« 口答試験準備:リアルに考える | トップページ | 盾の両面作戦:相手の手持ち資料を推定する »

2006年11月27日 (月)

口答試験の「おまじない」

技術士試験、中小企業診断士など12月の口答試験が近づいて来ましたね。

ところで、皆さんは本番であがらず、実力を発揮するために何かしら験を担いだり、おまじない(お守り)を利用したりされることはないでしょうか?

テックの場合、筆記試験ではドクターグリップのシャーペンが一種のお守りでした(非常な悪筆なのですが、これで書けば大丈夫と自己暗示にかけていました)(^_^;)

にほんブログ村 資格ブログへ←更新のビタミン剤!応援のワンクリックよろしくお願いいたします(^O^)/。

<身だしなみを整える>

口答試験で実力を発揮するためのおまじないかつ、実質的な効果も期待できる方法として「身だしなみを整える」ことが有効です。それも普段会社に行く程度ではなく、「社長の前でプレゼンする」位の気合を入れてネクタイやスーツを選び、散髪して会場に赴くことで、気合も入りますし、面接官の心象も良くなるので一石二鳥ですね。

ただし、普段と違う格好をする場合、非常にプリミティブですがハンカチや財布などの入れ忘れにはご注意ください(^_-)-☆。

★☆最後までお読みいただき、大変有難うございます(*^^*)☆★

☆彡「我ら社内士メルマガ」にご登録いただいた方々、本当に有難うございます(*^_^*)!

(登録はこちら⇒  http://www.mag2.com/m/0000199616.html

バックナンバーはこちら⇒ http://blog.mag2.com/m/log/0000199616 

|

« 口答試験準備:リアルに考える | トップページ | 盾の両面作戦:相手の手持ち資料を推定する »

中小企業診断士関連」カテゴリの記事

資格を取ろう!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171219/12850038

この記事へのトラックバック一覧です: 口答試験の「おまじない」:

« 口答試験準備:リアルに考える | トップページ | 盾の両面作戦:相手の手持ち資料を推定する »