« 総務省、、「IoTサービス創出支援事業」に係る提案の公募の委託先候補を決定 | トップページ | 内閣府の重要インフラ専門調査会(第7回会合)におけるサイバーセキュリティ »

2016年6月22日 (水)

オンライン資格講座にみる「スマホと時間という市場での競争」

少し前になりますが、
オンライン通信講座「通勤講座」を運営するKIYOラーニング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:綾部 貴淑)は、2016年5月に「通勤講座」の有料受講者数が1万人を突破と発表しました。

https://manabiz.jp/news/20160605.html

この企業は、いわゆる「週末起業」から始まり、
2014年には、経済産業省主催「がんばる中小企業300社」に選出されていますが、

中小企業診断士から始まり、司法書士、宅建、FP、司法試験、税理士、行政書士、簿記など分野を広げるとともに、
スマートフォン向けの学習機能を強化して、
通常の資格の学校や通信教育よりもかなり低い価格で講座を提供しています。

●スマホ×通勤時間という市場
 いまや通勤電車の中でスマホを使っている人の方を多く見かけるようになりましたが、
通勤時間中のスマホの利用という市場で、
ゲーム、メール、ニュース、勉強(通信教育)など、複数の異なる分野が競争している状況が今回の記事からも垣間見えますね。

テックは、例えば「音楽を聴きながらメールを見る」、
「ヒーリングや集中力向上などの音楽(効果音)を聴きながら勉強する」、
「ニュースを聞きながら好きな画像や動画を眺める」
など、スマホ×通勤時間という市場をさらに「視覚と聴覚」に細分化して、
それぞれに応じた商品・サービスを提供するなど色々な試みが行われてくると感じています。

|

« 総務省、、「IoTサービス創出支援事業」に係る提案の公募の委託先候補を決定 | トップページ | 内閣府の重要インフラ専門調査会(第7回会合)におけるサイバーセキュリティ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

ビジネスアイデア」カテゴリの記事

ビジネス情報源」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

経営関連」カテゴリの記事

資格の活用」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171219/65235422

この記事へのトラックバック一覧です: オンライン資格講座にみる「スマホと時間という市場での競争」:

« 総務省、、「IoTサービス創出支援事業」に係る提案の公募の委託先候補を決定 | トップページ | 内閣府の重要インフラ専門調査会(第7回会合)におけるサイバーセキュリティ »