« 初めての試験会場に際しての注意点 | トップページ | インプットとアウトプットを兼ねる「一人芝居」勉強法 »

2006年7月28日 (金)

芋づる式サブノートの見直し方

本日は、お手伝いしている大学の講義でリスクマネジメントの講師をされている方のセミナーに出てきました。

ナレッジマネジメントに事例学習を適用するもので、目からうろこがぼろぼろ落ちました(^_^)\。

その話は、また項を改めてお話したいと思います。

さて、この時期のサブノートやチェックリストの見直し方ですが、漫然と一つ一つのキーワードが説明できるか個別にチェックするのではなく、

複数のキーワードを括るキーテーマ(例えば、再生可能エネルギー、温暖化ガス低減、情報セキュリティー、知財リスクなど)を頭において、

①サブノートで読んでいるキーワードからそのキーワードが属しているキーテーマを思い出す。
②そのキーテーマに属する他のキーワードを頭の中で洗い出す。
③各キーワードの関連(サブノートや参考書の図解など)を頭の中に描いてみる

というように、一つのキーワードから芋づる式に複数のキーワードを思い出しながら復習することをお勧めします。

これは、英単語をそのまま覚えるよりは、熟語や短文で覚えた方が使い方も含めて忘れにくくなるのと似た原理ですが、加えてそれぞれのキーワードを見た時に、属するキーテーマ内のキーワードも繰り返し想起するため、記憶の定着が促進します。

手を動かしながら復習すると記憶に残りやすい反面時間がかかりますので、上記の芋づる式復習法で効率的な学習を進めてみてください(^_^)\。

そして、くれぐれも朝型への移行をお忘れなく!
あと一週間、健康に留意しながら最後まで駆け抜けてください!!(^O^)/

★☆最後までお読みいただき、大変有難うございます(*^^*)☆★

|

« 初めての試験会場に際しての注意点 | トップページ | インプットとアウトプットを兼ねる「一人芝居」勉強法 »

資格を取ろう!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171219/11133397

この記事へのトラックバック一覧です: 芋づる式サブノートの見直し方:

« 初めての試験会場に際しての注意点 | トップページ | インプットとアウトプットを兼ねる「一人芝居」勉強法 »