« 問題の解答に納得がいかない時に | トップページ | 模擬試験テクニック(補足) »

2006年8月25日 (金)

きんぜうさんの2次試験模試のテクニック他

今日は、PDCAサイクルとマニュアル化について書こうと思っていたのですが、きんぜうさんの「 中小企業診断士になっても沖縄そばを食べ歩くよ.」にダイナマイトなテクニックが載っていたので、思わずTBしてしまいました(^_^;)。

それは、
***********引用 ***********

デジカメ
です。

もうおわかりですね。
そう、試験終了の合図と同時に、
答案を撮影しちゃうのです。

******** 中略 ***********

その日のうちに、早速復習にとりかかれるメリットと、
問題用紙とかにメモらなくてもいいメリットがあるです。

********引用終わり**********

↑まさに「コロンブスの卵」ですね(^_^)v。

<診断士2次試験のSWOTの仕方>

 なるべく診断士試験でのメモなどの効率を上げる方法を考える際に

「与件文からSWOTのポイントをいかに抜き出すか?」

も重要なポイントですね。

ある資格試験の学校では4色ボールペンを使ってS,W,O,Tそれぞれ色分けする方法や、波線、1重下線、2重下線などで項目分けする方法、問題用紙の余白に書き出す方法など、いくつかアドバイスしていました。

<まずはSWとTOに分けてマーキング>

 テックも色々試してみましたが、一つ具合が良かったのが、
SとW=対象企業内の状況

TとO=企業外部の状況
に分けて、それぞれマーキングする方法です。
(例>S,Wは直線、T,Oは波線でアンダーライン)

これは、与件の中で、かつてのSが環境変化によってWに変わったり、OがTに変化したりといった、「時間軸での変化」があるので、与件文を読むそばからSとW、TとOをそれぞれ区別するのは難しいこと、

色分けは、多色ボールペンにせよ、複数のラインマーカーを使うにせよ、手間がかかるからです。

まずは、内部状況と外部状況のみ与件文内でマーキングし、その中でドメインの変化に直接かかわるキーワードを抜き出して「ドメインの修正方針≒問題のベースとなるテーマ」のみを問題の余白に書いておくのが効率的な与件文の把握方法かと思います(^_^)v。

★☆最後までお読みいただき、大変有難うございます(*^^*)☆★

  • にほんブログ村 資格ブログへ←更新のビタミン剤!応援のワンクリックよろしくお願いいたします(^O^)/。

 

☆彡「我ら社内士メルマガ」にご登録いただいた方々、本当に有難うございます(*^_^*)!

(登録はこちら⇒  http://www.mag2.com/m/0000199616.html

バックナンバーはこちら⇒ http://blog.mag2.com/m/log/0000199616 

|

« 問題の解答に納得がいかない時に | トップページ | 模擬試験テクニック(補足) »

資格を取ろう!」カテゴリの記事

コメント

すーさん、テックです。

確かに本番と混同されるとまずいですね(^_^;)。

補足して置きます。

投稿: テック青木 | 2006年8月27日 (日) 14時11分

oratakiさん、テックです。

コメントいただき、大変有難うございます。

本番の試験のテクニックと驚かせて申し訳ありません(^_^;)。

模擬試験のテクニックと、本番を含めた試験のテクニックを併記すると、誤解を招きますね。

念のため、後ほど補足記事を出しておきます。

投稿: テック青木 | 2006年8月27日 (日) 13時57分

デジカメは、すごい発想。
一方、
本試験でやったら失格になりそう。。。

投稿: すーさん | 2006年8月27日 (日) 09時16分

こんにちは!oratakiです。
と、と、とんでもないことを!!と思っていたら本試験ではなくて模試の話だったんですね(ホッ)。本試験でやったら、即退場となりますよ。

投稿: orataki | 2006年8月27日 (日) 07時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171219/11606515

この記事へのトラックバック一覧です: きんぜうさんの2次試験模試のテクニック他:

« 問題の解答に納得がいかない時に | トップページ | 模擬試験テクニック(補足) »