« 責任と権限を考える(4/23日経新聞朝刊から) | トップページ | 会社の中での勉強法 »

2007年5月18日 (金)

アウトプット学習をインプット学習に変換する

テック青木です。長いことご無沙汰しておりました(^_^;)。
(6月中旬までは、まだまだドタバタが続きそうな模様です)

 メルマガでアウトプット重視型科目とインプット重視型科目別の勉強法についてお話しましたが、インプット型学習の「短い時間を有効に使える」メリットを、計算問題などのアウトプット型学習に活かせれば、さらに効率的に(色々な場所で)学習を進められますね。

 それでは、アウトプット型の勉強の一部をインプット型に変換するには、どうしたら良いでしょうか?

にほんブログ村 資格ブログへ←あなたのワンクリックが更新のビタミン剤(^_-)-☆!!応援クリックお願いいたします(^_^)!

【解法をパターン化する】

 実は、あまり意識せずとも多くの方が既に実行しているように、ます「解法をパターン化する」ことが、計算問題、記述式問題を問わずインプット型への変換の原則となります。
この辺は、和田英樹さんの受験勉強に関する一連の著書で「数学は暗記科目」というフレーズで書かれている通りですね。

 ただ、解法をパターン化するだけでなくマニュアル化して普段から持ち歩くことで、インプット型学習に利用することが出来ます。

 マニュアルの形式は、チェックリスト型、ワークフロー型、アウトライン型(記述式向け)など、問題の特性とご自分の好みで使い分けて見てください。

★☆最後までお読みいただき、大変有難うございます(*^^*)☆★


|

« 責任と権限を考える(4/23日経新聞朝刊から) | トップページ | 会社の中での勉強法 »

中小企業診断士関連」カテゴリの記事

資格を取ろう!」カテゴリの記事

資格試験の教材、学習ツール、参考書」カテゴリの記事

コメント

ハングリー様、
テックです。

久しぶりの更新に早速コメントをいただき、大変有難うございます。

ブログ拝見いたしました。
http://blog.goo.ne.jp/awabi09/e/622a3f38af727a9f60286129cd43cca5

実際の業務で使う方式に併せて、勉強でもフローやマトリックスを活用するというのは、目から鱗でした。
(試験勉強が資格取得後にも役立つという点でも効率的ですね)

私の拙い記事が何かしらお役に立てば、大変幸いに存じます。(*^_^*)

さらに、メルマガまで御購読いただき、大変有難うございます。

今後とも宜しくお願い申し上げます。

投稿: テック青木 | 2007年5月20日 (日) 21時23分

おお、久しぶりの更新ですね。メルマガも拝見いたしました。
パターン化の例としては、我々の分野では標準作業手順書の作成があります。作成しているときはアウトプット学習であり、作成したものを使用しているときはインプット学習といえそうです。
いつもありがたい知見をいただきありごとうございます。

先日ヒントをいただきました、たてよこ分析の記事をブログにアップいたしました。

投稿: ハングリー | 2007年5月20日 (日) 12時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171219/15118857

この記事へのトラックバック一覧です: アウトプット学習をインプット学習に変換する:

« 責任と権限を考える(4/23日経新聞朝刊から) | トップページ | 会社の中での勉強法 »