« 資格試験と振り返り | トップページ | 選択式問題で迷った時に »

2009年9月11日 (金)

題意に沿った一貫性のある解答の書き方

テック青木です(^0_0^)。

時々台風もやってきますが、朝晩大分涼しくなって、勉強などするには助かりますね。(*^_^* )

テックはもっぱら読書(ごく軽いものですが)や散歩に使っております。

にほんブログ村 資格ブログへ←応援のワンク リックよろしくお願いいたします(^O^)/。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ コンサルレポートの視点で解答をチェック

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

<解答が出題者への「回答」になっているか?>

  中小企業診断士2次試験など、記述式試験の準備をされている方

の中には、知識、経験は非常に豊 富なのに、なぜか模擬試験など

では点が取れないとお悩みの方も多いかと思います。

このような経験は、特に大問形式(複数の設問からなる問題)に顕著ですね。

テックの経験では、

1.回答に一貫性が無い

2.題意(出題者の要求)に解答形式または内容あるいは

  その両方で応えていない

のどちらかであることが多いように思います。

これは、意識せずに演習を数多くこなしても、改善しないのでやっかいですね。

<解答を出題者へのレポートと捉える>

 当然ながら、試験問題は何らかの意図・目的に沿って作られている

と考えられますね。

従って、一つの大問中の各設問は、あるストーリーを構成するように

設定されている可能性が高い と思われます。

 従って、与件文と各設問をつなげて、そこから浮かび出てくる出題

のテーマ(診断士試験では主 に事業ドメインの変革など)を把握し、

自分の解答がそのテーマに対するストーリーを構成するよ うに解答

していくことが、上記2点の問題を解決するのに有効です。  

折角の経験や知識を有効に活かすためにも、上記のような視点で

問題演習に取組まれてはいかが でしょうか?

 なお、この視点は、普段の仕事で上司やクライアントの要求に

応えていく場面でも活用できるも のかと思います。(^_^)v

  

>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
忙しいビジネスパーソン が短期間で資格取得を取得するための
メルマガはこちら

メルマガ登録・解除
我ら社内士!資格でキャリアライフを100倍楽し む
powered by まぐまぐトップページへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ★☆最後までお読みいただき、大変有難うございます(*^^*)☆★

━★お友達にこのブログをご紹介ください(^o^)/!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

|

« 資格試験と振り返り | トップページ | 選択式問題で迷った時に »

中小企業診断士関連」カテゴリの記事

資格を取ろう!」カテゴリの記事

資格試験の解答法、試験時の心得」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171219/46170761

この記事へのトラックバック一覧です: 題意に沿った一貫性のある解答の書き方:

« 資格試験と振り返り | トップページ | 選択式問題で迷った時に »