« NEDO、石炭火力に関するプロジェクトを公表(ENDOプロと中小企業) | トップページ | 技術士二次筆記試験1か月前の過ごし方 »

2016年6月12日 (日)

技術士第一次試験の申し込みが始まりました。

テック青木です(^0_0^)。

 昨日は、久しぶりに技術士会の機械部会の例会に出て、アイデア発想法の講習と
TRIZを使ったワークショップに参加しました。
(講師は、アイデア プラントの石井力重さんです)
http://ideaplant.jp/

昔、TRIZのソフトが会社に導入されていたことがありましたが、
現在は、カードなどを利用して、ソフトを使わずとも使えるのだということを体感させていただきました。

講師のお話も、プレゼンテーション(話し方、PPTの使い方)の参考としても
勉強になりました(^^)v。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 技術士第一次試験の申し込みと今後の計画について

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●技術士第一次試験の申し込みが始まりました。

以下のように、技術士第一次試験の申し込みが始まりました。

https://www.engineer.or.jp/c_topics/004/004488.html

受験申込書配布     平成28年6月8日(水)~7月1日(金)
受験申込受付期間     平成28年6月20日(月)~7月1日(金)
筆記試験日     平成28年10月9日(日)
合格発表     平成28年12月15日(木)[予定]

申し込み用紙や、試験要項(科目と試験時間、配転など)も上記サイトから
ダウンロードできますので、受験を予定されている方、これからでも関心のある方は
ぜひご覧ください。

●基礎科目に見る、技術者に求められる「常識」

一次試験あるいはその一部を免除される方も多いと思いますが、
基礎科目の項目や、過去問をみると、
技術系の社会人に求められる(と少なくとも文科省が考えている)「常識」
とはどのようなものなのかという参考としても面白いものがあります。

基礎科目

科学技術全般にわたる基礎知識出題分野は、次の(1)~(5)のとおり

(1) 設計・計画に関するもの(設計理論、システム設計、品質管理等)
(2) 情報・論理に関するもの(アルゴリズム、情報ネットワーク等)
(3) 解析に関するもの(力学、電磁気学等)
(4) 材料・化学・バイオに関するもの(材料特性、バイオテクノロジー等)
(5) 環境・エネルギー・技術に関するもの(環境、エネルギー、技術史等)

平成27年度の過去問:https://www.engineer.or.jp/c_topics/004/attached/attach_4134_1.pdf

情報ネットワーク、環境、エネルギーなどは、
テックが昨年受けた行政書士の一般知識と重なるところもあり、
技術者だけでなく社会人としての一般教養とみなされるところなのだなとの感を深くしました。

●この時期からの受験計画

このメルマガでもお話していますが、

試験に申し込む時は、受験のモチベーション(と覚悟)が高くなるため、
このときに、もう一度試験計画を見直す良い機会ですので、

10月の本試験までの計画をもう一度確認・修正されることをお勧めする次第です。
その際に、

・会社の出張や家族旅行など、勉強時間に大きな影響を与えるイベント
・公開模試などの試験にかかわるイベント
についても再確認して、計画に織り込むことが大変重要ですね。

社内士ブログの過去記事もご参考にしていただければ、大変幸いに存じます(#^.^#)。

http://shanaishi.cocolog-nifty.com/blog/ 

皆さんは、この夏から秋にかけて、どんな学習計画を立てていらっしゃるでしょうか?

|

« NEDO、石炭火力に関するプロジェクトを公表(ENDOプロと中小企業) | トップページ | 技術士二次筆記試験1か月前の過ごし方 »

学問・資格」カテゴリの記事

技術士関連」カテゴリの記事

知的生産の技術」カテゴリの記事

資格を取ろう!」カテゴリの記事

資格試験の勉強方法、情報収集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171219/63765955

この記事へのトラックバック一覧です: 技術士第一次試験の申し込みが始まりました。:

« NEDO、石炭火力に関するプロジェクトを公表(ENDOプロと中小企業) | トップページ | 技術士二次筆記試験1か月前の過ごし方 »