« 米国の特許審査のパフォーマンス評価にみる地域間競争 | トップページ | 明日からの中小企業診断士1次試験に向けて »

2016年7月21日 (木)

北東北3県の国立大と地方銀行3行が大学の知財活用に関する提携協定を締結

青森銀行、秋田銀行、岩手銀行、弘前大学、秋田大学、岩手大学の6者は、地方創生の取組みとして、大学の持つ新技術を地域の中小企業と連携して活用するための新しい取組みとして「ネットビックスプラス」を立上 げ、今般協定を締結したと、7月14日に発表しました。

https://www.a-bank.jp/contents/cms/article/20160714001/index.html

提携の内容は以下の通りです。

3大学の持つ、知的財産の統一データベースを構築。
地銀が仲介役となり、取引先企業が商品開発や新分野進出、生産性向上などのため大学の知見を活用できるようにするそうです。

(1)3大学の保有する知的財産等、研究成果等情報の地域企業への提供

(2)3銀行の顧客企業が保有する技術的ニーズの共有と6者連携による解決スキームの提供

(3)北東北3県の地域企業の新産業創出を目指した、産業振興および地方創生への支援

(4)その他、目的を達成するために必要な事項


●産学連携と資金供給

もともと、政策投資銀行などは、地域経済活性化、特に中小企業に対する支援などを積極的に行っていますが、今回のように地域密着型の金融機関の支援は今後も重要な役割を持つかと思いますが、大学の知財のデータベースがどのようなものになるのか、有効に機能するのか関心があるところです。

|

« 米国の特許審査のパフォーマンス評価にみる地域間競争 | トップページ | 明日からの中小企業診断士1次試験に向けて »

ビジネスアイデア」カテゴリの記事

知的財産」カテゴリの記事

科学技術関連」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

補助金等公的助成制度」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171219/65235429

この記事へのトラックバック一覧です: 北東北3県の国立大と地方銀行3行が大学の知財活用に関する提携協定を締結:

« 米国の特許審査のパフォーマンス評価にみる地域間競争 | トップページ | 明日からの中小企業診断士1次試験に向けて »