« 記述式試験の過去問解答を合格者にもらう | トップページ | 設問形式が変わった時の対応 »

2006年9月11日 (月)

生活リズムと試験勉強

<tukさんの「プロエンジニアの司法試験への挑戦」からいただいたヒント>

tukさんは、中小企業診断士、技術士を取得し、さらに司法試験にチャレンジされていらっしゃって、テックもいつも色々な気付きをいただいているのですが、

今回「自分のリズム感にあった勉強法」の重要性を述べられていたので、TBさせていただきました。

<自分のリズムに合った勉強法は楽しい>

 tukさんの記事にあるように、リズム感が良いと「楽しいので、脳が活性化する」ため、勉強の効率が上がるのは間違いないですね。

 テックは時間の効率的な使い方として「インプットは細切れに、アウトプットは時間を取って」を原則としていますが、ご自分のリズムが「インプットにも一度に時間を取る」方があっているという方は、そちらを優先した方が勉強が楽しく、長続きするかもしれませんね。

<仕事のリズムに合わせる>

 それでは、自分にあったリズムを探すには、どうしたらよいでしょうか?

 これは、ある程度試行錯誤が必要かと思いますが、以前「試験1ヶ月前の勉強法」でもお話したように

普段の仕事の中で、試験分野に関連するトピックスが出てきたときに、資料、HPなどで知識を確認しておく。

ことで、「普段のリズム=仕事のリズム」に勉強を組み込むやり方もトライされることをお勧めしたいと思います。

 社内士(または社内士たらんとする方)にとって、資格試験準備および資格取得後の活動と,本業であるサラリーマンとしての仕事とのシナジーは非常に重要だと思います。

 また、会社生活を含めて既にある生活リズムを大きく崩さずに資格試験勉強を組み込めれば、効率のうえでも負荷軽減の上でも大変有効ですね。

「どうも勉強に気分が乗らない」、「計画通りに進まない」という方は、この「自分にあったリズム感」という視点で現在の勉強方法を見直してみてはいかがでしょうか?

★☆最後までお読みいただき、大変有難うございます(*^^*)☆★

  • にほんブログ村 資格ブログへ←更新のビタミン剤!応援のワンクリックよろしくお願いいたします(^O^)/。

 

☆彡「我ら社内士メルマガ」にご登録いただいた方々、本当に有難うございます(*^_^*)!

(登録はこちら⇒  http://www.mag2.com/m/0000199616.html

バックナンバーはこちら⇒ http://blog.mag2.com/m/log/0000199616 


|

« 記述式試験の過去問解答を合格者にもらう | トップページ | 設問形式が変わった時の対応 »

資格を取ろう!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171219/11847137

この記事へのトラックバック一覧です: 生活リズムと試験勉強:

« 記述式試験の過去問解答を合格者にもらう | トップページ | 設問形式が変わった時の対応 »