る土曜日と日曜日では、模擬試験などの成績が
随分違うという経験をして、体調管理の重要性を思い知らされたクチです。

 実力もさることながら体調のせいで涙を飲むことだけはないよう、
自分の集中力や記憶している内容のピークを試験当日にもっていくよう管理してください。

 あともう少しです!貴方の合格を心より祈念しております(^o^)/!

|

« 自動車と自動化やIoT関連の特許ニュースについて | トップページ | 来週の中小企業診断士二次試験に向けて »

スケジューリングと時間管理」カテゴリの記事

中小企業診断士関連」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

資格を取ろう!」カテゴリの記事

資格試験の勉強方法、情報収集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171219/64245569

この記事へのトラックバック一覧です: 中小企業診断士二次試験1か月前の過ごし方:

« 自動車と自動化やIoT関連の特許ニュースについて | トップページ | 来週の中小企業診断士二次試験に向けて »