« 口答試験の準備:リアルにイメージする | トップページ | 能力の可視化手段としての資格の効用 »

2008年11月19日 (水)

ビジネスマンの必須スキル?交渉学入門書のご紹介

テック青木です(^0_0^)。

スーツだけでは寒い日も増えてきましたね。以前ブログやメルマガでも紹介しましたが、

寒さ防止にマスクは有効ですね。

テックは好みのハーブオイル(ペーミントなど)を少したらして使っています(^0-0^)。

にほんブログ村 資格ブログへ←応援のワンクリックよろしくお願いいたします(^O^)/。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 交渉学の本の紹介

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 最近交渉学の異業種交流会(月曜日の朝)が始まり、出勤前に参加しています。  

この交渉学は、ハーバード大学で始められたもので、どちらか一方が

相手を打ち負かすのではなく、双方にとってWinWinの関係構築を目指しています。

 東京では丸の内ビジネススクールで受講出来ますが、その講師の

先生方が入門書として著したのが以下の本です。

「交渉学入門」 田村次郎他 日本経済新聞社  

 

事例も豊富に入っており、大変分かり易くコンパクトにまとまっているので、

入門書としては最適かと思います。

(著者の先生方の大学での講座には、テックも参加したことがあるので、

自信を持ってお勧めいたします(^_^)v)

<交渉と思わずに交渉に入ってしまうリスク>

 交渉学を少しかじってみてまず思うのは、普段の仕事などでも

そもそも「これは相手との交渉だ」

と意識せずに実際上の交渉に入ってしまうことが間々あるということです。

 特に、メールのやり取りは事務的な連絡事項との区別が付きにくいので要注意ですね。

テックも時々失敗しては反省しております(^_^;)。

皆さんは、仕事やプライベートでどのような交渉をなさっているでしょうか?

 交渉が主要業務である人に限らず、社会人として身に着けておくと、

ものの見方や問題解決思考にも通じる所があり、中々便利なスキルかと思います。

「交渉学入門」 田村次郎他 日本経済新聞社 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
忙しいビジネスパーソンが短期間で資格取得を取得するための
メルマガはこちら

メルマガ登録・解除
我ら社内士!資格でキャリアライフを100倍楽しむ
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ★☆最後までお読みいただき、大変有難うございます(*^^*)☆★

━★お友達にこのブログをご紹介ください(^o^)/!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

|

« 口答試験の準備:リアルにイメージする | トップページ | 能力の可視化手段としての資格の効用 »

R&D、研究開発、技術開発、知的財産」カテゴリの記事

ビジネススキル」カテゴリの記事

ライフデザイン、キャリアデザイン」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171219/43155182

この記事へのトラックバック一覧です: ビジネスマンの必須スキル?交渉学入門書のご紹介:

« 口答試験の準備:リアルにイメージする | トップページ | 能力の可視化手段としての資格の効用 »