« 理論政策研修に参加しました。 | トップページ | 郵便局雑感(想像力の欠如と対策) »

2007年9月10日 (月)

大問形式の問題を「構成する」とは?

テック青木です(^0_0^)。

このところ、個人的に試験関係の用事で更新が遅れておりました(^_^;)。

最近気力体力とも下降気味だったのですが(^_^;)、以下の本を読んで、大変刺激を受けました。

プロフェッショナル進化論 「個人シンクタンク」の時代が始まる(田坂 広志著)

企業人(組織人)、個人事業家を問わず、参考になると思います。 (テックは日頃目を通せるよう、クリエのマンダラートに目次とポイントを引き写しておきました(^_^)v。)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 大問型記述式問題の「2つの構成」

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

10月の試験に向けて、知識のインプットと演習問題や計算問題のアウトプットの双方に余念の無いことかと存じます。

【大問型記述式問題の持つ2つの構造】

 ここで、いくつかの小問から構成される大問型の記述試験について、その問題の把握の仕方についてお話したいと思います。  

よく、資格試験の学校や参考書などで「問題文を読んでその構成・構造を掴め」というアドバイスを受けますが、問題文の構成とは何でしょうか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
忙しいビジネスパーソンが短期間で資格取得を取得するための
メルマガはこちら

メルマガ登録・解除
我ら社内士!資格でキャリアライフを100倍楽しむ
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 テックは、「問題文がテーマとする事象改革や技術課題の流れ、構成」と「設問とその解 答がその構成をどの様に反映しているか」の2つの視点が必要だと考えています。

前者の「課題の構成・フロー」とは、例えば中小企業診断士記述式の与件文が取り上げてい る企業の事業改革自身の流れです。

テーマとしては、新規事業進出時の失敗と再挑戦、過剰投資による財務状態の悪化への対応 、競合環境や市場環境の変化に対する事業ドメインの再設定と組織再構成など、色々ありま すね。

後者の「設問と解答の構成」とは、上記の「課題解決のフロー」を構成するどの要素に各小 問の解答が対応しているかというものです。

 いわゆる「解答の論旨が一貫していない」とは、この
「設問全体のテーマの捉え方と課題解決のフロー化」か、
「解答全体できちんと課題解決のフローを構成する」
のどちらかあるいは両方が出 来ていない場合と言えますね。

【まずはテーマの捉え方と課題解決の流れを捉える】

 技術士や中小企業診断士のようなコンサルタント向け(=課題解決型)の大問式記述試験 では、まず設問と与件文からその大問のテーマと課題解決の流れを捉えることが重要です。

 限られた試験時間の中でこれを行うための勉強方法としては、中小企業診断士試験なら 、 「与件文と設問からSWOT分析をし、事業課題となる事業ドメイン上の問題点とドメイン の再設定、そのための大まかなうち手」を素早くメモする練習を、4つの事例分野ごとに過 去問5年分+練習問題から5つの少なくとも10問、合計40問について行うことをお勧め いたします。

 ★☆最後までお読みいただき、大変有難うございます(*^^*)☆★

━★お友達にこのブログをご紹介ください(^o^)/!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

|

« 理論政策研修に参加しました。 | トップページ | 郵便局雑感(想像力の欠如と対策) »

中小企業診断士関連」カテゴリの記事

技術士関連」カテゴリの記事

資格を取ろう!」カテゴリの記事

資格試験の解答法、試験時の心得」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171219/16407898

この記事へのトラックバック一覧です: 大問形式の問題を「構成する」とは?:

« 理論政策研修に参加しました。 | トップページ | 郵便局雑感(想像力の欠如と対策) »