« 評価・判断の比較対象としての予測 | トップページ | ブレークダウン支援ビジネス »

2007年11月14日 (水)

勉強や仕事が手につかない方に

テック青木です(^0_0^)。

 先日、「古武術で毎日がラクラク」という本を読んで以来、 自分の歩き方が気になる毎日です(^_^;)(

足の裏を垂直に離陸させながら歩くというのですが、これが中々 難しく、ちらちらお店のウインドウを覗きながら歩く姿は 傍から見るとちょっと不気味かもしれません(^_^;)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 気分的に作業に着手できない時に 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

資格試験勉強に限らず、普段の仕事でもやらなければならないこと
(その仕事の意義)は分かっているのに中々取り掛かれないことが
ありますね。

その理由は色々有りますが、突き詰めれば

1。物理的に時間が取れない
2。精神的に着手する気になれない(乗り気になれない)

のどちらか、あるいは両方に起因するものだと思います。

このうち2の精神的な原因には、さらに

・先の見通し(作業の全体観)が立っていない
・まずやるべきことが漠然としている

の2つが関係していることが多いようです。  

そこでお勧めしたいのが 「最初に全体の枠を作ってしまう」 ことです。
例えば

1 レポート作成:目次(アウトライン)を作成する
2 調査:調査票の枠を作る
3 資格試験勉強:サブノートのフォーマットを作る

と言った形ですね。さらにここで全体の一部でもよいので作業を 細かい項目
(30分から1時間でできる分量)に分解して枠おけば、 作業全体が見通す
ことができ、かつ手を付けられる欄の入った枠を つくることで、心理的にも
作業に取り掛かりやすくなります。

テックも、会社の業務やブログ・メルマガの作業において

1 プランのアウトプットイメージが漠然としている場合は   マンダラートか
 アウトラインプロセッサ(最近はパームPDA   およびウインドウズPC用の
 フリーソフトPrgect/Pdesk)で   アウトプットおよび作業の全体観を把握
 (イメージ)する。

2 文章ならそのままアウトラインに肉付けするか、表形式の   ワークシート、
 または資料のレイアウト(A3版1枚が基準)   を作成する。

といった順で、作業に取り掛かるまでの時間短縮を図っています。
この方法、効果は実証済みですので、是非お試しください。(^_^)v

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
忙しいビジネスパーソンが短期間で資格取得を取得するための
メルマガはこちら

メルマガ登録・解除
我ら社内士!資格でキャリアライフを100倍楽しむ
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 ★☆最後までお読みいただき、大変有難うございます(*^^*)☆★

━★お友達にこのブログをご紹介ください(^o^)/!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

|

« 評価・判断の比較対象としての予測 | トップページ | ブレークダウン支援ビジネス »

ビジネススキル」カテゴリの記事

知的生産の技術」カテゴリの記事

資格を取ろう!」カテゴリの記事

資格試験の勉強方法、情報収集」カテゴリの記事

コメント

ハングリー様、

テックです。いつもコメントをいただき大変有難うございます。(*^_^*)

水田作業のような昔から、同じことはやられているのですね。大変勉強になりました。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

投稿: テック青木 | 2007年11月20日 (火) 07時48分

昔、何かの本で読んだような記憶があります。
「水田で稲刈りなどの農作業をするとき、例えば10mごとに目印をつけておき、進捗状態を作業者が確認できるようにしておくと作業能率が上がる。」とか。

なので、その業務の全体像が分かっており、進捗が掴める状態(「お尻」が見えている)だと作業者はストレスをあまり感じない。一方、何処まで作業をすれば終わるのかが分からない状態(全体像も進捗も不明)では、作業者は次第にストレスを感じ能率の低下を招く。

そういった意味で、「最初に全体の枠を作ってしまう」というのはナイスですね。全部でどれくらいの作業が必要となるのかを把握しておけば、あとは所々に目印をつけていくだけで簡単な工程(予定)を計画できますものね。

投稿: ハングリー | 2007年11月15日 (木) 10時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171219/17073601

この記事へのトラックバック一覧です: 勉強や仕事が手につかない方に:

« 評価・判断の比較対象としての予測 | トップページ | ブレークダウン支援ビジネス »