« 過去問から学ぶべきこと | トップページ | 資格と規格:省エネ国際規格ISO50001のコンサルタントとしての活用 »

2011年6月18日 (土)

法規制や国際規格とコンサルタント、資格試験

テック青木です(^0_0^)。

最近、中小企業診断士の実務従事で、サラリーマン診断士仲間でチームを組んで
取り組んでおります。

中国語検定を扱っている企業さんです。

中国語にご興味のある方は以下のURLをご覧ください

http://www.bct-jp.com/

にほんブログ村 資格ブログへ←応援のワンクリックよろしくお願いいたします(^O^)/。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ エネルギー管理に関する国際規格

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

3.11以降、エネルギー問題に関する関心が高まっています。
これは、日本だけでなく世界的にエネルギーセキュリティーの
面からも、ESCOなど省エネルギービジネスなどのビジネス
チャンスとしても捉えられている面があります。

その中で、エネルギーマネジメントシステム規格である、
ISO50001が6月15日に発行されました。

ISO9001(品質),ISO14001(環境)等と
同様、関係する業界の関心は高い様で、16日の電気新聞など
業界系の新聞などでも1面で取り上げられています。

この規格開発を日本で担当していたエネルギー総合工学研究所が

7月28日に、ISO50001に関するシンポジウムを、
千代田放送会館で開催するそうなので、ご参考までにURLを添付
します。

http://www.iae.or.jp/news/seminar_20110728.html

エネルギー管理士の方や、エネルギー分野に関連のある技術士の方
などには参考になるのではないかと思います。

また、この規格は省エネ法と異なり、エネルギー使用量の少ない
中小企業でも利用できるように作成されていますので、
中小企業診断士の方にも顧客への省エネの話題提供のネタ作り
としては良い機会ではないでしょうか?
ないでしょうか?

<外部環境としての法規制や規格・標準化>

今回の福島原発事故を受けて、政府ではエネルギー基本計画の
見直しが始まっています。
また、上記以外にも省エネに関する国際規格開発が、
中国の提案により新たに始まっています(TC257でググッて
みてください)。

これらの外部状況はビジネス環境の変化としても、
関連する資格試験を受ける際の時事問題としても要注意かと思います。

皆さんは、普段どのような法規制や規格について動向をご覧になっていらっしゃいますか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
忙しいビジネスパーソンが短期間で資格取得を取得するための
メルマガはこちら

メルマガ登録・解除
我ら社内士!資格でキャリアライフを100倍楽しむ
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ★☆最後までお読みいただき、大変有難うございます(*^^*)☆★

━★お友達にこのブログをご紹介ください(^o^)/!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

|

« 過去問から学ぶべきこと | トップページ | 資格と規格:省エネ国際規格ISO50001のコンサルタントとしての活用 »

R&D、研究開発、技術開発、知的財産」カテゴリの記事

中小企業診断士関連」カテゴリの記事

技術士関連」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

資格で楽しもう!」カテゴリの記事

資格を取ろう!」カテゴリの記事

資格試験の勉強方法、情報収集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171219/51974121

この記事へのトラックバック一覧です: 法規制や国際規格とコンサルタント、資格試験:

« 過去問から学ぶべきこと | トップページ | 資格と規格:省エネ国際規格ISO50001のコンサルタントとしての活用 »