« 「合格する前に参加する」モチベーション継続のためのイメージング | トップページ | 技術士1次試験に向けて »

2006年9月25日 (月)

小さなミスからの小さな改善

テックです(^0_0^)。

最近10数件の案件を平行して進めていた(決して長時間労働ではないのですが)せいか、とある依頼業務の期限を確認せず、他人にさらにその一部の業務を依頼するという初歩的ミスをやらかしてしまいました(^_^;)。

幸いその仕事そのものはリカバリーできなのですが、さて同じミスをしないために、タスク管理表の手直しに早速取り掛かりました(*^_^*)。

<ミスはリカバリーと再発防止策を同時に進める>

 誰でも仕事上のミスでトラブッた時にはまずリカバリーに集中しますね。
再発防止のほうは、特に小さなミスほど後回しになりがちですが、ちょっとした手直し・改善はその時に済ませてるとともに、職場内でその経験を共有しておくと職場全体の業務効率は徐々に、しかし確実に改善されていくと思います。

 その方法の一つは、仕事で使っているワークフロー、マニュアル、チェックリストなどの改善ですね。

また、「失敗学の精神衛生上の効用」(nifty.com/blog/2006/06/post_52f0.html)でもお話したとおり、職場や業界でトラブル事例や失敗事例のデータベースがあれば、ミスをした時に同じような事例は無いかと見ておくことは、自分の失敗を客観視できるため冷静な判断だけでなく、精神衛生上も有効です。

<試験勉強のミスの再発防止策>

 試験勉強でも同じことが言えますね。
練習問題の答え合わせのチェックポイントhttp://shanaishi.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/post_a4ba.html
でもお話したように、
試験勉強でも、今解いている問題に対する解答の正否だけでなく、
1.自分の誤答のパターンを知り、
2.それに応じた勉強方法を取る
という「再発防止」の視点を持っておくことが受験勉強の効率向上につながります。

皆さんはリカバリーと対策防止についてどんな方法を普段お使いでしょうか?

★☆最後までお読みいただき、大変有難うございます(*^^*)☆★

  • にほんブログ村 資格ブログへ←更新のビタミン剤!応援のワンクリックよろしくお願いいたします(^O^)/。

 

☆彡「我ら社内士メルマガ」にご登録いただいた方々、本当に有難うございます(*^_^*)!

(登録はこちら⇒  http://www.mag2.com/m/0000199616.html

バックナンバーはこちら⇒ http://blog.mag2.com/m/log/0000199616 


|

« 「合格する前に参加する」モチベーション継続のためのイメージング | トップページ | 技術士1次試験に向けて »

ビジネススキル」カテゴリの記事

資格を取ろう!」カテゴリの記事

コメント

すーさん、

テック青木です。

いつもコメントいただき、大変有難うございます。

仰るとおり、マニュアルの改善というのは、改善策の定着方法の一つであり、PDCAサイクル全体を回す中で実施すべきものですね。

これからもよろしくお願いいたします(*^_^*)。

投稿: テック青木 | 2006年10月 1日 (日) 20時32分

建設業では膨大なISO9000マニュアルを作り直すことを改善という。というのではダメですね。改善とは、静態論ではなくて動態論ですね。

投稿: すーさん | 2006年9月26日 (火) 08時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171219/12039863

この記事へのトラックバック一覧です: 小さなミスからの小さな改善:

« 「合格する前に参加する」モチベーション継続のためのイメージング | トップページ | 技術士1次試験に向けて »