« 他士業とのコラボ(弁理士会との合同イベントに参加して) | トップページ | 年度替わりと計画の見直し »

2016年3月27日 (日)

受験願書と業務棚卸し

テック青木です(^0_0^)。

ここ10日間ほど風邪で体調不良気味(^_^;)。年度末までの仕事と送別会などが
重なって、中々完全回復できませんが、こういう時こそ体調管理が重要ですね。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 試験の申し込みと経験の棚卸

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●技術士二次試験申し込み始まります

平成28年4月1日(金)から4月27日(水)までが
今年度の技術士二次試験の受験申込書等配布期間、

平成28年4月6日(水)から4月27日(水)まで(土曜日・日曜日を除く。)が
受験申し込み期間となっていますね。

https://www.engineer.or.jp/c_topics/004/004187.html

どの分野で受けるのか、総合技術監理部門なども併願するのかなどは、
今月中に決めておきたいところかと思います。

●業務経験の棚卸の機会に

ご案内の通り、技術士二次試験では、原則として7年間の
科学技術分野における業務経験が必要で、
現在の勤務先からの証明も要求されています。

履歴書を作成するのは、結構面倒なものですが、

これは、自分自身の経験の棚卸の絶好の機会でもあります。

受験願書に必要なレベルではなく、
なるべく詳細な業務の棚卸、特に自分がやったことに加えて、
そこから得た自分の知見・スキルまで、一度一覧表に書き出しておくと、

筆記試験、口頭試験、さらには今後の自分のキャリアデザインにも
大変役立つため、ぜひこの機会に業務経験の棚卸しの視点で
履歴書の材料作りから始めてはいかがかと思います。

その時のTIPSとしては、
やったことと、そこから得た自分の強み(知見・スキル、今後できること)
は欄を分けて書いておくと、受験願書用や、キャリアデザイン、自己PR
など、色々な用途に使い分けしやすくなります。

また、なるべく期間も細かく分けておくと、元ネタとしては使いやすくなりますね
(細かく分けたものを、必要に応じて省いたりまとめたりする方が、
おおざっぱに書いたものを、場合によって詳細化するより通常は容易かと思います)

みなさんは、どのようなタイミングで業務経験の棚卸をしていらっしゃるでしょうか?

|

« 他士業とのコラボ(弁理士会との合同イベントに参加して) | トップページ | 年度替わりと計画の見直し »

ライフデザイン、キャリアデザイン」カテゴリの記事

資格を取ろう!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171219/63401134

この記事へのトラックバック一覧です: 受験願書と業務棚卸し:

« 他士業とのコラボ(弁理士会との合同イベントに参加して) | トップページ | 年度替わりと計画の見直し »