« 年度と暦年の使い分け | トップページ | プライベートの集まりに出るときに(紹介ツールの持ち歩き) »

2016年1月17日 (日)

合格発表までの過ごし方

昨日は、東京都中小企業診断士協会城北支部の賀詞交歓会に参加しました。

第1部では5,6人のチームに分かれて、ゲーム形式のグループワーク、初めてお会い
する方とも盛り上がりつつ、第2部の懇親会へと続きました。
120名以上が参加し、大変盛況でした(^^)v。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎試験から合否発表までの過ごし方

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●技術士口頭試験

そろそろ、技術士2次試験の口頭試験も終了するころですね。

受験された方、本当にお疲れさまでした。皆様の合格を心より
祈念しております。

●合否発表までの過ごし方

試験が終了し、自己採点してから合格発表までは、
試験にもよりますが1~3か月位の期間がありますね。

残念ながら、合格の可能性はほとんどないと判断した場合には、
来年の試験に向けて今から走り出そうという気にもなれるかと思いますが
(また、資格の学校なども既に来年度の試験に向けた募集を始めていますが)、

ぎりぎりかな、あるいは合格していると思うけれどもマークミス、受験番号忘れなどのミスが心配という方も多いのではないでしょうか?
このようなときには、中々次のステップに踏み出しにくいものですね。

このような時にやっておくとよいこととして、以下の3つが挙げられると思います。

1.今まで脇に置いておいたことをやる。
 おそらく試験までは休日含めて他のことを犠牲にして試験勉強に取り組まれてきたことと思います。

合否まではその犠牲にしてきたこと(読書、趣味、なによりも家庭サービス!)を優先してやっておくと、

合格すれば、その先のステップ(登録、対象資格の団体への参加など)で、
残念な結果ならば、来年度に向けた準備で、
また後回しになりそうなことに今のうちに取り組んでおくことは時間の有効な使い方かと思います。

テックの場合は、家庭サービスと、中小企業診断士会(主に支部)、技術士会の活動に時間を使っております。

2.合格後のステップを確認する。
意外と、合格後にどのような手続きがあるか、技術士会、中小企業診断協会などの団体はどんなところかということは、受験期間中はあまりチェックしていないものです。

登録に必要な資料や費用など、多少なりとも準備が必要なものもあると思いますので、合否が不確かでも確認しておくとスムーズに手続きに入れますし、残念な結果でも来年度への励みになります。

3.受験勉強の復習
試験が終わって1カ月もすると、勉強した内容を結構忘れている物です(^_^;)。
受験間際に使っていたまとめのサブノートなどは、時々見返しておくと良いかなと思います。

テックはサブノートを読み上げアプリに入れて通勤時間に聞き返せるようにしております。

以上の3つすべてをやることは難しいかと思いますが(テックも3番の復習は中々手が付いておりません(^_^;)、
皆さまの合否発表までの過ごし方のご参考になれば幸いです。

改めて今年度受験された方の合格を心より祈念いたします。

|

« 年度と暦年の使い分け | トップページ | プライベートの集まりに出るときに(紹介ツールの持ち歩き) »

中小企業診断士関連」カテゴリの記事

技術士関連」カテゴリの記事

資格を取ろう!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171219/63078675

この記事へのトラックバック一覧です: 合格発表までの過ごし方:

« 年度と暦年の使い分け | トップページ | プライベートの集まりに出るときに(紹介ツールの持ち歩き) »