« 解答が「回答」になっているか?(解答の見直しは設問から) | トップページ | 小さなミスからの小さな改善 »

2006年9月18日 (月)

「合格する前に参加する」モチベーション継続のためのイメージング

<tukさんの「プロエンジニアの司法試験への挑戦」からいただいたヒント>

資格試験や自己啓発を志す方、それ以前に学生時代になんらかの受験を経験された方なら「継続は力なり」は必ずどこかで聞いた言葉かと思います。
「天才とは『継続して努力する才』のことである」と聞いたこともありますが、

tukさんがエントリ「継続は力なり」で、

「継続するにはどうするか。ワクワクすることです。ワクワクするには、自分がその資格を取って、実務で使っていることをイメージすることです。」

と主張されているのを読んで、「これだな」と思いました(*^_^*)。

「初心忘れるべからず」とも通じますね。

<受験校の学園祭をのぞくノリで>

 大学や高校などの受験では、志望校の学園祭を覗いたり、校門や校庭の前で写真をとって机の前に張り出すことは、受験勉強のモチベーションを維持する上で非常にポピュラーな手段ですが、
同じように技術士や中小企業診断士そのほかの資格試験の受験においても、
「資格取得後の自分の活動している姿を具体的にイメージする」ことは、tukさんの仰るとおり、資格試験の受験のモチベーション維持の上で非常に重要なことだと思います。

<合格する前に参加する>

例えば技術士会では、以前もご紹介したとおり、技術士以外の方も参加できる行事を開催しています。
URLはこちら>https://www.engineer.or.jp/ippan/dmsw0211.php

例えば今月の行事予定だけでも、以下のような盛りだくさんの講演が予定されています(技術士会HPから一部抜粋)。

                                                                                                                                   
 

開催日

 
 

曜日

 
 

会合・行事名(*)

 
 

場所(*)

 
 

時間

 
 

内容/連絡先(*)

 
 

9月19日

 
 

 
 

応用理学部会

 
 

技術士会葺手第二ビル

 
 

17:30
  ~
  20:00

 
 

講演「非在来型炭化水素資源開発の展望」神谷章夫氏(三井石油開発)、講演後部会、会費1,000円

 
 

9月20日

 
 

 
 

金属部会

 
 

技術士会葺手第二ビル

 
 

18:00
  ~
  20:30

 
 

「ドイツ、アメリカにおける燃料電池車両関連の水素利用技術の開発と法規制の状況について」木村英隆氏(会員、(株)日鉄技術情報センタ)、会費2,000円(夕食付)

 
 

9月20日

 
 

 
 

356回情報化研究会

 
 

電気技術開発(株)会議室(台東区上野5-23-14)

 
 

18:00
  ~
  20:00

 
 

講演会「商業用地球観測衛星の技術と応用」古屋守氏(日本スペースイメージング)、会費:非会員1,000円、申込締切:9月15日(金)13時
  http://www.din.or.jp/~agotoh/Johoken.htm

 
 

9月22日

 
 

 
 

東北支部(第1回応用理学部会)

 
 

未定

 
 

 
 

山形県技術士会・福島県技術士会共催「エコポート・ジークライト(廃鉱利用廃棄物処分場)と吾妻スカイライン岩盤崩壊法面対策工の見学」

 
 

9月22日

 
 

 
 

情報工学部会

 
 

技術士会葺手第二ビル

 
 

18:30
  ~
  21:00

 
 

講演「プロバイダのスパム対策に関する講演予定」菅隆之氏(KDDI(株))、部会後懇親会
  会費:会員1,000円・非会員2,000円、http://www.engineer.or.jp/dept/info/

 
 

9月28日

 
 

 
 

技術士包装物流会

 
 

技術士会葺手第二ビル

 
 

18:00
  ~
  20:00

 
 

報告「マレーシア研修報告」平山順一氏
  koyama60@crocus.ocn.ne.jp 小山

 
 

9月29日

 
 

 
 

化学部会

 
 

技術士会葺手第二ビル

 
 

13:30
  ~
  17:00

 
 

講演1「有機半導体の特許戦略と合成戦略」高橋保氏(北大教授 触媒化学センター長)、講演2「温暖化・エネルギー課題へのCDMによるアプローチ」原晋一氏(化学)、FAX045-826-2151   ht1103iwasaki@s3.dion.ne.jp 岩崎

 
 

9月29日

 
 

 
 

第357回情報化研究会シンポジウム

 
 

早稲田大学理工学部55号館N棟1階大会議室

 
 

13:30
  ~
  17:30

 
 

講演1「Robotics for Happy Healthy Life」藤江正克氏(早稲田大学理工学術院教授)、講演2「自然環境と人間とRT」菅野重樹氏(早稲田大学理工学術院教授・WABOT-HOUSE研究所所長)、講演3「ユニバーサルシティに関する取り組み」山崎達也氏(情報通信研究機構)、パネル討論「ロボット技術と人間・社会との関わり」、会費無料、申込締切:9月22日(金)13時  
  http://www.din.or.jp/~agotoh/Johoken.htm

 
 

9月30日

 
 

 
 

機械部会

 
 

虎ノ門パストラル新館5階マグノリア

 
 

13:00
  ~
  17:00

 
 

講演「地球温暖化が及ぼす影響と、温暖化防止策」掛川昌俊氏(衛生工学)、「演題未定」高岡和氏(機械)、(15時~)企業内技術士の業務紹介とデスカッション、(17時15分~19時):(場所移動)懇親会

 
 

9月30日

 
 

 
 

中部支部(秋季例会)

 
 

名古屋都市センター11階大研修室

 
 

13:30
  ~
  17:00

 
 

中部支部「名古屋環境大学」の紹介、ETの会テクノロジーカフェの活動報告と計画、講演「らせんの形をした高分子」八島栄次氏(名古屋大学大学院工学研究科教授)、会費:2,000円

 

こういった行事に参加することで、資格取得後に得られるであろう世界を垣間見ておくことは、モチベーション維持やネットワーク構築の先取りとしてもぜひお勧めしたいと思います。(^_^)\。

★☆最後までお読みいただき、大変有難うございます(*^^*)☆★

  • にほんブログ村 資格ブログへ←更新のビタミン剤!応援のワンクリックよろしくお願いいたします(^O^)/。

 

☆彡「我ら社内士メルマガ」にご登録いただいた方々、本当に有難うございます(*^_^*)!

(登録はこちら⇒  http://www.mag2.com/m/0000199616.html

バックナンバーはこちら⇒ http://blog.mag2.com/m/log/0000199616 





|

« 解答が「回答」になっているか?(解答の見直しは設問から) | トップページ | 小さなミスからの小さな改善 »

技術士関連」カテゴリの記事

資格を取ろう!」カテゴリの記事

資格試験の解答法、試験時の心得」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171219/11950462

この記事へのトラックバック一覧です: 「合格する前に参加する」モチベーション継続のためのイメージング:

» 国家資格を取得するなら!この国家資格を狙おう! [資格試験@合格情報館!【資格試験に役立つレポート発信中!】]
どうも!資格試験@TAKEです!! 今日は国家資格についてのレポートをお届けします。 初めての国家資格取得・この2つから選べ! とにかく、資格を取りたい方にぴったりのレポートです。 資格試験というものに、挑戦してみたい方は 是非読んでみてください。 [続きを読む]

受信: 2006年10月11日 (水) 05時26分

» 大学の学部選び――理工学部とは [教育情報]
大学の理工学部とは、簡単に言ってしまえば、理学部と工学部をミックスした学部のことです。 [続きを読む]

受信: 2006年10月11日 (水) 23時33分

» 資格取得予備校3校、合格者数を不当表示 公取委が警告 [資格試験@合格情報館!【資格試験に役立つレポート発信中!】]
どうも!資格試験@TAKEです!! 資格試験@合格情報館!【資格試験に役立つレポート発信中!】 [続きを読む]

受信: 2006年10月15日 (日) 02時38分

» 理工学部の大学受験 [ドラゴン桜を超えた!? 大学受験勉強法]
こんにちは!突然のトラックバック失礼します。よろしければ理工学部の大学受験について情報交換しませんか? [続きを読む]

受信: 2006年12月11日 (月) 18時24分

« 解答が「回答」になっているか?(解答の見直しは設問から) | トップページ | 小さなミスからの小さな改善 »